単品リピート通販

SNS運用を成功させるには?継続的な情報の発信が重要!

SNS運用を成功させるには?継続的な情報の発信が重要!

近年、新たなコミュニケーションツールとしてFacebook、Instaglam、Twitterなど様々なSNSが人気を集めており、このSNSをマーケティングに活用している企業も増えています。

しかし、利用者の多いSNSで情報を発信しているにも関わらず、売り上げに貢献しているという企業は少なく、うまく運用できないという声も多く聞かれます。一体なぜ、SNSでのマーケティングはうまくいかないのでしょうか?

そこで今回の記事では、SNSをマーケティングにうまく活用する方法について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

 

SNSとは? 

SNSとは、SocialNetworkingService・ソーシャルネットワーキングサービスの略称で、社会的な繫がりを提供するサービスと言う意味を持ちます。

このSNSには、代表的なものとして、Facebook、Twitter、Instagram、LINE、Youtubeなどがあり、それぞれに独自の機能や特徴を持っています。 

Facebookは実名登録がルールであり、主に友人や知人とのコミュニケーション、共通の趣味を持つコミュニティの形成、人脈の拡張などを行うツールとして活用されています。

30代から40代の比較的高い年齢層に支持されているSNSです。 

Twitterは140字以内の短い文字投稿(つぶやき)を、共有する無料のサービスです。主に情報の発信、収集のツールとして活用されています。

こちらは、Facebookとは反対に、10代から20代の比較的低年齢層から支持されています。 

Instagramは、写真の共有ができる無料のサービスで、写真の撮影、編集、公開を一度に行うことができます。

編集、加工機能が優れているので、簡単にプロが撮影したような写真を載せることが可能です。 

LINEは、スマホ向けに開発されたSNSで、無料でメッセージや通話のやり取りを行うことができます。

他のSNSよりも手軽に行えることから、年代を問わず利用率の高いSNSです。 

YouTubeは、動画ファイルをアップロードし公開することのできる動画コンテンツ共有サイトです。

YouTubeで公開された動画は、会員登録をしていないユーザーでも無料で閲覧することができます。

 

自社に合ったSNSを選択する! 

以上のようにSNSには、それぞれ特徴があり、利用しているユーザーの層も異なります。

そのため、SNSをマーケティングに活用する際には、どのSNSを選択するかが重要となります。

どういった商品を、どういった層をターゲットとしてマーケティングを行うかと言うことを明確にする必要があるのです。

SNSはそれぞれの利用者の年齢層、利用目的などに大きな違いがありますので、自社に合ったSNSを慎重に見極めましょう。

 

SNSは利益に繋がるまで時間がかかる! 

SNSは他の広告運用と比べ、かかるコストが低く済むため、安易に運用を始めるケースも多いようです。

しかし、コストがかからない分、継続的に情報発信を行う手間がかかりますし、効果を得られるまでには時間がかかることが多いことを理解しておく必要があります。

まず、ユーザーは商品名や会社名を知らなければ、その企業や商品のSNSを見ることもないですし、フォローやコメントをすると言うこともありません。

商品を認知しSNSを見てもらう、そこから興味を持ってもらいフォローやコメントをもらう、そして購入してもらうというプロセスが必要となるわけですから、利益につながるまでには長い時間がかかることになります。

 

ユーザーに見てみたいと思わせることが大切!

上記のように、SNSは商品の認知から購入まで時間がかかりますが、ユーザーに認知してもらったとしても、関心を持ち続けてもらうためには、SNSを継続して見てもらわなくては意味がありません。

しかし、SNSには他にも魅力的な情報が溢れていますから、その中でユーザーの関心を引くためには、商品情報だけでなく、ユーザーが欲しがる面白い情報やお役立ち情報などを継続的に発信し、ユーザーに継続して見てみたいと思われるSNSにすることが必要です。

そして、商品購入などの成果を得るためには、このユーザーに見てみたいと思わせるSNSを長い期間続け無くてはならないわけです。

それには、当然時間がかかりますし、ユーザーの関心を引くコンテンツを作る手間やコストもかかります。

こういったことから考えると、SNSで利益を上げたい場合、先ほどの手間や時間、コストと言った投資に見合うだけの利益率の高い商品でないとSNS運用を行う意味がないと言えます。

ちなみに、SNSで利益を上げている商品の多くは、ブランドアパレルやジュエリー、家具、インテリア商品などの利益率の高い商品ばかりです。

すなわちSNS運用には、ユーザーに読み続けてもらうための投資ができる、高い利益率の商品を取り扱うと言うことが重要になるということです。

 

まとめ 

以上のことから、SNSの運用には、魅力的なコンテンツを作る手間とコスト、それによって成果を得られるまでの時間がかかるということがわかります。

そして、最も重要なのは、それに見合った高い商品力のある商品を取り扱うことです。SNSでいくら手間暇かけて情報を発信したとしても、商品がそれに見合うものでなくては、利益を上げることはできないのです。

まずは気軽に問合せ