単品リピート通販

単品リピート通販サイトのSNS運用で成功させるコンテンツの作り方

通販サイトを運用している方や今後通販サイトの運営を考えている方の多くは、SNSの活用も視野に入れていたり、既に実践している方も多いと思います。

しかし、いざ実際に自分のサイトをSNSで運用したり、アピールしても全然バズらなかったり、思うような成果が得られないと悩んでいる方は多いと思います。

バズったり、注目されれば一気にチャンスが広がるSNSですが、上手く行かなければ無駄以外のなんでもありません。

そこで今回は、通販サイトのSNS運用で成功させるコンテンツの作り方をいくつかご紹介したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

成功させるコンテンツに共通する5大要素

TwitterやInstagramなどで、成功させるコンテンツというのは、いわゆるバズる投稿のことになります。

そして、バズる投稿にはいくつかの共通点があります。

その共通点というのが、

・タイムリーである
・親しみやすい
・共感できる
・役に立つ
・ユーザー参加型である

の5つです。

もちろん、上記の5つが全て当てはまるわけではありません。

しかし、TwitterやInstagramのバズる投稿などには、上記で挙げた5つの要素の1つ以上が必ず当てはまっているケースがほとんどです。

例えば、タイムリーな投稿だと「○○の日」と言った例年大きなイベントに関連したコンテンツを作成し、当日に投稿を行う方法などがメジャーだと思います。

自分のサイトで扱っている商品をイベント事と関連付けてアピールすることだってやり方次第では十分可能だと思います。

通販サイトのSNS運用を行うなら、「役に立つ」情報を投稿するという方法も活用することが出来ると思います。

例えば、自分のサイトで扱っている商品に関連するマメ知識や、有意義な情報というのはコアなファンや潜在的ユーザーの興味を引くことが出来ます。

一見するとターゲットとするユーザーを絞ってしまうため、チャンスを失ってしまう印象がありますが、通販サイトやECサイトやアフィリエイトサイトなどは、予めペルソナやターゲットを絞った、いわゆる「

ランチェスター戦略

」を活用しているサイトはたくさんあります。

ですので、欲張らずに自分の通販サイトに適しているユーザーの印象に残る・興味を引くような投稿を続けることで、離れることがないコアなファン層を作り上げることが可能になります。

失敗してしまうSNS運用の注意点

上記で、成功するコンテンツに共通する5大要素を挙げましたが、5つ目のユーザー参加型のコンテンツは、投稿内容に注意しなければSNS運用が上手くいかなくなることがあります。

ファンを獲得しようと考えて、ユーザー参加型のコンテンツを作成し投稿したとしても、そのファンに参加してもらうコンテンツがユーザーにとって、答えにくい問いかけでは意味がありません。

例えば、「海外旅行の定番のお土産と言えば?」という質問を投稿しても、ユーザーから見れば、質問が漠然とし過ぎていてどのように答えたら良いか分からず、参加率は下がります。

また、匿名とはいえプライバシーに関わる質問もSNSにおいてはあまり向いてはいないと思います。

ユーザー参加型コンテンツは、通販サイトへのアクセス流入やアピールには非常におすすめですが、質問する投稿を間違ってしまうと全く効果を発揮しないため、気を付けて投稿することをおすすめします。

または、予め選択肢を用意しておくユーザー型コンテンツであれば、ユーザーも余計なことを考えずにただ選択すれば良いだけなので、予め選択肢を用意しておくユーザー参加型のコンテンツを投稿するのもおすすめなので参考にされてみてください。

まとめ

今回は、通販サイトのSNS運用で成功させるコンテンツの作り方についてご紹介してきました。

まず、SNS運用で成功しているコンテンツというのは、いわゆるバズる投稿のことになります。

そして、そのバズる投稿にはいくつかのポイントがあり、そのポイントというのが

・タイムリーである
・親しみやすい
・共感できる
・役に立つ
・ユーザー参加型である

の5つになります。

SNSでバズる投稿というのは、上記の5つの要素が必ず1つ以上当てはまっていることが多いです。

ですので、上記の5つのポイントのいずれか、または複数に当てはまるようなコンテンツの投稿を継続的に行うことから初めてみることをおすすめします。

一方で、5つ目のユーザー参加型コンテンツを投稿する際は、少し注意が必要になります。

ですので、ユーザー参加型のコンテンツであれば、予めユーザーに選んでもらう選択肢を用意した気遣いの見える投稿をすることをおすすめします。

SNSは、一度バズれば運用している通販サイトへの流入や新たな顧客の獲得にも繋がるため、大いに活用すべきサービスだと思います。

しかし、上手に活用出来なければ、いつまで経っても無駄な作業だけを行うことになるので、扱うSNSの特性なども合わせてSNSの運用をすることをおすすめします。

まずは気軽に問合せ