サブスクリプション

スタートアップとしてサブスクリプションビジネスを成功させるポイント

今、新たな商品やサービスの販売方法として「サブスクリプションビジネス」が主流になりつつあります。

サブスクリプションとは、従来の売り切り型の販売方法とは異なり、顧客と企業との関係性を重視したビジネスモデルであると言われています。

今の時代背景に沿ったビジネスモデルだと言われているため、今後もさらなる拡大が予想されているので、自社の商品やサービス提供のためにサブスクリプションを導入しようと考えられている方もきっと多くいらっしゃるでしょう。

アメリカなどではサブスクリプションビジネスの事例は多いものの、日本ではようやく浸透してきたビジネスモデルであるため、確率したノウハウなどはまだ不十分ではありますが、今後より拡がりに期待できるビジネスであるからこそ、成功させるポイントを知ってからビジネスを開始したいと考える方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、スタートアップとしてサブスクリプションビジネスを成功させるポイントを詳しくお教えしていきたいと思います。

今後サブスクリプションビジネスの導入を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

「スタートアップ」とは

まずは、スタートアップについてご説明していきたいと思います。

スタートアップとは、日本のビジネスシーンにおいて「ベンチャー企業」と同じような意味として用いられることが多いですね。

そのベンチャー企業はというと、新しいサービスの提供や革新的な技術を提供する、小規模もしくは中規模の新興企業であり、「日本のベンチャー企業=アメリカのスタートアップ」と考えてください。

日本ではITを中心としたビジネスの起業初期において利用される場合が多いでしょう。

スタートアップの特徴としては、「イノベーションの観点がある」「社旗貢献の目的を持つ」「即戦力となる人材によって構成されている」という3つの特徴が当てはまります。

このスタートアップこそ、サブスクリプションビジネスとの相性が良いと言われており、スタートアップがサブスクリプションビジネスを展開することで、先進的なビジネスモデルを提供しやすいこと、新規顧客獲得がしやすいこと、安定収入に繋がりやすいことなどのメリットが多くあると考えられているのです。

サブスクリプションビジネスを成功させるポイント

1:サブスクリプションだからこその付加価値を提供する

まず第一のポイントとしては、サブスクリプションだからこその付加価値の提供が必要となるでしょう。

なぜ顧客がそのサービスをわざわざサブスクリプションとして利用するのか、という点を考慮し、サブスクリプションならではの付加価値を提供することが、ユーザーにお得感を与えることができるのです。

サブスクリプションビジネスは「継続」されてこそ初めて安定した収益を得ることができるので、付加価値を提供し、顧客に満足してもらい続けることが重要です。

2:豊富な料金プランを提案する

サブスクリプションとして提供する場合には、料金プランを複数用意し、ユーザーそれぞれの関心度の高さに合わせましょう。

そうすることでより幅広いユーザーに利用してもらう可能性が高まりますし、特にサービス利用新規顧客に対しては、低額のプラン提案することで気軽に始めてもらうことができますので、徐々に顧客を増やしていくことができます。

もちろん、一度契約してくれた顧客は逃したくない、という気持ちになってしまいますが、そればかりに集中してしまうのではなく、誰でも簡単に開始することができるように間口を広げ、そしていつでも解約できるような気軽さを与えましょう。

まずは利用してもらい、商品やサービスに納得してもらうことが大切なのです。

3:スマートフォンユーザーを意識する

企業がたとえどれほど良い商品やサービスを提供したとしても、それが顧客に認知されなければ何の意味もありません。

いかにしてより多くのユーザーに企業サービスを認知してもらうことができるのか、それには「スマートフォンユーザー」への注目が必須です。

スマートフォンは、今の時代パソコンよりも日常的に利用されているツールであり、1人1台の所有が普通になって来ていますよね。

顧客のより身近な存在となっているスマートフォンを利用するために、スタートアップメンバーでスマートフォン専用アプリを制作し、それをサブスクリプションサービスに活用していきましょう。

4:利用ルールに柔軟性を持たせる

サブスクリプションビジネスを成功させる鍵となることは、「利用者に窮屈な思いを与えない」ということです。

企業側が解約させたくないと思いすぎて、あまりにも利用のルールを縛りすぎてしまえば、顧客の多くは気軽に利用することができる他社サービスに乗り換えるでしょう。

サブスクリプションビジネスとして失敗している企業の共通点としても、サービス利用のルールが厳しいということが挙げられますので、顧客にふびんな思いをさせてしまわないよう、利用ルールには柔軟性を持たせて、顧客が利用しやすい環境に導いていきましょう。

まとめ

以上、スタートアップとして、サブスクリプションビジネスを成功させるポイントをご紹介させていただきました。

スタートアップは、革新的なサービスを提供し、社会に貢献することを目標としており、サブスクリプションビジネスはこの目的に合う新しいサービスを提供することができる、非常に優れたビジネスモデルです。

この親和性の高い双方を上手く活かして、効率的なサブスクリプションビジネスを行って下さいね。

まずは気軽に問合せ