単品リピート通販

広告運用のためにSNSを上手く活用する4つの方法

運用のためにSNSを上手く活用する4つの方法

今、SNSを運用利用して、効率よく売上を上げている企業も多くあることでしょう。

InstagramやTwitter、Facebookといった主要SNSは、利用者や利用時間が年々増加していることもあり、ビジネスへのSNS利用を考えない、という選択肢は非常に少ないのではないでしょうか。

あるアンケートによれば、今ある企業を100%とすると、およそ65%もの企業が「すでにSNSを利用している」と回答し、そして「SNSを今後取り組んでいきたい」と回答している企業をあわせると、およそ98%にもなります。

ほとんどの企業がビジネスを成功させるうえで、SNSが必要と考え、SNSをビジネスで友好的に活用することに関心を持っていると言えるでしょう。

ですが、そのSNSを運用するにあたって、上手く活用する方法をご存知でしょうか?

せっかく自社のためにSNSを運用するとなっても、無知のまますすめてしまっては、非常にもったいない結果になってしまうことがあります。

そこで今回は、運用のためにSNSを上手く活用する4つの方法をご紹介させていただきたいと思います。

SNS運用にご興味がある方、SNS運用を始めようと思われている方、SNS運用が上手くいかないとお悩みの方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

 

1:使い分ける

「SNS」と一言で言っても、実際のところSNSにはさまざまな種類があり、その種類の分だけ違ったサービスがあります。

簡単に言うと、すべてのSNSでアカウントを作成し、同じような内容を投稿しても、SNSマーケティング上では成功させることができません。

それぞれのSNSの特徴を理解し、そのSNSを利用するユーザー層や情報の拡散方法を調べる必要があるのです。

SNSを上手く使い分けることで、自社製品やサービスをより効率よく多くの人の目に留まらせることができるのです。

主要SNSと言われている、Instagram、Twitter、Facebookを考えてみても、その特徴はそれぞれ違うことは一目瞭然ですよね。

それぞれの長所と短所を理解し、その長所をあわせて駆使することが、SNS運用を成功へと導く最初のカギとなるのです。

 

2:情報拡散方法を知る

SNSで運用を行う場合、発信している情報をいかにしてユーザーの目に留まらせるか、そしていかにしてユーザーにその情報を拡散させるか、が課題となってきます。

たとえばTwitterの場合、最大140文字という限られた文字数の中で

どれだけ「共感」や「好感」を生みだすツイートをし、親近感を持たせることが重要です。

そしてユーザー自身がそれにコメントを加え、自社のツイート情報を拡散させてもらう必要があるのです。

伝えたい情報を厳選し、それでいてユーザーの興味を引き、拡散されるツイーとを作ることができれば、多くの人に情報が届き、認知拡大に繋がる、ということなのです。

また、Instagramであれば「ハッシュタグ機能」があります。

Twitterのようにリツイート機能はありませんが、ハッシュタグ「#」によって、キーワードによる情報が拡散されるのです。

こういったさまざまな機能を理解し、うまく情報を拡散させることが大切なのです。

 

3:視覚でユーザーを惹きつける

人は目で見た情報を大切にします。

ユーザーの目に映る広告を重要視することも大切なのです。

たとえばInstagramの場合であれば、「インスタ映え」という言葉が流行語大賞を受賞するといったことがありましたよね。

Instagramは、「いかに自分の生活が充実しているか」ということをアピールする場として普及しています。

その特徴を生かし、SNS運用でInstagramを活用するのであれば、数枚の写真でどれだけユーザーの視覚を惹きつけることができるのか、ということが重要です。

そして最近であれば、ストーリー機能といって動画投稿機能も充実しているので、よりユーザーの視覚へ訴えることができるでしょう。

 

4:影響力のある人物を活用する

商品やサービスを宣伝する場合、自社広告だけでは上手く宣伝が広がらないのであれば、影響力のある人物を活用してみましょう。

Instagramであれば、フォロワーや閲覧数が多く、一般人に対して強い影響力を持つ「インスタグラマー」が存在します。

そのインスタグラマーは、芸能人や著名人だけでなく、一般ユーザーでも多く存在するのです。

何百万と言うフォロワーを抱えるインスタグラマーが商品を紹介すると、そのフォロワーにも好印象で商品の魅力を伝えることができ、流行することが多くあるのです。

 

まとめ

以上、運用のためにSNSを上手く活用する4つの方法をご紹介させていただきました。

SNS運用を行う上で、さまざまな課題があるかと思いますが、まずは第一の目的とする「情報拡散」においてどうすれば良いのか、どのSNSツールを利用すれば良いのか、ということを判断していきましょう。

そして、この4つの方法を試してみてくださいね。

きっと今より良いSNS運用を行えますよ。

まずは気軽に問合せ