単品リピート通販

単品リピート通販のリピート率を上げるため「入り口商品」とは

通販サイト運営において、多くのサイトが抱えている課題の一つが「リピート率を上げる」ことです。

1度商品を購入した後に、再度同じサイトから商品を購入してもらうのは、実はそんなに難しいことではなく、実際に上手くいっているサイトの多くは、安定した顧客を所有しており、安定した利益を上げていることが多いです。

リピート率を上げる方法というのはたくさんあるので、調べてみたらすぐに出てくると思いますし、実際に利益を上げているサイトを参考にしてみても良いと思います。

今回は、そんなリピート率を上げるための施策の一つである「入り口商品」についてご紹介していきたいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

「入り口商品」とは

「入り口商品」とは、お試し詰め合わせ・価格の安い商品・送料無料の商品と言った、購入ハードルを非常に下げた商品のことを指します。

どんなに良い商品であっても、お客様に購入して頂かないことには手に取ってもらうことも出来ませんし、良さを実感してもらうこともできません。

そして、良さを実感してもらうことが出来なけれリピートに繋げることはほぼ不可能だと思っておいて良いと思います。

ですので、入り口商品というのはどちらかというと、あまり利益は上がらない撒き餌のようなイメージをすると分かりやすいと思います。

「入り口商品」からリピーターを獲得するには

「入り口商品」からリピーターを獲得する際には、主に2つの方法が初心者にはおすすめだと思います。

その2つが

・単価を低めに設定し送料込みの価格設定にする
・リピートを促すための導線を確保する

の2つになります。

まず、「単価を低めに設定し、送料込みの価格設定にする」に関してですが、例えば1,000円の商品をお得だし安いと思って購入しようと思ったら、送料が600円も掛かってしまうと、どうしても購入を躊躇する方は少なくないと思います。

ですので、リピーターをより多く獲得したい場合は、利益などはあまり考えず、送料込みの良心的な金額で商品を提供することをおすすめします。

そして、次に「リピートを促すための導線を確保する」に関してですが、仮に入り口商品を購入しても、よほど気に入らなければリピートしようと思う方は少ないと思います。

そこで重要になってくるのが、同封チラシ・メルマガと言った商品そのものだけではなく、関連商品やお得な情報などを提供する仕掛けになります。

つまり、「入り口商品」というのは商品そのものを試してもらうことはもちろんですが、販売しているサイトや会社などのことも知ってもらうための宣伝も兼ねた側面もあるということです。

商品のジャンルによっては「続き」を活用する

例えば、Amazonプライムや無料漫画アプリなどに良く使われているのが、導入部分だけ無料で続きは登録後に閲覧出来たり、月額料金を支払うことで見ることが出来ると言った方法です。

このような「続き」を活用することで、実際に閲覧した人の中には、続きが気になるため月額料金やお金を払う方は必ず居ます。

そのため、「続き」を活用するのはリピート率を上げるのには非常におすすめです。

もちろん、映像や漫画だけでなく長期間使用することで効果を実感することが出来る「化粧品・健康食品・ダイエット食品・教育教材」などにも応用することが出来ます

ただし、先に説明している通り「入り口商品」を購入してもらうだけでなく、フォローメールや同封チラシなどを入れるなどをして、とにかく「続けることの重要性」を理解してもらい、リピートへ促すを忘れないようにしてください。

まとめ

今回は、リピート率を上げるための「入り口商品」についてご紹介してきました。

「入り口商品」とは、お試し詰め合わせ・価格の安い商品・送料無料の商品と言った、購入ハードルを非常に下げた商品のことです。

そして、その「入り口商品」からリピートへ繋げるには、初心者の場合

・単価低め・送料込みと言ったお得感のある価格設定を行う
・リピートを促すための導線を確保する
・「続き」モノとして誘導させる

の3つを意識して取り組んでみることをおすすめします。

通販で購入する際に、消費者にとって意外とネックになるのが送料なので、最初に購入してもらう商品を「送料込み」にするだけでも、購入ハードルは非常に低くなると思います。

そして、「入り口商品」と一緒に同封のチラシやメルマガを利用してもらうことによってリピート率を上げることに繋がります。

「入り口商品」そのものでなくても、関連商品を勧めるのも効果を発揮することは出来ると思います。

このように、「入り口商品」を活用することで購入者のハードルを下げ、購入後のアフターフォローなどを充実させるだけでも、自分の運営する通販サイトのリピート率は上がると思います。

もちろん、もっと細かい技術や方法などもありますが、初心者の方はまず上記の3つを試してみてはいかがでしょうか?

まずは気軽に問合せ