単品リピート通販

単品リピート通販のシニアマーケティングでは分かりやすさを最優先する!

現在の高齢化社会においては、マーケティングによって高齢者による購買行動を促すことが重要となってきています。

この高齢者に対するマーケティングは、シニアマーケティングと呼ばれ、多くの企業から注目を集めています。

しかし、シニアは他の世代よりも年齢を重ねている分、商品やサービスを厳しい目で見ている傾向があります。

また、加齢による、脳や身体の衰えも考慮する必要があるのです。

そこで今回の記事では、シニアマーケティングにおける分かりやすさについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

シニアには分かりやすく伝えることが大切!

シニアとは、何歳からと明確に定義されているわけではありませんが、一般的には還暦を迎え、多くが定年退職となる60歳からシニアと呼ばれることが多くなっています。

60年の豊富な人生経験があるわけですから、当然、商品やサービスに対して厳しい視点で判断をします。

また、一方で、新しい言葉や流行の表現などに疎い面も多々見受けられます。

そのため、商品やサービスの説明において、曖昧な表現や分かりにくい表現などを使用しても、購買行動につなげることはできません。

シニアに対しては、分かりやすく、率直に商品やサービスの情報を提供することが必要なのです。

シニアに分かりやすく伝えるポイント!

具体的なポイントとしては、まず1つ目に、商品の用途や商品の効果、効能などを分かりやすい表現で伝えるということが挙げられます。

専門用語やカタカナを多用した名称、イメージに頼った曖昧な表現では、何を言いたいのかが分かりにくくシニアに訴求することはできません。

表現が分かりにくいと言うだけで、その商品の購入をあきらめてしまうケースもありますので注意が必要です。

訴求したい商品にどのような効能があり、消費者にとってどのようなメリットがあるのかということを、明確に分かりやすく伝えることが大切なのです。

2つ目のポイントは、訴求したい要素が多い場合には、箇条書きにするということです。

訴求したい要素が多い場合、それを並べ立てて一つの文章としているケースがあります。

しかし、これでは文章が複雑となり、何が言いたいのか、どこが訴求ポイントなのかが理解しづらくなります。

そう言った場合には、訴求したい要素を整理し、箇条書きにして提示すると、シニアから見ても分かりやすく理解を早めることができます。

3つ目のポイントは、文章を簡潔にするということです。

人は年をとるごとに脳の働きが衰え、特に長い文章に対しての理解力が衰えやすいと言われています。

そのため、シニアにアピールする場合には、短い文章で簡潔に伝えることが大切なのです。

長い文章を見ただけで、それを読むことを避けるシニアも多いですので、1つの文章は30文字から40文字程度に収めるのが望ましいと言えます。

4つ目のポイントは、親しみがなく、理解しにくい言葉を使わないということです。

現在の日本では、どのような状況であっても、外来語や略語などを多用する傾向があります。

また、学術用語や専門用語などを商品説明に用いることも多くなっています。

こういった表現は、シニアには理解しにくいと同時に、不快感を持たれてしまう可能性もあります。

シニアは、自身に親しみがない、理解しにくい言葉を、理解しようとは思わないのです。

そのため、このような言葉の使用はできる限り避け、他の表現を使用することが必要です。

どうしても使用しなければならない場合には、その言葉に対する説明を加えるなどの工夫が必要となります。

5つ目のポイントは、年齢を強調することで、共感を持ってもらうということです。

人は誰でも、年齢よりも若く見られたいと思うものですし、シニアは自身がシニアと呼ばれることを嫌がります。

特に、現在のシニアは年齢よりも若々しい方が多く、その若さを維持したいと強く願っているのです。

そのため、あえてターゲットの年齢を強調し、若さの維持の手助けができるということを訴求するのです。

これにより、その年代のターゲットに共感を持って、読んでもらうことが可能となるのです。

6つ目のポイントは、加齢による不安や不満にあえて訴求するということです。

人は年齢を重ねるごとに、脳や体に衰えを感じ、不安感が強くなってくるものです。

また、思うように動けない、頭が働かないと言うことから、苛立ちを感じるケースも多くなってきます。

そのため、商品を使用することにより、そういった不安や不満を解消することができると強く訴求し、関心を高めることが重要となるのです。

まとめ

シニアに商品やサービスを訴求する際には、上記のポイントに注意する必要があります。

このように、シニアマーケティングは、通常のWEBマーケティングとは異なるアプローチが必要となることが多くなりますが、シニアに限らず、分かりやすく伝えるということはマーケティングにおいて非常に重要なことです。

例えば、数字を用いることで信憑性を高めたり、実際に使用した消費者の声を伝える、発信者側の視点ではなく、消費者の視点で情報を発信すると言うような、通常のマーケティングで重要となるポイントは、シニアマーケティングにおいても有効です。

また、どのような場合においても、最後には消費者の行動を促す言葉を含めることが大切です。

これを含めることにより、スムーズに消費者を購入や問い合わせと言った行動に誘導することができるのです。

まずは気軽に問合せ