単品リピート通販

単品リピート通販において他社と差別を図るための商品梱包方法

ネットショップ運用をされているみなさま。

どうにかして他のネットショップとの差別化を図り、自社ネットショップが選ばれるネットショップとして成長したい、と考えられることでしょう。

どのようなビジネスであっても、類似するショップや競合となるショップをの差別化を図るための施策というものは非常に重要ですよね。

差別化を図るためには、さまざまな工夫がありますが「梱包」においても差別化を図ることができることをご存知でしょうか。

ネットショップを運営していく上では、商品を発送するという作業が必ずあり、その発送段階では必ずしも「梱包」がありますよね。

ネットショップでは、商品を破損させないためにも、この梱包作業が非常に重要となるのですが、この梱包段階でも他社ネットショップとの差別化を図ることができることをご存知でしょうか。

そこで今回は、他社ネットショップとの差別を図るための商品梱包方法についてお話しさせていただきたいと思います。

ネットショップを運営されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

代表的な梱包資材

ネットショップ運営者によく利用される、代表的な梱包資材としては「段ボール」「ヤマト運輸配送用紙袋」「佐川BAG」「ゆうパック」が挙げられるでしょう。

段ボールは、梱包資材専門店で纏めて購入をすることができますので、管理場所を考慮しながら使用頻度の高いサイズと受注状況を見ながら購入していくと良いでしょう。

ヤマト運輸専用の配送用紙袋、佐川急便のBAGシリーズ、郵便局のゆうパックなども、それぞれの用途に応じて利用することができ、配送料を押さえることが可能です。

ですが、他社ネットショップとの差別化を図ることを目的とするのであれば、段ボールを選定し、注文件数が多くなって来たときに、段ボールにネットショップ名やショップロゴを印刷してオリジナルの段ボールを制作すると、お客様に覚えてもらいやすくなりますよね。

そして、緩衝材にもこだわってみましょう。

もちろん、大量販売されているプチプチの緩衝材も良いのですが、最近ではハート型のものなど種類も多くなっていますので、それらを工夫することも顧客には良いイメージを付けることができるのです。

梱包資材専門店に、非常に多くの種類がありますので、実際に目にしなければ分からない、という方はぜひ直接見に行ってみてがいかがでしょうか。

成功するネットショップがしている工夫

売れているネットショップ、人気のネットショップはやはり梱包に関しても工夫をしています。

たとえば、私たちが購入者として考えてみると、段ボール上に「カッター禁止」と記載してあっても、ついカッターやはさみの刃で開けてしまうことってありませんか?

売れているネットショップではこのことを予想して、段ボールをカッターやはさみで開けてしまっても良いように、梱包方法に工夫がされています。

カッターやはさみの刃により、商品が傷ついてしまわないように、一番上に緩衝材や薄手の段ボール、用紙などを入れているのです。

このように、あなたがもし購入者になったときに、どのような配慮をされていたら嬉しいか、という顧客目線に立った梱包方法を考案し、実践していきましょう。

良いイメージを与える梱包方法

最近では、マスキングテープやガムテープ、クラフトテープなどの種類が豊富になり、可愛い柄や落ち着いた柄などが多くなってきました。

たとえば、緩衝材として、何も記載していない用紙やただの新聞紙を利用するのではなく、英字新聞に変えると一気にお洒落に感じますよね。

もちろん、100円均一ショップにも英字新聞の梱包材が販売されていますし、輸入専門ショップであればその国の新聞を利用したり、地方の商材であれば地方新聞を利用すると、ネットショップや商材との関連性がグッと上がりますので、よりネットショップの特性をアピールすることができるでしょう。

そして良いイメージを与えるために、何よりも大事なことは「丁寧な梱包」です。

緩衝材を入れるとき、テープで留めるとき、段ボールや紙袋をガムテープで留めるときは、まっすぐ丁寧に貼るように心がけてください。

箱の角度にできるだけ平行に、そして雑になってしまわないような梱包をすることで、梱包完了後の見栄えが変わりますし、きっちりとした良いイメージを与えるでしょう。

同梱物の工夫

他のネットショップとの差別化を図るためには、同梱物にも工夫してみましょう。

たとえば、次回利用可能な割引券や手書きのお礼状、サンプル商品や試供品、ニュースレターなど、顧客が目を惹くようなものを同梱しておくと、喜んでもらえる可能性が高いですし、次回利用を促すこともできるでしょう。

まとめ

以上、他社ネットショップとの差別を図るための商品梱包方法についてお話しさせていただきました。

ネットショップの対応というものは、梱包からでも十分に購入者に伝わります。

商品を通して購入者と接していることを忘れずに、より丁寧に大切に扱うことを意識することで、購入者に良いイメージを持ってもらうことができますので、他社ネットショップとの差別化を図ることができるでしょう。

ぜひこれらのポイントを理解して、さっそく実践してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ