単品リピート通販

単品リピート通販の検索エンジンクローラを攻略して、SEOの効果を高めよう!

WEBサイトを運営していくうえで、非常に重要となるのが検索エンジンでの表示順位です。

この検索結果の順位によって、ユーザーのサイトへの流入数が大きく変わってきます。

そして、この検索順位に大きな影響を持つのが、クローラーと言う機能であり、この機能を正しく理解し、対策を立てることが重要となります。

そこで今回の記事では、クローラーについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

クローラーとはどんな機能なのか?

クローラーは、自動的にインターネット上に存在している文章や画像、PDFなどあらゆる情報を収集し、検索データベースを作成するプログラムのことを指します。

WEB上を這い回るようにデータを収集することから、這うという意味を持つ英語のCrawlを語源とする、クローラーと名付けられました。

この機能は、GoogleやBingと言った検索エンジンを提供している企業がそれぞれ運用を行っています。

この機能は、現在のロボット型検索エンジンの仕組みに結びついています。

この仕組みとは、まず、インターネット上で収集した情報をデータベース化し、次に、登録されたデータにランク付けを行い、そして、そのランク付けの順に検索結果を表示することです。

この中で、この機能が担うのは、インターネット上で収集した情報をデータベース化するという役割であり、そのためのプログラムとして働いています。

つまり、検索エンジンの検索結果に表示されるためには、この機能に認識されることが必要となるわけです。

この機能ががデータ収集を行うことはクローリングと呼ばれ、具体的には、データベースに登録済のサイトから、そのリンク先へと巡回していきます。

ページにたどり着いてまず行うのは、パーシングと呼ばれる解析作業です。

この作業では、そのページに含まれている情報を検索アルゴリズムが扱いやすいようにデータの変換を行い、それをデータベースに登録していきます。

そしてこの作業中にリンクを発見すると、そちらへ移動し、そのページで同様の工程を行い、それを繰り返していきます。

クローリングされるためには対策が必要!

このように、検索エンジンは、クローリングによってサイトの情報を把握し、それを基にユーザーにサイトの情報を提供しています。

そして、これが繰り返されることにより、検索アルゴリズムにサイトの正確な情報が伝わり、検索結果の表示順位に反映されていくわけです。

つまり、このクローリングでできる限り多くの情報を収集してもらうことが、検索エンジンでの順位の向上に繋がるのです。

しかし、一度に収集できる量は限られていますし、サイトは日々最新の情報に更新されます。

そのため、何度も認識してもらうことが重要となるのです。

しかし中には、全く巡回に来ないと言うケースもあります。

これは、プロトコルとの相性が問題となっている場合が多く、そういったサイトが検索結果に表示されることはないのです。

そのようなことにならないようにするためには、サイトの構築の時点からクローラーを意識することが大切です。

また、巡回しにくいサイトと言うのも実際に存在しており、これも検索順位に大きく影響する問題となります。

これらの問題を解決するには、事前に対策を立て、巡回しやすい状態にすることが重要なのです。

そして、この巡回しやすい状態はクローラビリティと呼ばれ、これを高めていくことにより、サイトを検索エンジンの検索結果の上位に表示することが可能となるのです。

クローラビリティを高める対策

実際に、クローラビリティを高めていくには、まず、テキストを使用することが必要です。

クローラーは、画像リンクよりもテキストを優先するプログラムとなっており、画像が多い場合、具体的な情報にかけるサイトと判断され、質の低いサイトと認識されてしまうのです。

ただし、ただ、テキストを使用するれば良いというわけではありません。

キーワードを羅列させただけと言った、SEOだけに配慮した悪質なサイトの増加により、検索エンジンではクローラーの性能を上げ、文章の文脈、その信用性まで判断できるように改善したのです。

そのため、キーワードを適切な場所に配置することは重要ですが、テキストの内容は正確であることが非常に重要となります。

また、パンくずリストを作ることも効果的です。

このリストは、童話ヘンゼルとグレーテルにおいて、森の中で迷わないようにパンくずをまき、それを目印としたという話が由来となったもので、サイト内でユーザーが迷うことがないように、現在地を教える表示のことを指します。

これにより、ユーザーは自身の現在地をすぐに確認することが可能となり、さらにこれは、巡回しやすくするためにも役立ちます。

そして、これにより分かりやすいサイトであると認識してもらうことができるのです。

さらに、サイトを分かりやすくすることも有効な対策です。

クローラーは、ユーザーにとって使いやすいサイトを評価しますので、訪れたユーザーが必要な情報をすぐに見つけることができるようにサイトを構築することが重要となります。

また、リンクの最適化も大切です。

アンカーテキストでリンク先を設定している場合、これが分かりにくいと質が悪いサイトと判断されてしまいます。

そのため、どのようなリンクであるのか分かりやすい具体的な文章を掲載することが必要となります。

このように、クローラビリティを高めるには対策を行うことが必要ですが、それ以前の問題として、巡回が行われていないケースもあります。

その場合には、検索エンジンに巡回申請を行う必要があります。

一度でも訪問してもらうことができれば、データは登録されますので、繰り返し巡回してもらうことが可能となります。

まとめ

このように、検索エンジンの検索結果に表示されるためには、クローラーに認識されることが必要となります。

検索エンジンの結果に表示されなければ、ユーザーがサイトを訪問してくれる可能性は低くなるわけですから、いくらコンテンツの質を高めても意味がありません。

サイトの集客を行いたいのであれば、まず今回説明したような対策を行い、巡回しやすいサイトを作る必要があるのです。

まずは気軽に問合せ