単品リピート通販

単品リピート通販で売れているネットショップが必ず行っている施策

売れているネットショップが必ず行っている5つの施策

今ネットショップを運営する方が多くなり、年々インターネット上のネットショップの数が多くなってきました。

ネットショップで商品販売を行うことで、実店舗を運営するよりもはるかに低コストで運用することができますし、ビジネスが軌道に乗りさえすれば、24時間365日効率良くビジネスを行うことができるのです。

ネットショップの数が多くなっている今だからこそ、成功するネットショップにして他のネットショップとの差をつけたいと考えますよね。

成功するネットショップになりたい場合は、売れているネットショップが行っていることをひとつずつ真似していくことこそ、ネットショップで売上げを上げるための最短ルートなのです。

そこで今回は、売れているネットショップが必ず行っている5つの施策をご紹介していきたいと思います。

ネットショップの売り上げに伸び悩んでいる方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

1:第一画像は正方形&文字を入れる

売れているネットショップの多くは、商品検索時にまず最初に表示される「第一画像」は正方形で文字を入れています。

なぜ正方形が良いのかというと、スマートフォンが普及したことにより、従来のデジタルカメラの規定カメラの標準サイズ4:3縦横比率から、正方形の画像サイズが主流になったのです。

そして、文字入れに関しては「送料無料」「単価」などユーザーに伝えたい情報や、商品の魅力が分かる一文を入れることをおすすめします。

2:キャッチコピーにこだわる

商品画像への文字入れに関しても同じことが言えますが、特集バナーやカテゴリーバナーに関してはキャッチコピーにこだわりましょう。

さまざまなキャッチコピーの考案方法がありますが、よくあるキャッチコピーよりもそのネットショップオリジナルのキャッチコピーを考えるほうが、ユーザーの心に響きやすいと言われています。

ネットショップにしか出せないオンリーワンのキャッチコピーを作ってください。

3:売れている商品と売りたい商品を合わせて紹介する

ネットショップのトップページには、売れている商品や売れ筋ランキングを掲載することが望ましいのですが、その際は一緒に売りたい商品も掲載することをおすすめします。

売れている商品がなぜ売れているのか、その理由の多くは「安いから」「手軽だから」という理由であり、薄利設定であることが多いのです。

だからこそ、ネットショップで売上げを上げるためには、利益を残すことができる商品を販売しなければなりません。

売れにくいバックエンド商品やロングテール商品を、トップページのメイン部分に掲載し、しっかりアピールすることが大切です。

4:文字を読まなくても理解できるデザインにする

ネットショップを頻繁に利用するユーザーは、ネットショップの文章や文字情報をあまり読まない傾向にあります。

商品画像やバナーにサッと目を通し、確認するだけで商品を購入するかしないかを決めるのです。

だからこそ、商品の購入はたった一枚の画像で決まると言っても過言ではありません。

その商品を一目みて、ユーザーが魅力的に感じるような画像デザインを考案しましょう。

商品画像に文字を入れることで、クリック率の向上を狙うことができますので、店舗ロゴやアピールポイント、キャッチコピー、スペック情報、販売価格を工夫して分かりやすく入れ込んで下さいね。

5:シンプルなコントラストの設計

もちろん販売する商品ジャンルにもよりますが、売れているネットショップの多くは基本的にシンプルなコントラストのデザイン設計になっています。

特に背景色を「白」に設定しているショップが多くなっています。

白は無彩色であるからこそ、どのような商品もイメージしやすいので、ユーザーは白と真逆のイメージを持ちます。

そして白の背景であれば、基本色である黒の文字とのコントラストも高く、可読性が高まるのです。

たとえば「黒」を設定したとすると、高級商品を販売する際は良いのですが、食品関連であれば不向きであると考えられ、マイナスイメージを与えてしまいます。

あまり難しく考えず、シンプルなデザインで、ユーザーに分かりやすいイメージを与えるよう意識しましょう。

まとめ

以上、売れているネットショップが必ず行っている5つの施策についてお話しさせていただきました。

ネットショップに慣れているユーザーほど、商品を検索したい、比較することに集中したいという潜在的な意識を持っていますので、その意識を邪魔してしまうような配置やデザインは絶対に避けておきましょう。

ユーザーが辿りたい目線の先に適切なレイアウトデザインが設計されていると、離脱率もさがりますし、運営者の理想通りにネットショップを回遊してくれます。

成功するネットショップにしたいと考えられている方は、ぜひこれら5つの施策を意識したネットショップ作りを行って下さいね。

まずは気軽に問合せ