単品リピート通販

単品リピート通販で在庫を持たずにネットショップを運営する方法

ネットショップを運営されているみなさま。

あなたはどんな商材をネットショップで販売されていますか?

個人であれば特に、オリジナル商品や管理しやすい商材を基準に商材選定を行っていくかと思いますが、企業ビジネスとしてのネットショップであれば大きい商材や数多くの商材を管理することも可能です。

ですがどちらにせよ起きる問題と言えば、「在庫」の問題であるでしょう。

もちろん、レンタル倉庫などを借りて管理するだけの費用を確保することができれば良いのですが、個人運営となるとなかなかそこまで経費を回すことは難しいですよね。

「在庫を持つ」ということは、販売商材を自分の管理下に置くということですので、すべて自分で管理しなければなりません。

ですが、その商材を管理しなくても良いとなれば、もっと効率よく運用ができるのに、と思う方はいらっしゃいませんか?

もちろん、在庫を持つことが良い、悪いということは一概に言うことはできませんが、ネットショップ運営方針によっては、在庫を持たないほうが良いと考えることもありますよね。

そこで今回は、在庫を持たずにネットショップを運営する方法についてお話しさせていただきます。

今現在ネットショップを運営されており、在庫に対するお悩みを持たれている方はぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ドロップシッピング

個人で「副業」としてネットショップを運営したいと考える方は、できるだけ在庫を持たずにネットショップを運営したい、と考える人が多いかと思います。

本業がある方は、自宅に在庫を抱えてしまっていては発送できる日が限られてしまう、という問題を感じる方がほとんどではないでしょうか。

そんな時、「ドロップシッピング」を用いることで、この問題を簡単に解決することができます。

ドロップシッピングの有名なサービスと言えば、「トップセラー」「NESTASEA」が人気でしょう。

トップセラーは、企業が在庫を持って購入者に配送してくれる場合と、自社から購入者に配送する場合があります。

どちらを選ぶにしても、ネットショップを運営者は在庫を一切持つ必要がないことが最大の特徴ですね。

そして、ネットショップは商品データを基に制作されるので、受注した際にデータ上で商品を仕入れるので、初期仕入れ費用なども必要ありませんし、ややこしい申込書もありません。

そして、NETSEAは卸サイトとして人気ですよね。

ですがここに契約されているメーカーや問屋のなかで、購入者のもとに直送してくれるは非常に少なく、個別発送に対応していない場合があります。

基本的にNETSEAは、買い取り用に商材仕入れというイメージです。

発送代行業者の利用

今多くなってきているものが、発送代行業者です。

ネットショップを運営していると、商品が売れるようになってきて今まで、自社や自宅に保管していたものの、手狭になってきたので発送代行業者に依頼する、というビジネス転換も多くなってきています。

発送代行業者は、営業倉庫や物流倉庫などと呼ばれていますが、いわゆる業者が運営する倉庫に在庫を管理して、商品を管理し発送をしてくれるのです。

大手業者から小規模の業者、個人で運営している場合もあり、幅広く存在しており発送代行ビジネスもかなりの規模に拡大しています。

保険料や代行手数料が必要になってきますので、利益に負担がかからないように、まずは見積を依頼し、適切な業者を選定しましょう。

良い業者と契約をすることができれば、安心して商品管理を任せることができますし、運営者が旅行中などでも商品を配送してくれるのです。

メーカー直送にする

今までは、自社がメーカーに発注し商品を配送してもらい、それを自社が購入者に配送します。

ですがメーカー自体も倉庫を所有しており、在庫を管理している場合が多いので、手間を省略しメーカーが直接購入者に配送する、という手段です。

ですが、この方法はメーカーが慣れていないことやクレームを受ける可能性があることから断られる場合が多いのです。

ですが、交渉次第では受け入れてくれる場合がありますので、まずは交渉をしてみましょう。

もちろん、梱包材量費用などは自社で負担しなければなりませんが、もしこれが可能であれば、メーカーが契約している安い運賃で配送業務を行ってくれる場合があり、あわせて送料も安く抑えることができるとなると、非常にメリットが大きいと言えるでしょう。

顧客とメーカーが迷うことのないよう、仕組み作りはきちんと行っておきましょう。

まとめ

以上、在庫を持たずにネットショップを運営する方法についてお話しさせていただきました。

ネットショップを運営するとなると、「在庫」がネックになってしまう、という方も多いかと思いますので、もし在庫を手放すことでより良い運営ができる可能性があるのであれば、ぜひこれらの方法を試してみてください。

ネットショップの運営者にとっては非常にメリットが多いことばかりなので、ぜひ検討してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ