サブスクリプション

副業でサブスクリプションビジネスをすることはできるのか

今世の中には副業として、さまざまな仕事が存在します。

副業をすることで、本業の収入とは別の収入が生まれるので、金銭的に余裕を持つことができますよね。

数年前と違い、最近では企業も副業を推奨している場合がありますので、仕事終わりの数時間や週末ワークといったように、さまざまな働き方が提案されていますので、副業にご興味を持たれている方も多いことでしょう。

もう少し金銭的に余裕を持ちたい、余った時間を有効活用したいと考えている方は、どのような副業をしようか迷いますよね。

そこで今回は、副業で「サブスクリプションビジネス」をすることができるのか、ということについてお話ししていきたいと思います。

サブスクリプションと言えば、今急成長を遂げているビジネスモデルですので、気になる方は必見ですよ。

ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクリプションビジネス

まず、サブスクリプションビジネスついてお話ししていきたいと思います。

そもそもサブスクリプションとは、数年前よりスマートフォンの普及に伴って勢いをましてきており、ユーザーは定額料金を支払う一定期間のサービスを受けることができるサービスです。

今では私たちの日常生活においても、かなり身近なものになってきていますので、利用者も多いことでしょう。

ユーザーにとっては定額制でお得にサービスを利用することができますし、企業にとっては利用ユーザーが増えるほどに、安定した収入を得ることができますし、新規営業をすることなく、既存顧客に集中したサービス提供を行うことができるので、非常にメリットが大きいビジネスなのです。

このようにサブスクリプションビジネスは、新たなビジネスモデルとして注目を集めており、成功事例が続々と増え続けていますが、このビジネスを副業にすることはできるのでしょうか。

サブスクリプションビジネス副業

前述したとおり、メリットが多いサブスクリプションビジネスだからこそ、このビジネスを副業としてできないのか、と考えますよね。

結論から申し上げると、サブスクリプションビジネスを副業として行うことは可能です。

たとえば、個人向けのサブスクリプションプラットフォーム「FANCLOVE」では、月額数万円~数百万円のサブスクリプションビジネスを行っている方を多く見かけます。

もちろん、運営規模が大きくなればなるほど、それなりのビジネス体制を整える必要がありますので、副業としては難しくなってしまいますが、個人運用として副業にサブスクリプションビジネスを行い、月10万前後の安定した収入を得たいと考えている場合であれば、十分に可能なのです。

本業があってこその副業と考える方であれば、月10万前後を得ることができると十分と考える方も多いですよね。

おすすめの提供方法

サブスクリプションビジネスを副業として行うのであれば、あなた個人のサブスクリプションに登録されたユーザーに、あなたが提供するサービスのメリットを日々訴えなければなりません。

その提供方法として、おすすめの方法が4つありますので、一つずつご紹介していきましょう。

1「アクセス提供」

アクセス提供型サブスクリプションは、あなたのサブスクリプションに対して契約されたユーザー限定のアクセスが可能になるという方法です。

オンラインサロンやオフ会参加などによく用いられる方法で、月に数百円~の利益を得ることができるでしょう。

2「情報提供」

情報提供型サブスクリプションは、あなたのサブスクリプションに契約したユーザー限定に情報が提供されるという方法です。

契約ユーザー限定動画や、限定記事の閲覧が可能など、ユーザーにとって有益な情報を日々発信することで、ユーザーを増やしていく必要があるでしょう。

特別な専門性、そして特別な商品を持っている方が成功しやすいですね。

3「物品提供」

物品提供型サブスクリプションは、契約ユーザー限定で、定期的に物品が提供される方法です。

サブスクリプションボックスなどをイメージしてみると良いでしょう。

この物品提供型サブスクリプションとして成功を収めている例が、おもちゃ通販、パン通販、ランチの持ち帰りなどがあります。

4「役務提供」

薬務提供型サブスクリプションは、契約ユーザーにサービスが提供されます。

そのサービスの内容は提供元によってさまざまで、作業やコンサルティング、コーチング、運用、会場レンタル、占い、食事大盛り無料など、幅広く提供することができます。

サブスクリプションビジネスの副業として考えるのであれば、特にこの薬務提供型サブスクリプションがおすすめです。

役務提供とは、何かの作業を代わりに行うという契約を交えることであり、その契約上に今の本業のビジネスを活かした付加価値を付けることができるのです。

まとめ

以上、副業で「サブスクリプションビジネス」をすることができるのか、ということについてお話しさせていただきました。

サブスクリプションビジネスを副業にするのであれば、特に注意すべきであることが、不特定多数の方をターゲットとして設定するのではなく、自分が相手のどんな役に立つことができるのか、ということを考え、まずは10人にサブスクリプションサービスを提供して、副業ビジネスを成り立たせていく、ということが成功のポイントであると言えるでしょう。

サブスクリプションビジネスを副業として行いたいという方は、ぜひこれらの提供方法を参考に、ビジネスを開始してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ