単品リピート通販

単品リピート通販のリピート化を加速させるには

ネットショップでは、新規顧客にいかにリピート化をして売り上げを上げていくか、ということが非常に重要なポイントになってきます。

リピーターを増やすことができると、ネットショップは非常に効率よく運用できるようになりますので、ひとりでも多くの顧客にリピーターになってもらいたいと考えることでしょう。

ですが、どれだけリピーターの存在が重要なのかというものは分かっているのですが、どうすれば効果が高いのかが分からないという場合や、施策を図っているにもかかわらずリピーターがなかなか増えないので、なかなか収益が上がりにくいし、ビジネスとしても成り立たないと悩まれている方はきっと多いのではないでしょうか。

このような悩みは、ネットショップを運営していく上で必ず抱えることでありますが、運営者だからこそ効率的にネットショップを運営し、リピーターを増加させ継続的にビジネスを進めていきたいと思いますよね。

そこで今回は、ネットショップのリピート化を加速させるメールのコツは何か、ということについてお話しさせていただきます。

ネットショップを運営しており、収益にお悩みを持たれている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

お礼メールの送信

ネットショップで商品を購入して下さったお客様に対し、「お礼メール」を送信するショップは多いかと思います。

このお礼メールにて、ただ「ご購入ありがとうございました」というような形式的な内容や書き方では、リピーターの獲得には繋がりません。

このお礼メールのポイントは、「商品やショップの感想を記載してもらうこと」そして「メールマガジンの登録をしてもらうこと」にあります。

たとえばお礼メールの中に、「商品やショップの感想を書いてもらうと、次回クーポンを贈ります」とメール内に記載することで、その後のリピート化に期待をすることができますよね。

そして、メールマガジンに登録してもらうことも、非常に有効的であると言えるでしょう。

もちろん、ただメールマガジンに登録してもらうだけの誘導では、中々登録に至らない場合があるかと思いますが、メールマガジンに登録することでお客様が得る「得」を記載しておきましょう。

そうすることで、メールマガジンに登録されますのでネットショップの存在を忘れされることなく、お客様にアピールをすることができるのです。

リピート化を加速させるメール

あなたは、あなたのメールの受信ボックスにメールマガジンが届いた場合、そのメールマガジンを開封し、最後までしっかり目を通していますか?

残念ながらそんなことはなく、開封する前に破棄してしまうメールマガジンもありますよね。

せっかくメールマガジンを作成し、送っているのだから、ぜひユーザーにメールマガジンの開封をしてもらいたいところです。

なぜそのように破棄をしてしまうのか、ということを考え、改善点を見ていきましょう。

分かりやすく短いタイトル

あまりに長すぎるタイトルや、ひとめで分かりにくいタイトルでは、ユーザーの心を惹きつけることはできません。

アピールしたいポイントが多くあるかと思いますが、ユーザーの目を惹く言葉をタイトルにしましょう。

中身を想像することができるタイトル

お客様にとって、件名に興味のあるキーワードが入っていなければ、メールマガジンを開封し読んでもらえることはありません。

簡単に言うと、タイトル自体に興味が湧かないメールはそのまま破棄されてしまうということなのです。

お客様の心を惹きつけるようなタイトルで、かつ中身を想像することができるようなタイトルを設定しましょう。

具体性、希少性、話題性を入れる

開封率の高いメールマガジンと、開封率の低いメールマガジンではいったい何が違うのでしょうか。

それには、「具体性」「希少性」「話題性」が重要なポイントです。

たとえば数字や商品の中身を利用して、メールを開かなくても魅力が伝わる「具体性」を意識すると、「ズワイガニが安くなりました」よりも「最大50%値引き!ズワイガニ」のほうがより興味を惹かせるタイトルになるでしょう。

希少性

この時期限定の商品や、残りの在庫数を表示することで希少性や限定感をお客様に与えることができます。

たとえば、「年末にズワイガニはいかがですか?」というよりも、「残りあと〇杯!年末に向けてズワイガニ大人気です」というようなメッセ―ジのほうが、お客様に希少性を与えることができ、商品の購買意欲が高まります。

話題性

ネットショップのターゲットとなるユーザー層を言考え、お客様の悩みや興味や関心を惹きつけることができれば、より効果的ですよね。

たとえば、「年末のズワイガニ特集」よりも「年末にズワイガニを食べたほうが良い理由とは?」というほうが、お客様の興味を沸かせることができます。

まとめ

以上、ネットショップのリピート化を加速させるメールのコツとは何か、ということについてお話しさせていただきました。

今回ご紹介した方法は、今からですぐに実践することができる方法ばかりです。
お客様のメールマガジンが開封され、読まれることでリピーターの獲得に期待するとができますので、ぜひさっそく試して、反応が良かったものを蓄積させてください。

まずは気軽に問合せ