単品リピート通販

単品リピート通販のビジネスモデルを基礎から解説

単品リピート通販のビジネスモデル

最近、「単品通販」というビジネスモデルが急成長を遂げ、拡大を見せています、単品リピート通販といわれるビジネスモデルであり、年商10億以上売りあげている企業も続々でているのです。

SNSやブログ等でも、単品商品を販売するケースも多く見られるので、一度は目にしたことがある、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

定期便での契約となるので非常に安定している、そしてビジネスとして売上が見込めるモデルであることが特徴になります。

ご自身でも新たなビジネスの展開として、「単品リピート通販ビジネスを始めたい!」と思われていらっしゃる方もきっといらっしゃることでしょう。

ですが、単品リピート通販とは耳にしたことがあっても、詳しいビジネス内容を理解していない、ということはありませんか?

そこで今回は、単品通販のビジネスモデルとはどんなものか、そしてどういったビジネスモデルがあるのか、詳しくお話していきたいと思います。

これから単品通販ビジネスを始めようと思われている方、単品通販にご興味がある方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

当社が提供しているコールセンターのクライアントには単品リピート通販で事業をしている事業者様が非常に多いです。

〇単品リピート通販とは

まずは、単品リピート通販とはどのようなものなのか、ご説明していきます。

単品通販とは、「単品リピート通販」や「単品リピート通販」と呼ばれることが多く、ネットショッピングが普及しているこの時代に、非常に大きく拡大を見せる通販システムです。

ネットショッピングと聞いてまず思い浮かぶことといえば、大手通販会社「Amazon」や「楽天」ではないでしょうか。

このような「Amazon」や「楽天」は、総合通販と呼ばれており、デパートや百貨店のように品揃えを多く取り揃え、利用するユーザーがいかに便利だと思えるか、ということに着目しているのです。

楽天やアマゾンはなんといっても品揃えが多いのが特徴で、基本的にほしいものは楽天やアマゾンの中で検索をすればなんでも手に入るといった時代になっています。

もちろん、総合通販であれば、メーカーから商品を仕入れて販売するので、常に価格競争を行わなければならないことがデメリットとして上げられますが、ユーザーに「これを見れば欲しいものが見つかる」と思わせることができる点が、総合通販の第一の魅力です。

そういった一方で、単品通販は、「一つの商品」のみを販売する手法を用いています。

総合通販のように、豊富な品揃えはありませんので、欲しい商品をすぐに購入することができる、といったことはありませんが、一つの商品だけを取り扱うため、総合通販にはない「リピート販売に繋げる」ということに着目することができます。

単品通販として扱われる商品は、「化粧品」や「健康食品」などが多いので、ブランドや商品自体にファンが生まれやすい傾向があります。

最大のメリットは、単品通販で取り扱う商品は、自社製造の自社ブランド商品を販売することがほとんどですので、総合通販でのデメリットとなる価格競争に巻き込まれることはありませんし、利益率も期待することができるでしょう。

 

〇単品通販のビジネスモデル

 

・定期販売

単品通販のビジネスモデルの中で、最も多く取り入れられているものが「定期購入」です。

商品をアピールし、その商品を購入してもらい、そしてその商品を気に入って再度リピート購入をしてもらうことが特徴です。

気に入った商品を再度注文して購入するのではなく、定期的に商品を販売し続けるといった販売手法であり、継続的に収益の高い顧客を獲得することができます。

まずは商品を独自にアピールし、魅力を伝え、その商品を初回購入しもらった後、どういう風に定期購入に繋げるか、ということが定期販売を成功させる最大のポイントといえるでしょう。

 

・お試し期間

初回購入から定期購入に繋げるには、商品自体をユーザーに気にいってもらい、納得して使用し続けてもらわなければなりません。

ユーザーにとって、その商品を使用したいと思っても、何も試すことなく、数ヶ月の定期購入を契約するには、なかなか勇気がいることです。

そこで効果的になるものが、「お試し期間」なのです。

商品の良さを理解してもらうためにも、その商品を低価格で販売したり、無料のトライアルセットを用意することで、商品購入へ誘導することができるのです。

まずは「ユーザーとの接点をつくる」ということを目的とすることが、何よりも重要となりますので、ユーザーに手が届きやすい、気軽に試しやすいことを前提とした同商品を用意しましょう。

お試しをしてくれた方へコールセンターからお電話を差し上げて、本品購入をしてもらえるかどうかをセールスする企業が多いですね。

 

・クロスセル アップセル

「クロスセル」とは、購入する商品と関連性の高い商品を「合わせ買い」してもらう販売手法です。

たとえば、化粧品を購入したユーザーに合わせて保湿クリームもおすすめするといった方法で、リピーターへの効果があり、継続的な売上を見込める有効なアプローチと言えるでしょう。

また、「アップセル」とは、現在ユーザーが購入している商品からグレードアップした商品を販売することで、売上を上げることを狙う販売手法です。

たとえば、今健康食品としてサプリメントを購入しているユーザーに対し、30日間使用のサプリメントではなく、50日間用のサプリメントを販売するアプローチ方法があります。

こういった、今のユーザーに対する「クロスセル」や「アップセル」をすることも、単品通販のビジネスモデルと言えるでしょう。

実際に単品リピートの商品をお届けする際に、一緒に同梱するチラシやDMなどで他の商品もありますよというのをいれることで安心感を与えることもできます。

商品のファンになってくれれば長く使ってくれますし、なんといってもセット売りの定期商品などを優良顧客になってもらうためには必要な施策だと思います。

 

まとめ

以上、単品通販とはなにか、そして単品通販のビジネスモデルとはなにか、ということをご紹介させていただきました。

単品通販ビジネスは、小規模でも始めることが出来る上、企業だけでなく個人でも行えることができるので、今後より大きな成長が見込まれるでしょう。

単品通販ビジネスを行おうと思われている方は、まずは基本から理解していき、成功への道筋を立てていってくださいね。

簡単ではありますですが、単品リピート通販の基礎についておさらいで記事にしました、ビジネスモデルはシンプルですが、広告戦略だったりブランド戦略だったり非常に奥が深いです。

単品リピート通販ビジネスに役立つ記事を記載をしていますので、合わせて読んでみてもいいかと思います。

まずは気軽に問合せ