単品リピート通販

単品リピート通販でサブスクリプション運営者が知っておくべき販売戦略の基本

今世界的にビジネスを見ても、サブスクリプションが大きな流行になっているでしょう。

サブスクリプションビジネスと言えば言い換えると、継続課金型のビジネスモデルであり、音楽や動画、ソフトウェアなどのデジタル商材では当たり前の提供方法になっていることでしょう。

このサブスクリプションこそ、現代人の購買行動に大きな影響を及ぼしており、今ではデジタル商材だけでなく、自動車や洋服、コスメなどの非デジタル商材にまでのこのサブスクリプションの導入が始まっているのです。

なぜこのサブスクリプションビジネスが大きく普及しているのか、それには従来のプロダクト販売ビジネスとして顧客が欲しいと思う機能を取り入れ、作り、売ることよりも、サブスクリプションビジネスとして、顧客の必要に応じて必要な量だけのサービスを提供することに需要が高まっていることが考えられるでしょう。

このサブスクリプションビジネスは、新たなビジネスモデルであるからこそ、販売戦略がなければ良い商品やサービスを考案してもビジネスが成功することはありません。

サブスクリプションビジネスを成功させるためには、顧客目線から考える効率的な販売戦略が非常に重要なのです。

そこで今回は、サブスクリプション運営者が知っておくべき販売戦略の基本について、詳しくお話ししていきたいと思います。

サブスクリプションビジネスを始められた方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクリプション販売戦略

販売戦略を簡単に説明すると、自社がサブスクリプションとして販売しようとしている商品やサービスをどのようにして販売するか、ということを考えることです。

ビジネスを軌道に乗せるためには、何も計画をしないままではビジネスが成功することはありません。

経営戦略や販売戦略など、確立した戦略の元ビジネスを進めて初めて、ビジネスを軌道に乗せることができるのです。

つまり、販売戦略はサブスクリプションビジネスを成功させるためには必要不可欠なのです。

どんなことを販売戦略として考案すれば良いか、を迷われるかと思いますが、自社商品やサービスを求めている顧客に対し、販売するための販売ルートや大勢、顧客とどのように信頼関係を構築するか、ということまで戦略として検討すべきであると言えるでしょう。

販売との違い

販売戦略と販売は何が違うのか、疑問に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、販売は商品を販売する行為そのものを言い、販売行為に至るまでの多くのプロモーションや営業活動を行い、企業やショップで販売した商品を顧客が購入することで初めて、企業は初めて市場との繋がりを持つことができるのです。

そして販売戦略は、販売に至る「まで」の戦略を考案することが大切です。

もし顧客獲得や利益率に目標を掲げているのであれば、その目標を達成するための顧客行動を調査し、その結果に応じて必要であれば目標の修正を行わなければなりません。

この販売戦略を考案する上で、欠かしてはならないことが「販売経路」です。

今、多くの販売経路が存在するからこそ、企業の商品やサービスを求める顧客がどの経路で商品を求めているのか、ということも合わせて調査し、それを効率的に販売するための販売戦略を考案していきましょう。

事業計画書には欠かせない項目

どの企業がどのようなビジネスを開始する際、必ず事業計画書というものが必要になりますよね。

事業計画書には、定められたフォーマットやルールは有りませんが、企業理念や会社概要、自社商品・サービスの強みが明確である場合はそれをしっかり盛り込み、自身のビジネスを成功させるための力強い説得が必要で、そのための内容を作り込まなければなりません。

そしてこの事業計画書の中にも、販売戦略についてしっかりとまとめておかなければならないのです。

こだわった商品を取り扱ったり、人気の商品を取り扱ったとしても、この販売戦略が少しでもずれてしまっていては、大きな成果を見込むことはできないのです。

そして最終的に商品が売れなくなったり余分な出費コストが増えてしまい、サブスクリプションビジネスを撤退せざるを得ない状況にもなってしまう可能性があるのです。

ランチェスター戦略

販売戦略を考案する上で、「ランチェスター戦略」についても把握しておく必要があるでしょう。

このランチェスター戦略は、販売戦略の元であると言われており、戦争のための作戦として考案されていました。

このランチェスター戦略では、戦闘力は武器の効率と勢力数で決まると考えられており、ビジネスに置き換えてみると、商品・サービスが「武器」、そして販売力が「兵力」、営業力が「戦闘力」となります。

強者と弱者の二つに分けた場合、弱者が強者に勝つには差別化にあるという考え方が提唱されています。

この場合ただ差別化を図るのではなく、顧客ニーズを把握することが重要です。

まとめ

以上、サブスクリプション運営者が知っておくべき販売戦略の基本について、お話させていただきました。

サブスクリプションビジネスは、まだ日本国内に浸透しきっていない新しいビジネスモデルであるからこそ、明確な販売戦略が求められますので、運営者はその基本を正しく覚えておくことをおすすめします。

サブスクリプションビジネスを拡大させたい、とお考えの方もぜひこの記事を参考に、知識を増やしてくださいね。

まずは気軽に問合せ