単品リピート通販

単品リピート通販の小売市場における規模拡大について

単品リピート通販は一般的に小売業と呼ばれていますが、今回はこの小売業の市場と、その市場の中で単品リピート通販の存在がどのように変化しているのかお話したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

主要な小売形態は大きく分けて以下の2つに分類することができます。

主要な小売形態

・店舗小売

・無店舗小売

単品リピート通販は無店舗小売に該当しますが、この無店舗小売も対面性の有無(お客様と直接関わりがあるかないか)で2つに分類することができます。

無店舗小売の種類

訪問販売(対面性が有る)

・通販(対面性が無い)

このように分類を進めていくと、単品リピート通販の特徴は小売業の中でも「無店舗」で尚且つ「対面性が無い」点だといえますね。

上記の特徴を踏まえた上で、「無店舗」で「対面性が無い」通販にはどのようなメリットとデメリットがあるのか考えてみましょう。

通販のメリットとデメリット

まず大きなデメリットとしては、お客様が商品を直接見たり、触れたりすることができない点が挙げられます。

また、商品を売る側に店舗も販売員もいないため、お客様に直接売り込むこともできず、現場の状況に合わせた柔軟的な対応をすることも難しいですね。

その一方、通販の大きなメリットとして挙げられるのは、お客様が外出する必要がなく在宅で商品を購入できる点です。

店舗がないデメリットはありますが、ネット、テレビ、カタログで商品について十分な情報を得ることは可能です。

また、顧客データの分析を進めることで、売る側は分析結果に基づき戦略的に特定多数のお客様と継続的な関係を形成できることも通販のもう一つの大きなメリットです。

単品リピート通販を成功させるためには、このような大きな視点で通販の特徴と、市場との関係を理解することが大前提となります。

通販のメリット

・どこでも・いつでも利用できる。

・入手困難な商品を購入できる。

・ゆっくり時間をかけて選び、購入できる。

・店舗や販売員の費用が必要ないので、比較的安く購入できる。

・多くの場合、返品が可能である。

通販のデメリット

・商品を直接見る・触れることができない。

・対面で接客できないため商品説明が不足する場合がある。

・手渡しができないので、購入から商品の到着まで時間がかかる。

・個人情報を多く扱うため、プライバシー侵害の可能性がある。

小売市場において停滞する店舗小売

通販という小売業態の特徴やメリット・デメリットについてご理解いただけたかと思うので、次は市場全体の話に移りましょう。

歴史のある大手百貨店が相次いで閉鎖しているニュースを耳にしたことがある方も多いかと思いますが、小売市場の中でも、実店舗を構えて対面で商品を売る店舗小売は停滞ぎみといわれています。

長く続く日本経済の低迷が大きな要因として挙げられますが、当然ながら決定的な要因はスマホの普及です。

ありとあらゆる商品をネット上で比較でき、口コミ・最安値などの情報も瞬時に手にすることができる現在、品揃えも営業時間も限られている店舗にわざわざ行こうとする人が減っているのは当然の帰結とも言えますね。

また、スマホの普及は単品リピート通販の大きなデメリットである「情報が不足する可能性がある」点を見事に解決してくれました。インターネットが使える環境さえあれば、情報が多過ぎて困ることはあっても、情報が不足するような事態はまず考えにくいですよね。

日本経済の低迷が長く続いたことで、外食よりも自宅で食事をする人が増えているため、スーパーマーケットは回復の兆しを見せていますが、店舗小売全体の規模は縮小の傾向にあります。

このような状況の中、まだ数%(一桁)ですが、国内小売市場での通販の売上高構成比は毎年着実に増加しています。

拡大する通販の売上高

日本通信販売協会の調査によると、日本国内における通販の売上高は2017年の段階で、過去最高額の7兆5,500億円に達しており、これは対前年度比で6,100億円の増加、つまり8.8%成長したことになります。

マイナス成長を記録した1998年度以来、19年連続して増加傾向が続いており、直近10年の平均成長率は6.9%となっている点からも、いかに通販という小売形態が日本に浸透しつつあるのかご理解いただけると思います。(1998年はIT革命・情報技術革命の真っ只中だったことも関連しています。)

通販市場の傾向としては、BtoB(対法人商材)やモール系が堅調であることに加え、商材ではアパレルや趣味娯楽系、媒体では24時間専門チャンネルをはじめとしたテレビ通販の伸長等が挙げられます。

これから事業を立ち上げる方や、クロスセルのために商品開発をしようとしている方のために、通販市場で成長している商品と縮小傾向にある商品を以下にまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

成長傾向にある商品

・文具・事務用品

・化粧品

・食料品(健康食品を除く)

縮小傾向にある商品

・衣料品

・家庭用品

・雑貨(文具・事務用品・化粧品を除く)

・健康食品

・通信教育・サービス

まずは気軽に問合せ