単品リピート通販

単品リピート通販においてサブスクリプションビジネスに「SFA」「CRM」が必要な理由

今、どの業種においても「サブスクリプションビジネス」が大きな注目を集めているでしょう。

サブスクリプションは、顧客が企業に対し定められた料金を支払うことで、一定期間サービスを受けることができる方式であり、そのほとんどが定額課金型のサービスです。

代表的なサブスクリプションの事例を挙げれば、「Amazonプライム」や「Netflix」が成功事例ですよね。

消費者の価値観が「所有」ではなく「利用」に変わり、その価値観の変化によって変わるライフスタイルに合わせ、消費者の生活をより快適にするサービスなのです。

もちろん企業にとっても、顧客に長くサービスを利用してもらうことによって、安定した収益を得ることができますので、非常にメリットが大きいビジネスモデルであると言えるでしょう。

このサブスクリプションビジネスを行うに当たって、「SFA」「CRM」が必要であると言われていることをご存知でしょうか。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスに「SFA」「CRM」が必要とされている理由について、詳しくお話しさせていただきたいと思います。

今後サブスクリプションビジネスの展開を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

「SFA」とは

まずは「SFA」をご説明していきたいと思います。
SFAは、営業活動を支援するシステムのことであり、Salesforce、kintone、ナレッジスイートなどが代表的なサービスでしょう。
利用ユーザー数に応じて課金する「ID課金制」の企業が多く、その他には「容量課金制」も導入している企業があります。
営業報告や顧客情報、担当者情報、商談情報、名刺管理などを搭載されていますので、すべて管理することができるのです。
パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットから直接入力することができるSFAもありますので、自社に応じたSFAを導入すると非常に効率よく活用できるでしょう。

〇「CRM」とは
次に「CRM」についてご説明していきましょう。

CRMは顧客管理の支援をするシステムですので、上記のCRMとは顧客情報管理を行うという点に関しては共通しています。

ですが、情報の出力先が「営業部内」か「企業全体」か、ということが違います。

SFAは、営業活動の顧客情報の管理であり、その管理データは営業だけでなく企業内の管理や開発部門などの複数部門が活用します。

そしてCRMは、メールの一斉配信やアンケート、マーケティングなどの顧客データを収集し、そのデータを分析する機能が搭載されているものがあります。

「SFA」「CRM」を導入するメリット

SFA・CRMを導入する第一のメリットは、会社の顧客資産をシステム上で管理することができる、という点でしょう。

今、働き方改革や転職により、人材の流動化が進んでいますので、この流れに乗るためにはスキルを持った人材が残した資産を、企業が何らかの形で残すという考えが重要になっているのです。

そこでSFA・CRMを導入することで、人材が流動的になったとしても、会社に資産を残すことができるでしょう。

これ以外にもSFA・CRMを導入することで、企業内の営業活動が組織活性化に繋がる可能性がありますので、営業活動の「見える化」を行い、営業担当者のスキル向上や教育に十分活用できるでしょう。

サブスクリプションビジネスに必要な理由

なぜサブスクリプションビジネスにSFA・CRMが必要だと言われているのでしょうか。

サブスクリプションビジネスでは売り上げを拡大させるために、契約更新と上位プランの契約の両方を実現させなければなりませんが、顧客満足度が低ければ顧客はすぐに解約してしまうものがサブスクリプションなのです。

ビジネスを成功させるには、顧客満足を向上させ、ひとりひとりの顧客のことを良く理解し、それぞれのニーズに合った価値を提供することができる仕組みを作る必要があるでしょう。

だからこそ、顧客ひとりひとりのデータを徹底的に収集し、SFA・CRMに蓄積させることで、顧客満足度が高い顧客はどのような成功体験をしているのか、ということを分析できるようになり、最終的には再現性を持って優良顧客を作り出すことができますよね。

このサイクルを繰り返すことによって、営業活動や業務の効率化を向上させることができ、必然的に顧客満足度も高くなり、サブスクリプションの売り上げを拡大させることができるのです。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスに「SFA」「CRM」が必要な理由についてお話しさせていただきました。

SFA・CRMを導入し、企業内の営業活動を「見える化」にすることこそ、サブスクリプションビジネスを成功させる近道なのです。

まずは企業の現状を正確に把握し、自社に合った適切なツールを選定してくださいね。

まずは気軽に問合せ