単品リピート通販

単品リピート通販のSEO対策はキーワードの選定が重要!

SEO対策はキーワードの選定が重要!

SEOは、近年多くの企業が取り入れているマーケティング手法の一つで、具体的には検索エンジンの上位表示を目的とし施策を行うという手法です。このSEOには色々な施策がありますが、その中で最も重要な要素であるとされているのがターゲットとする検索キーワードの選定です。そこで今回の記事では、SEOにおける検索キーワードの選定方法について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

SEOとは?

SEOとは、SearchEngineOptimizationの略称で、検索エンジン最適化と訳します。検索エンジンのキーワード検索結果画面の上位に自社のサイトが表示されるように施策を行うことやそのサービスのことを指します。自社で行うことも多いですが、業者に依頼する企業もも増えています。

検索エンジンはキーワードに応じて検索結果を順に表示しますが、この表示順位はそれぞれの検索エンジン独自の法則(検索アルゴリズム)によって決められています。上位に表示されるほどユーザーの目につきやすく、ユーザーが訪れる回数も多くなるため、上位表示を目指して様々な施策を行うのがSEOということです。

SEOの具体的な手法としては、ターゲットとするキーワードの適切な選定、ページ内でのキーワードの適切な使用、多くの優良サイトからリンクをしてもらうなどがあります。ただし、検索エンジンそれぞれのサイトランク付けの条件は年々複雑となり、さらに頻繁に変更が行われるため、その都度順位の変動が激しく予想が難しくなっています。

最もユーザーの多い検索エンジンGoogleは基本理念として、すべてはユーザーのためということを掲げており、近年はGoogleが目指しているものに近づいていると言われています。ですから、現在上位表示されるためには、地道にユーザーのために質の良いコンテンツを提供し、ユーザーが使いやすいように表示速度を早くし、他の優良サイトからリンクされることを目指すのが最も近道であると言えます。SEOは日々変化していくものであるため、定石のようなものはなく、地道に自社サイトのコンテンツを充実させ優良サイトと認知されるようにしていく以外に確かな方法は無いとも言えます。

キーワードの選定方法は?

このような状況の中で、SEOで成果を上げていくには、ただ闇雲に文字数やキーワードを増やしたりするのではなく、あくまでもコンテンツの質を下げることがないよう、必要な個所に適切なキーワードを挿入する必要があり、そのキーワードの選定が重要となる訳です。

そのキーワード選定において、まず初めに間違えてはならないのは、自身の発想でキーワードを選定するのではなく、自社の商品やサービスを求めると予想されるターゲットがどのようなキーワードで検索をするのか?と言うターゲット側の立場に立った発想が必要だということです。また、WEBページ(コンテンツ)には、必ずテーマがあり、このテーマが一つのページに複数存在すると、ユーザーに何を伝えたいのかわからない状態になってしまいます。そのため、テーマは必ず一つに絞る必要があり、そのテーマと関係の深いキーワードを選定することも重要となります。さらにそのキーワードは、そのキーワードを聞いてすぐに連想する有名な商品やブランドがない、多くのユーザーが検索しやすい、検索するときに自然と思い浮かべるといったものである必要があります。

ただし、ひとつの単語だけのキーワード(単ワード)は、圧倒的に強い競合が存在する場合が多くあり、そうなると検索上位に表示される可能性は低くなってしまいます。ですので、そういった場合は、まず複数のキーワードから成る複合キーワードによって対策を行いながら、徐々に単ワードでも上位表示されるサイトを作っていくことが大切となるのです。

ロングテールキーワードを探す!

ページの要となるキーワードを選定したら、実際にそのキーワードを使用し検索をしてみることが必要です。この時に、圧倒的に強い競合が多いキーワードはビックキーワードと呼ばれ、ビックキーワードに比べ検索回数は少ないですが、意欲の高いターゲットの検索率が高い複合キーワードのようなキーワードをロングテールキーワードと呼びます。このロングテールキーワードはビックキーワードよりもコンバージョン率やクリック率が高い場合がありますので、上記でも説明したようにビックキーワードよりも複合キーワード(ロングテールキーワード)を選定したほうが良い結果が得られることも多くあります。そのため、ビックキーワードが使用できない場合には、その周辺からロングテールキーワードを探し出すことも重要となります。ただし、この選定時に自社の商品やサービスの特徴や強みと言ったポイントから、キーワードが離れていかないよう注意しながら選定を行うようにしましょう。

まとめ

このようにSEOにおけるキーワードは、その場の思い付きなどで安易に選定せず戦略的に考える必要があります。さらに、キーワード選定後も検索キーワードに沿ったより良いコンテンツ作りや検索順位を毎日チェックしながら、改善を繰り返すことが必要となります。

まずは気軽に問合せ