単品リピート通販

単品リピート通販のラジオ広告って効果はあるの?ラジオ広告の特徴について解説!

現在の通販広告は、WEB広告が主流となっていますが、その状況の中で注目を集めているのがラジオ広告です。

このラジオ広告は、名前の通りラジオを利用した広告手法であり、その特性を活かし高い効果を得ている事例もあるようです。

そこで今回の記事では、ラジオ広告の特徴と販促効果について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ラジオ広告とは?

ラジオ広告とは、テレビ、新聞、雑誌と並び、4大マスメディアの一つとされているラジオを利用した広告手法の一つです。

その名前の通り、ラジオで流すコマーシャルのことを指し、ラジオの特性上、音声のみで情報を伝えます。

視覚に頼らず、聴覚に訴えかけることで、ラジオ広告独自の世界観を構築することが可能となります。

ラジオ広告の種類

ラジオ広告には、番組提供CMとスポットCMと言う2種類の広告があります。

番組提供CMは、ラジオ番組やコーナーのスポンサーとなる仕組みで、番組内でこの番組は○○(スポンサー名)の提供でお送りしていますと言った宣伝や、パーソナリティが実際に商品を紹介すると言った宣伝を行います。

この番組提供CMは、予算に応じて、1社の単独提供、複数社の共同提供かを決定します。

スポットCMは、CMを流すことのできる期間、時間、回数を指定する仕組みで、個別に発注することが可能なため、予算を抑えることできます。

ラジオ広告のメリット

ラジオ広告を活用するメリットとして、まず挙げられるのは、曜日や時間帯によってラジオを聞く層が異なるため、ターゲット層を明確に定めることができるという点です。

具体的には、平日の通勤時間帯であれば、中高年の男性サラリーマン層、平日の日中であれば、中高年女性層やシニア層と言うように、ターゲットに効果的に訴求することが可能となります。

また、ラジオ番組は、地域によって放送される番組が異なります。

そのため、その地域に合わせた広告を流すことが可能であり、地域密着型の販促を行うことができるというのもメリットの一つです。

さらに、この地域に密着できるということは、その地域のリスナーと密接な関係を築くことができることでもあります。

そして、地元のリスナーから信頼を得ることができれば、結果として、それが新規の顧客獲得にも繋がっていくのです。

次に挙げられるのは、ラジオ広告はほかの広告と比較して費用対効果が非常に良いという点です。

特にスポットCMは、流す期間や時間を指定できることから、費用を抑えながら効果的なターゲティングが可能です。

また、ラジオ広告は音声のみの広告ですから、映像を作り出す必要がないため、初めから製作費を抑えることができると言うメリットもあります。

さらに、映像を制作しないと言うことは、製作費が抑えられるだけでなく、その分の時間も節約することができ、広告を出したいと考えたときにスピーディーに導入することが可能と言う点もラジオ広告のメリットと言えます。

ラジオ広告のデメリット

ラジオ広告には、上記のようなメリットがありますが、一方でデメリットも存在します。

まず、デメリットとして挙げられるのは、音声のみで広告を流すと言う特性上、視覚に頼ることができず、イメージしづらく、伝わりにくいという点です。

そのため、ラジオ広告は、扱う商材に向き不向きがあり、ラジオ広告に向いているのは、言葉の説明のみで伝わりやすい商材です。

具体的には、一般的に認知度の高い素材や成分を使用した商材、効果を想像しやすい商材などがラジオ広告向けと言えます。

反対に、最新技術を使用した商材や新しい素材や成分を使用した商材、視覚による変化を確認しなければ効果が想像しにくい商材などはラジオ広告には向いていません。

しかし、音声で伝えるというのはラジオ広告の特性ですから、このデメリットは複数の広告を併用すると言った工夫をすることでカバーしていく他ありません。

また、ラジオは視覚に頼らないのが特性であり、ラジオを聴いているリスナーの多くは、通勤中や運転中、家事をしながら、仕事をしながらなど他の行動をしながらラジオを聞いています。

ラジオだけに集中していないため、適切なターゲティングを行ったとしても、効果を得られないということも多いと言うのも、ラジオ広告のデメリットの一つと言えます。

ただし、この聞いているようで、聞いていないという状態は、裏を返せば聞いていないようで、聞いているということですから、リスナーの記憶の片隅に残っているということも多いのです。

その記憶を刺激するためには、先ほどと同様に、複数の広告を併用することが効果的です。

まとめ

ラジオに広告を出すというと本当に効果を得ることができるのか?と考える方も多いと思いますが、今回説明したように、ラジオ広告には効果的なターゲティングが可能である、費用対効果が良いと言った多くのメリットがあります。

しかし、音声のみで商品の魅力を伝えなければならないというのは、非常に難しいことでもあります。

そのため、ラジオ広告を単独で運用するのではなく、他の広告施策と併せて、相乗的な効果を考えて運用するのが、ラジオ広告を最も効果的に活用できる方法であると考えられます。

まずは気軽に問合せ