単品リピート通販

単品リピート通販で小規模通販が成功するには何が必要なのか?

近年、通信販売市場はますます成長を続け、市場のEC化も進んでいます。

そして、市場の売り上げの多くを占めているのは、大手の企業やネットモールであり、小規模な通販では勝負にならないというのが現状です。

しかし、中には、小規模であっても成功を収めている通販も存在するのです。

そこで今回の記事では、小規模通販が成功するために何が必要かということについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

小規模通販が生き残るには?

通販市場は、年を追うごとに拡大化し、現在においても成長を続けています。

また、市場におけるECの利用率を表すEC化率も増加していることから、今後もEC化率は増え続け、市場が拡大していくことが予想されます。

しかし、この通販市場を占めているのは、主にAmazon、楽天市場、Yahooなどの大手ネットモールや大手企業によるECサイトであり、その規模は小さなECサイトでは太刀打ちできないのが現状です。

このような状況の中で、小規模サイトが生き残っていくには、大手が行っていないことをしていく、大手の通販では購入できない商品を販売すると言った工夫が必要となります。

実際に小規模な通販であっても、安定した売り上げを上げているサイトは存在しており、それらの多くが単品通販と呼ばれる、商品数を1種類もしくは数種類に絞ったビジネスを展開しています。

そして、その単品通販は、多くが定期購入の仕組みを導入しているため、安定した売り上げを上げることができているのです。

定期購入通販にチャンスがある!

定期購入は、一度契約を結ぶことで、定期的に商品が届けられるという仕組みの販売方式であり、大手のサイトでも導入されています。

ただし、定期的に商品が届くという特性上、この仕組みを導入できる商材は限定されます。

具体的には、基礎化粧品、健康食品など定期的に購入する必要がある商材が定期購入向けの商品であり、実際に定期購入通販での取り扱いが多くなっています。

そして、注目したいのは、これらの商材のEC化率が低いということです。

ほかの分野の商材と比較して見ると、家電やPC機器などはEC化率35%以上、生活雑貨やインテイリアなどは20%以上、文房具や事務用品などはEC化率が40%以上あるのに対し、化粧品や健康食品、医薬品などはEC化率が5%程度なのです。

そして、この分野はEC化率が低いにもかかわらず、市場規模は増加しており、成長率はほかの分野と同様に高くなっているのです。

このことから言えるのは、この分野の商材は市場の成長率は高く、さらにEC化には伸びしろがあり、ビジネスとして成功するチャンスが大きいと言うことなのです。

上記のように、化粧品や健康食品の定期購入通販は、まだまだ成長の余地がある市場と言えます。

実際に、現在の定期購入通販の動向を見てみると、化粧品ECの売上上位3社には、通販大手の化粧品メーカーが並び、そのいずれもが25億円を超える売り上げを上げています。

また、健康食品ECでは、大手企業による健康食品ECが30億円以上を売り上げ1位を独占しています。

しかし、2位の売り上げも10億円規模であり、今後においても成長が期待できる市場であることに代わりありません。

どちらにおいても、売り上げ高が高く、市場に勢いがあります。

定期購入通販で成功するには?

小規模な通販が、これらの大手通販と同様の売り上げを上げるということは難しいですが、市場に勢いがあり、成長の余地がある市場であれば、安定した収益を上げていくことは可能です。

ただし、それには、独自性の高い商品を開発すると言った明確な差別化が必要となります。

また、化粧品や健康食品は体に直接影響を与えるものであるため、消費者から信頼されることも必要となります。

大手の企業であれば、そのネームバリューによって消費者からの信頼を得ることも簡単ですが、全く知られていない小規模な通販ではそれはできません。

まず品質の良い商品を開発し、認知度を上げていくことが大切なのです。

また、サブスクリクションの動向も押さえておく必要があります。

サブスクリプションは、現在注目を集めているビジネスモデルですが、実際には定期購入通販と同じ仕組みを持っています。

同じ仕組みであれば、消費者は目新しいものの方に関心を持つものですので、名前は違っても競合と考え、注視しておくことが大切です。

さらに、化粧品や健康食品の定期購入に取り組む場合に、注意しなければならないポイントがあります。

定期購入は、通常に購入するのとは異なり、長期間に渡り消費者と取引を行うと言う契約を交わします。

そのため、消費者と契約や支払いに関するトラブルが起こりやすいのです。

こういったトラブルが一度でも起これば、商品やサイト全体のイメージダウンに繋がってしまいます。

そのため、契約期間や支払う金額、商品の発送時期など契約に関する情報は、明確に分かりやすく消費者に伝えることが重要となります。

まとめ

今回説明したように、化粧品や健康食品の定期購入は、取り組み方次第では、小規模な通販であっても成功するチャンスがあります。

しかし、そのためには、消費者に強く訴求できる良質な商品が必要であり、また、消費者に信頼されるサイトを作ることも必要です。

これは、簡単にできることではないですが、実際に成功している通販も存在しますので、地道に取り組んでいくことが大切です。

まずは気軽に問合せ