単品リピート通販

単品リピート通販のSEOにおいて重要なロングテールワード、ミドルワードとは?

ネット広告運用やサイト運営を行う際に、SEO対策の一つとして非常に大切なのが「ロングテールSEO」です。

そして、この「ロングテールSEO」は「ビックワード<ミドルワード<スモールワード」と言った検索数をかけ合わせてSEO対策を行うことが多いです。

この記事では、

・ロングテールとはどのようなものなのか
・ネット業界におけるビッグワード・ミドルワード・スモールワードとは

と言ったサイト運営やネット広告運営を行う際に必要な知識についてご紹介していきたいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ロングテールSEOとは

ロングテールSEOを簡単に説明すると、比較的ニッチな検索ニーズを対象とした検索エンジン対策のことです。

ウェブサイトへのアクセスキーワードを検索件数でグラフ化してみると、人気の高いキーワードを順に検索件数の少ないキーワードの順に長く尾を引くようなグラフが完成します。

この様子になぞらえて「ロングテール(長い尾)」という意味が使われています。

ロングテールSEOのメリット

ロングテールSEOのメリットとしては大きく分けて3つあります。

1. 上位表示されやすい
2. 検索ユーザーのニーズにマッチしたコンテンツ作成が出来る
3. 高いCV率(コンバーション)を狙うことが出来る

まず、ロングテールSEOのメリットの一つ目が「上位表示されやすくなる」と言う点です。

なぜなら、検索するキーワードがニッチになればなるほど競合サイトが少なくなるからです。

例えば、「ダイエット」という検索ワードは月間平均検索回数が10万~100万にものぼるいわゆるビックワードです。

しかし、ビックワードというのは競合がとても多いため検索結果の上位表示はとても難しいのが現状です。

ところが、「ダイエット・脚痩せ」や「ダイエット・リバウンド」などと言った、複数のキーワードを組み合わせることによって、競合サイトの数は絞られてきます。

つまり、複数のワードを組み合わせることによって、ビックワードで検索上位を目指すのではなくミドルワードで検索上位を目指すように対策を行うことが出来ます。

そうすることで、上位表示されやすくなるというメリットが生まれるのです。

2つ目が「検索ユーザーのニーズにマッチしたコンテンツ作成が出来る」です。

1つ目のメリットで説明した通り、複数のキーワードを組み合わせることが前提のロングテールSEOは、より検索ユーザーのニーズにマッチしたコンテンツを作ることが出来るようになります。

例えば、ダイエットと言っても「脚痩せダイエット」・「置き換えダイエット」・「糖質制限ダイエット」など様々なダイエット方法があります。

ですので、いずれのダイエット方法に特化したコンテンツを作ることで、より検索ユーザーのニーズに応えることが出来るようになるのです。

検索ユーザーのニーズに応えることが出来れば、そのコンテンツは価値あるコンテンツと認めてもらえるため、結果的に検索結果の上位に表示されるようになります。

3つ目が「高いCV率(コンバーション)を狙うことが出来る」です。

例えば、「居酒屋・新宿・安い」というキーワードに対して、新宿にある居酒屋が格安で「均一価格で食事を提供しています!」と明記していれば、「居酒屋・新宿・安い」というキーワード経由で予約や来客するお客様を獲得することが出来ると思います。

このようにして、CV率を上げることにより結果的に効率良く利益を出すことが出来るのようになるのです。

ロングテールSEOで狙うべきはミドルワードの複合キーワード

先の見出しでは「ダイエット」というビッグワードを例にご紹介してきましたが、実際にビッグキーワードでロングテールSEO対策を行うのは初心者だとかなり難しいのが現状です。

なぜなら、ロングテールSEOは既によく知られているSEO対策であり、既に多くのコンテンツで対策が行われているからです。

そこで狙うのがミドルワードでのロングテールSEOになります。

例えば、ダイエット関連でミドルワードとなるのは特定のダイエット食品の紹介をしたり、ダイエット器具の商品レビューを書いているコンテンツを増やすと言った、ダイエットという大枠の中で更に特化したコンテンツを中心に作成する方法です。

同じダイエットでも、幅広い分野があるのである分野に特化していれば、検索ユーザーのニーズに応えることも出来るため、サイト運営やネット広告運用を考えている方は、ミドルワードでのロングテールSEOがおすすめだと思います。

まとめ

今回は、ロングテールSEO対策についてミドルワードに照準を当てた対策についてご紹介してきました。

もちろんビッグワードで検索上位を目指すのも良いと思いますが、ビッグワードで検索上位されているサイトの多くは大手だったり、E-A-Tの強いサイトだったりすることが多いです。

ですので、成果が出る前に挫折してしまうことになり兼ねません。

挫折しないためにも、検索ユーザーにマッチしたニッチなコンテンツを作り上げていくことが、サイト運営やネット広告運用では非常に重要だと思います。

とは言っても、検索ユーザーのニーズを調べたり市場調査などを入念にする必要があるため決して簡単なことではありません。

しかし、成果が出れば高いCV率にもなりますし、利益にも繋がります。

ですので、ロングテールSEO対策をしておいて損はないでしょう。

まずは気軽に問合せ