単品リピート通販

単品リピート通販と一般的な通販の違いとは?

通販業界でよく耳にする言葉として、単品リピート通販と言う言葉があります。

これは、名前の通り、商品をリピート購入してもらうことで成立する通信販売のことを指します。

この単品リピート通販は、一般的な通販とあらゆる面において異なる特徴を持っています。

そこで今回の記事では、単品リピート通販と一般的な通販の違いについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

単品リピート通販とは何?

単品リピート通販とは、顧客に商品を継続して購入してもらう通信販売の手法であり、その代表的な手法が、商品を定期的に届ける定期購入と言う仕組みです。

この手法は、様々な商品に用いられており、その中で、商品を1種類や少数に限定して通信販売を行う手法を単品リピート通販と呼びます。

この単品リピート通販は、リピート購入を前提とした販売手法であるため、継続して使用する商品の販売を主として行います。

代表的な商品としては、サプリメントなどの健康食品、基礎化粧品などの化粧品類と言った毎日継続して使用する消耗品が多く取り扱われています。

また、この販売手法を行っている企業のほとんどは、自社で開発したオリジナル商品、またはOEM商品のみを取り扱っており、仕入れを行っていないと言う大きな特徴があります。

単品リピート通販と一般的な通販との違いは?

一般的な通販では、メーカーから商品を仕入れ、その商品を販売するのが基本です。

商品の種類は、そのショップのジャンルなどにより異なりますが、ほとんどが豊富な種類の商品を販売しています。

このように、メーカーから仕入れを行うと言うことは、同一商品が数多く出回っていると言うことになりますから、当然競合は多く存在しますし、価格競争が起きやすくなります。

こういった一般的な通販の特徴と比べ、単品リピート通販は、単品もしくは少数の種類の商品だけを取り扱い、しかもその商品はオリジナル商品が多いことから、価格競争に巻き込まれることはなく、利益を上げやすいと言うのが大きな特徴であり、メリットでもあります。

しかし、一般的な通販のように幅広いジャンルの商品を取り扱うと言うのは難しく、商品が限定されてしまうと言うデメリットもあります。

さらに、一般的な通販で扱う商品は、もともと認知度が高いものが多く、多額の広告費用などをかけなくても集客することが可能ですが、単品リピート通販で取り扱う商品は、その会社のオリジナルである場合が多く、全く認知されていないため、広告や販促などの集客費用が高くなりやすいと言うのもデメリットの一つと言えます。

ただし、同一商品を取り扱う競合が多くリピーターの獲得が難しい一般的な通販と比べ、継続的に使用する商品の多い単品リピート通販は、定期的に購入をしてくれるリピーターを獲得しやすいと言う大きなメリットがあります。

単品リピート通販のデメリット

単品リピート通販には、上記のような一般的な商品とは異なる大きなメリットがありますが、同時にデメリットも存在します。

その一つが前述の商品が限定されてしまうと言う点ですが、これは販売手法に適した商品を選択する必要がある以上仕方のない事であると言えます。

一般的に広く出回っている商品を販売する場合、利益を上げるためには商品の種類を増やす必要があり、これには煩雑な作業が伴います。

さらに、競合は多く、実店舗でも購入できるものであるため、顧客を獲得するためには、価格を下げる必要もあるのです。

オリジナル商品であればこういったことはないですし、そこのお店でしか買えないのですから、購入に繋がる確率は高くなるというわけです。

こういった理由から、この販売方法では、オリジナルの少数の商品を取り扱うことが多いのです。

また、この販売方法には、前述のように商品の認知度がなく、集客に費用が掛かると言うデメリットもあります。

そのため、一般的な通販よりもマーケティング施策に注力する必要があり、リスティング広告、SEO対策、SNSマーケティングなど複数の施策を長期的に運用していくことが必要となります。

さらに、この販売方法をとっているほとんどの企業は、商品やブランドの認知度を向上させるため、お試し商品や初回限定のお試し価格などを実施しています。

これは、あくまでも集客施策の一環として行うものであるため、収益は考えず手軽に購入できるような価格を設定している場合がほとんどです。

ただし、このような集客施策によって新規の顧客を獲得したとしても、次回の購入に繋がらなければ意味がありません。

そもそも単品リピート通販と言う名前であるわけですから、リピートしてもらわなくてはならないですし、単品リピート通販で安定した収益を得るためには定期購入が欠かせないのです。

こういったことから、特に重要となるのは、お試し購入した顧客を、定期購入や本商品の購入に繋げていくと言うことです。

そのため、新規顧客獲得のための集客施策だけでなく、既存の顧客をリピート購入に繋げる、つまりリピーターの獲得のための施策も必要となる訳です。

この既存の顧客に対する施策は新規顧客の獲得のための施策ほど費用は掛かりませんが、顧客それぞれに合わせた適切なメール配信などを行う必要があるため、手間や時間がかかります。

しかし、こういった顧客対応を怠ると、リピート購入に繋がらないどころか、離脱されてしまうこともありますので注意が必要です。

まとめ

上記のように、単品リピート通販は、メリットは多くあるものの、一般的な通販よりも集客施策に費用が掛かり、それをリピート購入に繋げる施策も必要であるため、収益が安定するためには時間がかかり、初めのうちは赤字になりやすいと言う特性があります。

ある程度の顧客を集めることができれば収益化しやすい手法ではありますので、開業をするのであれば、そこに至るまでに対応できるように資金に余裕を持つことが重要となります。

まずは気軽に問合せ