単品リピート通販

単品リピート通販のSNS集客で押さえておきたい各SNSのポイント

ネットショップを運営されているみなさま。

「集客」についてお困りなことはありませんか?

今インターネット上に数多くのネットショップが存在しているからこそ、一人でも多くのお客様に自社のネットショップへ訪問してもらうにはどうすれば良いのか、分からない方は多いかと思います。

ネットショップを運営していくには「集客」のための施策は欠かせないものであり、その施策が正しく行われなければ、なかなか思うような集客をすることは難しく、そして結果的に売り上げが伸び悩むことがあるかと思います。

そんな集客において、今の時代の流れに伴った方法のひとつに「SNS」がありますよね。

SNSは若い世代を中心に日本のおよそ7割もの人が登録をしており、世界的に見ても多くの方がSNSを利用する時代になってきています。

ユーザーにとっても情報を仕入れる源としてSNSを利用するからこそ、情報発信を行う側もSNSを有効的に利用したいと考えますよね。

ですが、「SNS」と一言で言っても、数多くのSNSが存在し、それぞれの特徴や利点が異なってくるので、どのSNSを利用するか、ということも集客施策に大きく関わってきます。

そこで今回は、主要SNS「Twitter」「Instagram」「Facebool」においてSNS集客で押さえておきたい各SNSのポイントについて、詳しくお話ししていきたいと思います。

ネットショップを運営されている方で、SNS集客を導入しようとお考えの方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

Twitter

日本でのTwitterの利用者数は約4,500万人にも上り、多くの方が気軽に利用できるSNSツールです。

写真と併せて短い文章を投稿することができます。

Twitterから発信される情報は、不特定多数の多くの人に情報が拡散されやすいので、上手く情報が拡散されれば非常に多くの人の目に留めることができるでしょう。

時系列で、投稿の流れが非常に早いので、こまめに随時更新していくこと、そして投稿頻度を高めていくことが重要です。

ユーザーは10代から20代の若い男女が圧倒的に多く、販売したい商品が若い世代向けであればあるほど、Twitterを利用した情報発信は有効的であると言えるでしょう。

若い世代に好まれやすい文章、写真の投稿に工夫しなければなりません。

写真や文章と合わせてURLを付けることができるので、興味を示したユーザーにそのままネットショップサイトへ誘導できるほか、ハッシュタグ(#)を用いた情報拡散ができることも魅力的ですね。

キャンペーンやマーケティング活動を行いたいときは、Twitterで十分な情報を得ることができるので、活用することができるでしょう。

Instagram

日本でのInstagram利用者数は約2,000万人ほどと言われており、今急成長しているSNSツールです。

ユーザーには主に写真や動画で商品の魅力をアピールするため、写真撮影技術、写真加工技術が非常に重要になってきます。

Instagramでの情報拡散方法は、ハッシュタグ(#)がメインとして認知されており、ユーザーは気になるハッシュタグから情報知識を増やしていきます。

ハッシュタグのなかでも、人気のハッシュタグ、コミュニケーションのためのハッシュタグ、カテゴリーのためのハッシュタグ、オリジナルハッシュタグがありますので、用途に応じて使い分けをしていきましょう。

ビジネス用としてInstagramを用いる場合、テーマやコンセプトを設計して投稿しなければなりません。

関係性を重視して、テーマやコンセプトが損なわれないよう、Instagramページに統一感を持たせることが重要です。

インスタジェニックを意識した投稿をし、ユーザーに憧れられるようなInstagramページを作成することが重要です。

Facebook

日本でのFacebook利用者数は約2,800万人ほどで、ほとんどの方が実名で利用していることが特徴的です。

主に20代から40代のユーザーに利用されており、ユーザーのいいねやシェアで情報が拡散されます。

FBOというFacebook最適化という概念があり、時系列ではないアルゴリズムが用いられています。

ですので、投稿すればするだけユーザーの目に留まるのではなく、ハイライトを残すことでエッジランクを上げることができるので、そこでユーザーの目に留まるのです。

投稿経過時間、コメントやいいねが基準になるユーザーとの親密度、投稿回数などの重みなどすべてが重要になってきます。

Facebookで集客を図りたいのであれば、できるだけいいねやコメントがされやすい投稿を定期的に配信し、そしてユーザーからのリアクションがあればそれに素早く対応してコミュニケーションを大切にすることがポイントです。

まとめ

以上、SNS集客で押さえておきたい「Twitter」「Instagram」「Facebook」各SNSのポイントについてお話させていただきました。

SNSを利用するからこそ、自社ネットショップを知ってもらい、フォローしてもらう、そしてファンになってもらうことを意識して取り組んできたいですよね。

自社ネットショップに合ったSNSツールを選定し、ぜひ有効活用してくださいね。

まずは気軽に問合せ