単品リピート通販

単品リピート通販サイト上で問われる「見た目のおもてなし」とは

通販サイトは、商品の画像を並べてつらつらと紹介文を書いて掲載しているだけで売れることはほとんどありません。

そのため、多くの通販サイトはサイトデザインにこだわったり、紹介文を分かりやすくしたり、SNSを活用したりと様々な方法を行い、他社との差別化を図り工夫を凝らしています。

しかし、実際のところサイトデザインをかなりこだわっても、商品紹介文に工夫を凝らしても、SNSを活用しても思うような結果を得られないことも多々あると思います。

そこで今回は、通販サイト上でユーザーに心地良いと思って頂けるような「サイト上の見た目のおもてなし」についてご紹介していきたいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

たった3秒の第一印象にこだわる

まず、大前提として興味のなイメージをじっくり読みたいと思う人はかなり少ないと思います。

そして、星の数ほどあると言われている通販サイトやWEBサイトの中から、自分の興味のある情報を見つけても、その情報が読みにくかったら、ユーザーはすぐにページを閉じてしまいます。

一般的に、ユーザーが求めている情報が掲載されているページを見るかどうか判断するまでの時間は約3秒と言われています。

つまり、3秒以内にユーザー自身に「自分の興味のある情報・分野」・「読みたい」と思わせることが出来なければ、いくらサイトデザインをこだわっても意味がないということです。

また、WEB上で特に嫌われるのが、ぎっしりと文字が詰め込まれた長文です。

PCに比べて画面の小さいスマホを使って閲覧する際に、長文は延々と文字が画面上に出るので、ユーザーは読む気を失いサイトからの離脱率が上がってしまいます。

というのも、無料で閲覧出来るネット上で、わざわざストレスを感じる読みにくい文章を読みたいと思う方は少ないからです。

ですので、まずはユーザーに3秒以内で好印象を持たせることが出来るような見た目のおもてなしをすることが重要になります。

具体的なおもてなしのポイント

では、具体的にどのような部分で見た目のおもてなしをしたら良いかと言う点になりますが、

主に以下のポイントは最低限押さえておくことをおすすめします。

・文字の大きさを変える
・重要な単語は色を変える
・早めに改行をする
・空白を活かす
・字間・行間を最適化する
・「」などを活用する
・重要な部分にはアンダーラインを引く
・テキストではなく画像にする

と言ったポイントが挙げられます。

もっと分かりやすく言えば、学生の頃に習ったノートの取り方を参考にしても良いと思います。

ただし、学生時代に習った文章の書き方(起承転結)に関しては、デジタルとアナログとでは全くの別物なので、あくまでも文章上の見やすさに重点をおくことをおすすめします。

WEB上の文章は「Fの字」を意識する

「Fの字」と言われてもピンと来ないかもしれませんが、ある実験によると人の目線は、アルファベットの「F」のを描くと言われています。

つまり、全ての業を左端~右端まで読むのではなく、右端まで読むのは最初の1~2行程度ということです。

ここで考えなければならないのが、キャッチコピーや1行目・あるいは途中で出てくる小見出しなどでいかに興味を持ってもらえるかが重要になります。

ですので、ユーザーにより関心を持ってもらいたいワードを始めに持ってきた方が良いということです。

また、ひと昔前であれば「勿論」や「殆ど」と言った接続詞として使われる漢字を使った文章もたくさんありましたが、近年はこのような漢字を読めない人もたくさんいます。

ですので、あえて読みにくい感じを使わず平仮名表記にすることも「見た目のおもてなし」では重要になります。

このように、WEB上で文章を作成する際には、読みやすさに重点をおいた細かい「見た目のおもてなし」が、結果的に通販サイトの売上を左右することにも繋がるので、ユーザーにとって見やすい文章を心掛けることをおすすめします。

まとめ

今回は、通販サイト上で問われる「見た目のおもてなし」についてご紹介してきました。

「見た目のおもてなし」とは、ページに訪れたユーザーが3秒以内で閲覧したいと思ってもらう文章の書き方を意識するということです。

具体的には、上記で紹介している通り、

・文字の大きさを変える
・重要な単語は色を変える
・早めに改行をする
・空白を活かす
・字間・行間を最適化する
・「」などを活用する
・重要な部分にはアンダーラインを引く
・テキストではなく画像にする

などのポイントがあります。

もちろん他にも、細かいポイントはたくさんありますが、初心者であればひとまず上記のポイントを意識してみて下さい。

そして、ユーザーにより見てもらいたい単語は見出しの最初の方に持ってくるというのも大切なポイントです。

ちょっとした意識を持って、商品紹介の文章を書くだけでも格段に見やすいページになると思います。

また、書き続けていけば徐々に要領を得てより分かりやすく見やすい文章を作ることも可能なので、日々ユーザーにとって見やすい文章というのを意識しておけば、自然とサイト全体が「見た目のおもてなし」を感じるページになると思います。

まずは気軽に問合せ