単品リピート通販

単品リピート通販のSEOに文字数は影響するのか?

WEBサイトを運営していくうえで、SEOは必須ともいえる施策であり、多くのサイトが取り組みを行っています。

その中で、良く取りざたされる問題が、SEOに文字数は関係あるのかと言う問題です。

様々なサイトで取り上げられている問題ではありますが、いろいろな意見があるため、はっきりとした結論は出ていません。

そこで今回の記事では、SEOにおける文字数の問題について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

SEOとは?

SEOは、検索エンジン最適化の略称であり、その名の通り、様々な施策を行うことで、検索エンジンにおけるWEBサイトの評価を高め、検索結果の順位を上げ、上位に表示されることを目的とし、最適化することを指しています。

一般的に、インターネットを利用するユーザーは、自身が知りたい情報を探すために検索エンジンを利用します。

関連するキーワードを入力することで、情報を収集するわけです。

そして、その際、多くのユーザーは検索結果の順位が上位に表示されているWEBサイトを閲覧します。

従って、自身のWEBサイトに多くのユーザーに訪れてもらいたいと考えている場合には、検索結果の上位に表示されることが必要となるのです。

この検索結果は、無作為に選ばれているわけではありません。

検索エンジンが、ユーザーにとって有益であると判断したサイトを順位付けして表示すると言う仕組みとなっています。

検索エンジンはコンテンツを重視する!

検索エンジンがWEBサイトを順位付けする際に、評価の基準となるのが検索アルゴリズムです。

これには、さまざまな要素がありますが、公表はされていません。

そのため、SEOでは、検索アルゴリズムがどのような評価をしているのかを予測し対策を行っていくことが必要となるのです。

この検索アルゴリズムは、以前はキーワードや被リンクを重要視している傾向がありました。

しかし、その結果、SEOのためだけに、キーワードを無闇に含めたサイトや被リンクを購入して増やしているサイトなどが増加し、大きな問題となったのです。

これに対して、検索大手のGoogleは、ユーザー重視の姿勢を強化し、検索アルゴリズムをユーザーにとって有益なコンテンツを評価する現在の状態に改善したのです。

さらに、Googleは検索アルゴリズムを日々進化させ、悪質なサイトを排除するよう努めています。

これに従い、現在のSEOでもコンテンツを重視する傾向が高くなっているのです。

文字数とSEOの関連とは?

上記のようなことから考えた場合、SEOで行うべきなのは、ユーザーにとって有益なコンテンツを作成することだと言えます。

しかし、このような状況の中でも、度々いろいろなサイトで取り沙汰される問題があり、それが文字数の問題なのです。

なぜ、このように文字数が問題になるのかと言うと、実際に、そのようなサイトが検索結果の上位を占めているからなのです。

この問題に対しGoogleは、文字数は評価に影響することはないことを公式に明言しています。

しかしそれでも、一般的には、SEOの順位に文字数が関連していると考えられているのです。

実際に、有名な海外のSEOブログでは、約100万件にも及ぶ検索結果ページを調査し、その結論として、SEOと文字数は関連性が高いと明言しています。

このブログの調査結果によると、検索結果の1ページ目に表示されているページの平均文字数は約4.000~5.000語となっており、これはかなりの長文であると言えます。

このことから言えることは、Googleでは文字数だけを評価の対象とはしていないけれども、ユーザーが要求を満たす、情報の充実したコンテンツを作成するには、4.000~5.000語と言う文字数が必要になる場合が多いと言うことになるのです。

文字数が増えれば、共起語・関連語も増える!

また、文字数が多いコンテンツが上位表示されやすくなる要因としては、文字数が増えることに伴い、本文中に含まれるキーワードや共起語、関連語の数が増えるためということも言えます。

共起語とは、そのコンテンツのメインキーワードと併せて使用されることが多い言葉であり、関連語とは、そのキーワードで検索を行った際に予測変換で現れる言葉を指します。

SEOでは、タイトルや見出しタイトル、または本文中にこれらの言葉が多く含まれているほど、検索結果の順位が上がりやすくなるとされており、この点から考えても、文字数の多さはSEOの順位に影響があると言えるのです。

まとめ

以上のように、Googleは否定したとしても、文字数がSEOに深く関連しているのは否定できないことだと考えられます。

ただし、あくまでも、それはユーザーの求める良質なコンテンツを作成した結果、自然に文字数が増えたということなのです。

SEOのためだけに、無闇に文字数を増やすような行為は、悪質とみなされる可能性が高くなりますし、そのようなコンテンツがユーザーに支持されることはありません。

SEOの効果を高めるためには、まずユーザーに有益なコンテンツを作成することに注力することが重要であり、それが結果として、SEOの成功に繋がっていくのです。

まずは気軽に問合せ