単品リピート通販

単品リピート通販において売り上げが伸びるネットショップに変える4つのポイント

売れないネットショップ必見!売り上げが伸びるネットショップに変える4つのポイント

ネットショップを運営されているみなさま。

ネットショップの売り上げが伸び悩んでいる、とお悩みではありませんか?

今人気のビジネスであるからこそ、ネットショップは開業すれば売り上げを上げることができる、という認識を持っている方が多いかと思いますが、実際はまったくそうではありません。

効果的な施策を図っていなければ、どれだけ一生懸命運営を行っていたとしても数か月たっても売り上げが伸びない、という場合も非常に多くあるのです。

モノが売れないと言われている時代ではありますが、どう改善すれば良いのか分からない場合は途方にくれてしまうこともあるでしょう。

実は、売り上げが伸びないネットショップには共通点があることをご存知でしょうか?

その共通点を少しでも減らすことで、あっという間に売り上げが伸びるネットショップに変わる場合があるのです。

そこで今回は、売り上げが伸びるネットショップに変える4つのポイントをご紹介していきたいと思います。

「モノが売れない・・・」と悩んでいるネットショップ運営者の方は必見ですよ。

ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ポイント1:売れる仕組みを構築する

売り上げが伸びるネットショップにするには、売れる仕組みを構築しなければなりません。

売れないネットショップは、このような売れる仕組みを構築していないネットショップが非常に多いと考えられます。

仕組みとして、これは必ず意識したいポイントですね。

この仕組みがなければ、たとえネットショップの商品が売れたとしてもリピート購入には繋がりにくいですし、コストがかかってしまう新規顧客活動を長く続けなければなりません。

ネットショップは「仕組み」から成り立つビジネスだからこそ、最初から仕組みを確立して作り込み、リピート購入を促さなければならないのです。

たとえば、美容サプリメントや健康食品などは、お試しキャンペーンなどを用いて初回購入に限り大幅に値下げしているケールが多くありますよね。

顧客が手を出しやすい商品を販売し、その後にリピートとして正規価格での購入、最後に定期購入につながる利益商品を販売するという流れが理想でしょう。

この仕組みは、サプリメントや定期購入に限ったことではなく、アパレル商材や日用品などにも有効的です。

いかにネットショップの仕組みを作り込むかによって、売り上げが大きく変わってくるのです。

ポイント2:「モノ」ではなく「コト」を売る

ネットショップで商品を販売する際、顧客ニーズに合った商材を販売することが良いので、商品が良くない場合はもちろん売れることがありません。

ですが、たとえ良い商品を扱っていたとしても、売れないネットショップになる可能性があることをご存知でしょうか。

そんなときは、商品を「モノ」として売るのではなく「コト」として販売する必要があるでしょう。

たとえば一つの商品であっても、それに付加価値を付けて販売することで、売り上げは大きく変わってきます。

その商品を使用した後は、どのような成果が出るのか、どのような自分になることができるのか、世界観はどうなのか、ということを付加価値として販売しましょう。

さらに「モノ」や「コト」だけでなく、ネットショップ自体の世界観を顧客につ当てることも、付加価値を付けるポイントでしょう。

ポイント3:ネットショップの世界観を作り込む

売れているネットショップ、売り上げを伸ばしているネットショップは「世界観」が明確に作り込まれています。

一貫性のあるコンセプトを設定し、それに合わせた商品を用意し、そのブランドストーリーを揃えましょう。

そうするとそのネットショップの「世界観」が生まれます。

人は買い物をするときに「この企業の考え方が好きだから」「この人の世界観が好きだから」という理由で、無意識に商品を選ぶ傾向があります。

世界観を明確にすることで、よりターゲット設定がしやすくなりますので、「共感」を得やすく、共感を得た後には、価格や性能に関わらず、無条件に顧客から選ばれる理由になりますので、競合ネットショップや価格競争にも巻き込まれにくく、最終的に売れる理由にもなるのです。

ポイント4:PDCAを回す

あなたのネットショップでは「KPI」を設けているでしょうか。

KPIというものは「Key Performance Indicator」の略語であり、今の成果は設定した目標に対してどれくらいなのか、という判断基準になります。

このKPIを設定し、PDCAを回さなければ成功するネットショップになることはありません。

「年間リピート率」「売り上げが上がる通販指数」「MR指数」をしっかり意識して、日々修正改善を行っていきましょう。

まとめ

以上、売り上げが伸びるネットショップに変える4つのポイントについてお話しさせていただきました。

ネットショップを取り巻く環境は日々変化していますが、だからこそ今からでもまったく遅くはありません。

これらのポイントをしっかり押さえて、ビジネスを進めることで成功するネットショップに変えることができるますので、ぜひさっそくネットショップを変える行動を始めてください。

まずは気軽に問合せ