サブスクリプション

店舗型サブスクリプションに導入すべき、予約型システム

ここ数年でサブスクリプションビジネスという言葉は急激に広がりを見せており、私たちの生活にも定着しつつあるでしょう。

サブスクリプションとは、「所有から利用へ」という価値観に合ったサービスであり、消費者がモノやサービスを利用した期間もしくは量に対して対価を支払う、課金提供型のビジネスモデルです。

つまり、従来までのようにモノやサービスを購入するのではなく、それを一定期間利用することができる「権利」に対して料金を支払うサービスです。

サブスクリプションビジネスが広がりだした当初はデジタル領域で多く採用されていたのですが、今では非デジタル領域までその幅が広がり、店舗を持つビジネスでもサブスクリプションサービスが提供され始めているのです。

特に今多くなっている飲食サブスクリプションや美容室サブスクリプションでは、サブスクリプションビジネスをスムーズに行うためインターネットで簡単に予約をすることができる予約システムを導入する店舗が多くなってきましたね。

事前に予約顧客を把握することでスムーズに案内をすることができますので、顧客満足度向上にも期待することができます。

ですがまだ、予約型システムの導入に不安を感じているサブスクリプション事業者の方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は店舗型サブスクリプションに導入すべき予約型システムについて、詳しくお話させていただきたいと思います。

これからの店舗型サブスクリプションには予約型システムは絶対的に導入すべきだと考えられていますので、ぜひこの記事を最後までお読みになって今後の参考になさってくださいね。

店舗型サブスクリプションに予約型システムシステムを導入すべき理由

予約管理と顧客管理の一元化をすることができる

もし店舗自体を少人数で運営している場合、どうしてもオペレーション業務に手間と時間がかかってしまいますのでそれは極力避けたいと思いますよね。

今までも予約や問い合わせなどの電話やメール対応に追われてしまい、人手と人的コストを取られていたこともあったでしょう。

ですが予約型システムを導入することで自動的に開いている時間帯に予約を埋めてくれ、さらに自動的に予約確認メールを送信することができます。

つまり予約型システムを導入することで、接客中や施術中の電話対応などで顧客をお待たせすることを大幅に軽減することができるのです。

また顧客が予約型システムで予約をする際氏名や住所などの個人情報を入力しますので、それらの顧客情報を自動的にデータ化し、顧客管理を一元化することができオペレーションが軽減されることもメリットでしょう。

オペレーションの軽減はスタッフが顧客一人一人に集中できることに繋がりますので、顧客ニーズに合わせたサービス向上に繋がるのです。

外部サービスとの連携ができる

多くの予約型システムは外部サービスとの連携が可能ですので、Webサイトと連携し集客力を向上させたり、スマートフォンのプッシュ通知を活用して、既存顧客の解約率を低下させることもできます。

また外部のWebサイトから直接予約ページに移動することもできますので、新規顧客の目に止まる機会が必然的に多くなり新規顧客獲得にも繋がるのです。

予約型システムにとって獲得した顧客データをもとに既存顧客にあった情報配信をし、顧客の固定化を狙いましょう。

見込み顧客獲得の機会損失を防ぐことができる

予約型システムを導入する前であれば電話での予約がほとんどかと思いますが、そうなると予約の受付自体が営業時間内に限られてしまいますので、営業時間内に予約できない顧客は希望の時間に予約できる他の店舗に流れてしまうことでしょう。

ですが、予約型システムを導入することで24時間365日予約を受け付けることができ、見込み顧客獲得の機会損失を防ぐことができるのです。

顧客にとっても、今まで勤務時間中に電話できなかった会社員、昼間は家事や育児で忙しい主婦であっても、少しの空いた時間にWebサイトから予約状況を確認し簡単に予約ができるようになりますし、リアルタイムで予約状況を確認することができますので顧客が断られるストレスも無くなり、顧客満足度の向上にも期待することができるでしょう。

キャンセル機能によりキャンセルを削減することができる

せっかく予約を受け付けたとしても、急なキャンセルがある可能性もあるでしょう。

電話の場合、再度キャンセル待ちを受け付けると顧客とのやりとりに時間がかかってしまいますし、キャンセル待ちを受けた顧客に対し順番に電話で連絡をしなければなりません。

ですが、キャンセル機能が備わっている予約型システムであれば、予約がいっぱいになった時点で自動的にキャンセル待ちの受付に切り替わりますし、実際にキャンセルが発生すると、自動的に予約枠が明き、再度予約の受付が始まります。

もしキャンセル待ちがある場合は、顧客にメールでお知らせしてくれますので、非常に便利な機能なのです。

まとめ

以上、店舗型サブスクリプションに導入すべき予約型システムについて、詳しくお話させていただきたきました。

店舗型サブスクリプションビジネスに予約型システムを導入することで、業務効率化と集客率の向上を狙うことができるのです。

非常にメリットが多いシステムですがもちろん導入するのであれば管理と運用が必要ですので、その予約型システムが自社に合っているのか、しっかり使いこなすことができるのか、ということをしっかり検討し有効活用してくださいね。

まずは気軽に問合せ