単品リピート通販

単品リピート通販のネットショップで商品販売前に確認すべき事と商品を仕入れる方法

ネットショップの運営にご興味のあるみなさま。

今の時代、ネットショップの需要はどんどん高まりつつありますので、ネットショップビジネスが上手く成功すれば、24時間365日どこに居ても商品販売を行うことができるようになりますので、非常に効率よくビジネスを行うことができるようになるでしょう。

少し前とは違い、ネットショップの開業自体は、ネットショップ開業サービスを用いることで、比較的低コストで誰でも簡単にネットショップを開業することができるようになっています。

ですがそうとは言っても、商品販売を行うために仕入れる商品は、自身で行わなければなりませんし、どのような商品が消費者に購入されやすいのか、どのジャンルの商材を選べばより長くビジネスを続けることができるのか、ということを考えなければなりません。

ネットショップを開業し、実際に商品を販売するようになるまでには、確認すべきことがあることをご存知でしょうか。

そこで今回は、ネットショップで商品販売前に確認すべき3つのことについてお話ししていきたいと思います。

今後ネットショップを開業しようと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

商品販売前に確認すべき3つのこと

1:市場調査を確認する

実際に販売を検討している商品が既存商品である場合、その商品の市場調査を行わなければなりません。

実際にネットショップでその商品はどれくらいの価格で販売されているのか、を知ることは非常に大切です。

特に今、さまざまなジャンルのさまざまな商品がネットショップ上で販売されているからこそ、メーカー既製品が多数存在しますので、その値段を知らなければ競合他社の価格競争に負けてしまうことがあるでしょう。

消費者は、数多くのネットショップで価格比較を行い、そして商品の購入を決定しますので、販売予定の商品の原価を知り、卸値に利益を乗せて、送料や販売手数料などを追加し、最終的に販売価格をいくらと設定するのか、ということを事前に試算しなければなりません。

大手ネットショップでは、非常に安い販売価格を提示している場合がありますし、契約内容によってはかなり安い送料で提供されることもありますので、「価格で負ける商品」が自社ネットショップの主力商品であるのならば、その商品は変えるべきだと言えるでしょう。

2:運用費用の年間計画を立てる

ネットショップの運営において、一年間の運用でどれくらいの費用が必要であるのか、ということも事前に試算しなければなりません。

ネットショップを開業する場合、そのネットショップを出店する際の初期費用や月額利用料金、決済手数料、販売手数料などを事前に計算しますが、これを曖昧にしてしまっては、予算計画通りにいかずに、思ったよりも出費が多くなってしまう場合があるのです。

もちろん運営をしていくと、固定費の支払い時期になれば一年に数回意識をするタイミングがあるかとは思いますが、計画通りにビジネスを進めていくためにも、商品販売を開始する前に必ず確実な年間計画を立てておきましょう。

年間計画を立てておかなければ、商品が売れていて売り上げが上がっているとしても、利益がほとんど残っていない、そして時にマイナスになってしまうこともあります。

計画に沿ってネットショップの運営を行うことで、確実に利益を残すことができますし、戦略を練ることも可能です。

3:ドロップシッピングに頼り切らない運営体制を整える

今多くなってきている無在庫販売方法を検討されている方も多いでしょう。

いわゆるドロップシッピングは、今ネットショップビジネスでは一般的な手法になっています。

自社内で商品の在庫を抱えることなく、受注の時点で商品を保有しているメーカーや販売店に発送を依頼し、顧客に直接発送してもらうという手法です。

ドロップシッピングは、ネットショップ運営者が在庫を持つ必要がなくなりますので、非常に大きなメリットがありますが、ドロップシッピングに頼り切ってしまえば時に運営に失敗してしまうことがあることをご存知でしょうか。

ネットショップ開業サービスによっては、ドロップシッピング出店では審査に通らない場合がある可能性もありますし、商品の種類によっては常時生産されているわけではない物もあるでしょう。

ネットショップでは「品質」「ブランドイメージ」は非常に重要なポイントになってきますので、自社が顧客と関わらないドロップシッピングに頼り切ってしまえば、時に顧客を失ってしまう原因にもなってしまうのです。

まとめ

以上、ネットショップで商品販売前に確認すべき3つのことをご紹介させていただきました。

ネットショップは実店舗とは違い、デジタルな領域であり、場所や時間、商品陳列のためのスペースなどに制限を設けられることはない、「仮想店舗」です。

ですので、ネットショップビジネスを成功させるためには、確立した事前準備が必要になるのです。

今後ネットショップの開業を検討されている方は、ぜひこれら3つのことを念頭に置き、商品販売前には忘れずに確認してくださいね。

まずは気軽に問合せ