単品リピート通販

単品リピート通販においてシニア層へのアプローチは新聞広告が効果的!

ECを運営していくうえで広告は欠かせないものであり、多くのサイトがWEB広告を活用しています。

しかし、消費者の年代によっては、WEB広告だけではアピールしきれないこともあり、特にシニア層ではその傾向が顕著となっています。

従って、シニア層にはほかのアプローチ方法を行う必要があり、その場合に、最も効果的と考えられるのが新聞広告です。

そこで今回の記事では、ECにおける新聞広告について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

シニア層に信頼性の高い新聞広告

近年では、スマートフォンが幅広く普及したことにより、ますますEC市場が拡大化しています。

市場には様々な商品が溢れており、どのような商品であっても手軽に購入することが可能です。

しかし、全ての消費者がECで商品を購入しているわけではありません。

世代によっては、ECを敬遠したり、苦手意識を持っている消費者も多く存在しているのです。

特に、シニア層はインターネットに苦手意識が強く、ECでの購入を避ける傾向があります。

さらに、そういったシニア層の多くは、普段からインターネットを利用することは少ないため、WEB広告などを閲覧する機会もほとんどないと言えるのです。

そのため、シニア層に商品やサービスのアピールを行いたい場合には、WEB広告以外の手段も試みる必要があります。

シニア層が目にする機会が多いのは、いわゆる4マスと呼ばれるマスメディアです。

4マスとは、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌のことを指し、この中でも、シニア層から信頼が高い媒体が新聞です。

新聞は社会的に信用が高いというイメージが強く、そこに掲載されている情報は信用されやすい傾向があります。

さらに、同じ紙媒体の雑誌は購入する必要がありますが、新聞は配達が主となっており、情報の伝達性が高い媒体と言えるのです。

また、テレビやラジオから得られる情報は保存性が低く、大事な情報はメモを取るなどの手間が必要になります。

しかし、新聞は情報がそのまま手元に残りますので、何度も繰り返し閲覧することができるのです。

近年では、新聞記事もインターネットで閲覧することが可能となり、新聞を定期的に購読する消費者が少なくなっていると言われています。

しかし、インターネットで新聞記事を閲覧するのは若年層が中心であり、40代以降では5割以上、60代以上のシニア層に至っては6割以上の消費者が現在も新聞を購読しているのです。

従って、シニア層にアピールするにはWEB広告よりも新聞広告のほうが効果的と言えるのです。

新聞広告を効果的に活用するには?

実際に、ECにおいて新聞広告を活用する場合、商材は、シニア層からの重要が高いものを選択することが重要です。

具体的には、サプリメントなどの健康食品、健康に関連する家電や雑貨などが向いています。

また、一口に新聞と言っても、新聞には全国紙、地方紙など種類があります。

この種類によって、購読している層は異なりますので、自社の商品やサービスのターゲット層にあった媒体を選択することが重要となります。

新聞の種類を具体的に説明すると、まず全国紙とは、日本全国に普及している新聞のことであり、およそ150万から900万部発行されています。

代表的なものとして、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、産経新聞、日本経済新聞などがあります。

次に地方紙とは、各都道府県で発行されている新聞のことであり、およそ5万から50万部発行されています。

代表的なものとして、千葉日報、信濃毎日新聞、新潟日報、京都新聞などがあります。

この地方紙の中で、複数の県にまたがって発行されている新聞もあり、ブロック紙と呼ばれています。

ブロック紙は、およそ50万から300万部発行されており、代表的なものとして、河北日報、北海道新聞、中日新聞、中国新聞、西日本新聞などがあります。

新聞には、上記のように複数の種類があり、配達されている地域の特性を考慮し、媒体を選ぶことも必要です。

広告の掲載料は、広告を掲載する新聞や紙面の大きさ、掲載する場所、配達する地域によって異なりますが、他の広告と比べ、比較的高額となる場合が多いです。

特に、新聞の記事の下と言う目立つ場所に掲載される記事下広告は高額となる場合が多くなっています。

記事下広告には、1段のみの広告から、15段を使用する全面広告まであり、掲載する範囲が広いほど掲載料も上がります。

新聞広告には、この他に雑報と呼ばれる広告があり、掲載される場所、大きさ、掲載枠の形状などにより名称が異なります。

代表的なものとして、題字下、記事中、突き出しなどがあり、これらの雑報広告は、記事した広告よりも安価で掲載することができます。

このように、新聞広告にはいくつかの種類がありますが、実際に活用していくには、どれを選択するにしても他の広告よりも割高になり、クリック単価で広告費が発生するというWEB広告とは大きく異なることを留意することが大切です。

新聞広告は審査が厳しい!

新聞広告は、新聞と言う信頼性の高い媒体に掲載されることから、他の媒体の広告よりも信頼が高くなる傾向があります。

これは、新聞購読率の高いシニア層では特に顕著となるため、広告の高い効果が期待できます。

ただし、信頼が高いゆえ、広告の出稿には厳しい審査が行われます。

この審査は、新聞審査協会と言う機関によって行われるもので、特に全国紙ではチェックが厳しくなります。

また、全国紙の場合は、初めて広告出稿を行う際に、登記登録、商品パッケージの審査も必要となりますので、出稿を考えている場合には、審査期間なども考慮し準備を行う必要があります。

まとめ

新聞広告は、WEB広告でアピールすることが難しいターゲット層に有効となる方法です。

社会的信用の高い媒体であるため、審査も厳しいですが、その分消費者に安心感を与えることができます。

ECにおいても活用することは可能ですが、WEB広告とは仕組みが大きく異なるうえ、コストがかかりすぎるという大きな問題があり、その点をどのように解消していくかが課題となっています。

まずは気軽に問合せ