単品リピート通販

単品リピート通販のライバル社に勝つための3つのポイント

今、上昇中のビジネス形態と言えば「ネットショップ運営」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

日本だけでなく、世界的に見てもネットショップの市場規模が拡大しており、今では10人に1人がネットショップを利用して商品を購入している、というデータがあるほどなのです。

パソコンはもちろんですが、それ以上に今ではスマートフォンやタブレットが多く普及しているので、人がインターネットに繋がる環境に居やすくなっていることが、このネットショップ利用者の増加に大きく関わっていることでしょう。

このような状況の中にいると、「自分もネットショップを運用したい」と考える方が多くなることも当然ですよね。

今はたしかに、ネットショップを開業し、運営していくことは追い風が吹いている時代であり、EC業界全体が盛り上がりを見せ、その勢いは劣ることなく、どんどん新たなビジネスモデルが展開されているほどですよね。

さまざまな分野の企業の、ネットショップ業界の参入が見られ、そして個人であっても無料に簡単にネットショップを開業することができるので、成功すれば非常に大きな利益を得ることができるでしょう。

ですが、こういった点から読み取れる「注意点」にお気付きでしょうか。

それには、「ライバルが増え続けている」ということです。

「ネットショップが増える」ということは、もちろんながらライバルとなる「競合他社も増える」ということになりますよね。

どんなビジネスにしても、「ライバル」というものは避けて通れない道ではありますが、どうすれば、ライバルに勝つことができるのでしょうか。

そこで今回は、ネットショップライバル社に勝つための3つのポイントについて、詳しくお話ししていきたいと思います。

なかなかライバル社を打倒できない、とお悩みの方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ポイント1:Webページの作成に力を入れる

まず重要なポイントであるのが、「Webページの作成に力を入れる」ということです。

Webページは実店舗で考えると、店舗外観や内装の魅力、働いている人の雰囲気、商品陳列の見やすさなど、すべてがお客様に伝わる情報ですよね。

ですので、「商品力」や「サービス」に重要視したWebページを作成しましょう。

お客様は、ネットショップで販売されている商品を手に取って見ることや商品の価値を判断する際、Webページに記載された情報を参考にしますよね。

お客様に、「この商品欲しい!」と思ってもらえる、商品力のある商品を作ることが重要なのです。

商品が売れる仕組みは、その商品の価格はもちろんですが、それ以上のその商品の「価値」が高いということを伝えることが出来て初めて、購入してもらえるのです。

もちろん、膨大広告はいけませんが、もし取り扱う商品がオリジナル商品である場合や、知名度が低い場合であっても、その商品の価値をより良く伝えることができれば、売れる商品になり、ライバル社と差をつけることができるのです。

ポイント2:集客力に重要視をする

ライバル社が多くなってきても、その量に劣らないネットショップにするには、「集客力」が必要です。

「自信のネットショップ構造や商品、アフターサービスには自信があるから、放っておいてもお客様が来る」という考えは、絶対的に間違いです。

もし開業時にお客様が来たとしても、集客を甘く見ているネットショップはあっという間に閉店してしまうのです。

集客ノウハウや知識をしっかり身に付け、日々集客活動に重要視していきましょう。

お客様はそもそも、新しいものや人気のものに注目する傾向がありますので、そういった行動心理をしっかり捉え、ライバル社にお客様を取られてしまわないよう、集客活動を行って下さい。

ポイント3:リピートをしてもらう工夫を作る

新規顧客獲得よりも、リピート顧客の獲得は、コストが低く収益が上がりやすいですよね。

そしてリピートをしてもらえるということは、自社の商品や対応などに満足して貰っていると考えることができるでしょう。

リピーターの獲得にもっとも重要となることが「思い出してもらいやすくする」ということです。

お客様が自社、もしくは自社商品を思い出してもらいやすいかどうか、ということを考えてみましょう。

メールマガジンの配信し、セール情報やキャンペーン情報を伝えていきましょう。

そうすることで、再度ネットショップを訪問してもらうことができますし、リピートして購入してもらうことができるのです。

そして、リピートしてもらった場合には、お客様が期待しているよりも更に良いサービスを提供しましょう。

そうすることでお客様にとって、そのショップの記憶は非常に強いものになり、ネットショップ自体のファンになってくれるのです。

そうなると、ライバル社が類似価格、類似商品を提示したとしても、そう簡単には離れていくことはないでしょう。

まとめ

以上、ネットショップライバル社に勝つための3つのポイントについて、お話させていただきました。

ライバル社と競合し、お客様の取り合いをすることは非常に困難なことですし、今後も長く続く課題となりますが、お客様目線に立ち、どのような商品、どのようなサービスを求めているのか、ということをしっかりと理解し、集客していきましょう。

まずは気軽に問合せ