単品リピート通販

単品リピート通販のネットショップ運営で「苦労すること」とは

今、ネットショップの運営は非常に人気のあるビジネスです。

「ネットショップは商品を仕入れて用意して、掲載すれば売れる」なんてイメージがあり、そう思われてしまいがちですが、実際はそんな簡単にはネットショップの運営はできませんよね。

ネットショップビジネスは、初心者であっても比較的開始しやすく、挑戦しやすいビジネスではありますが、それでもやはりビジネスだからこそ、もちろん苦労はつきものであることでしょう。

ですが、苦労するとはいえどネットショップの運営は軌道に乗りさえすれば、そんな苦労も何とも思わないほど良い商売ですから、難なく苦労を乗り越えることができる方が多いこともまた事実ですよね。

そこで今回は、ネットショップ運営で「苦労すること」とは何か、ということについてお話しさせていただきたいと思います。

これからネットショップの運営を行いたいと思われている方、今ネットショップの運営に苦労を感じている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

苦労1:商材選びと仕入れ

商品販売の経験がなければ、商品を仕入れた経験がない、という方も多いでしょう。

そんな方にとっては、商材選びと仕入れは非常に苦労することでしょう。

まずは「どうすれば商品を仕入れることができるの?」「どこへ行けば良いの?」という基本的な問題にあたるでしょう。

問屋を見つけたとしても、そこからは「どの商材が売れるのか」ということですよね。

良い商品を見つけたと思っても、もうすでに商品販売がされていたり、他商品との差別化を図ることが難しい商品だったり、売れる商品を見つけるまでが苦労することでしょう。

苦労2:通販システム選び

やっとの思いで仕入れ先と販売商品を見つけると、次はどの通販システムを用いるか、ということに苦労するでしょう。

利益分に当たり、どれくらいの利用料金の通販システムを選ぶか、迷いますよね。

ですが、少し前までであれば通販システム選びに苦労をしていましたが、今では高機能のネットショップを無料で開業することができるようになりました。

売れるか売れないか分からない、という商材に投資をせずに済みますので、苦労が一つ減りますね。

苦労3:ネットショップページの作成

ネットショップの運営の最大の苦労と言えば、ネットショップページの作成であるでしょう。

ただ商品の写真を掲載するだけでは、商品が売れることはありません。

商品販売のページをしっかり作り込み、そしてネットショップサイト自体のページ全体のクオリティを上げなければなりません。

写真は明るく鮮明に、そして不要なものは写り込まないように工夫しなければなりません。

このネットショップページを作成するには、非常に時間がかかりますし、苦労をするところですが、とても楽しくウキウキすることでもありますよね。

もちろん、一度の作成だけでは完成せず、ネットショップの利用者に飽きられないためにもより良いデザインを考案し続けなければなりませんので、デザイン考案やページ作成が苦手な方にとってはこの先長く続く苦労であるかと思いますが、これをいかに楽しんで取り組むか、によって苦労の感じ方が変わってきますよ。

苦労3:公私混同を避ける

自分で起業している場合には、公私混同を避けることも苦労のひとつですよね。

最近では「プライベートでの旅費や洋服代なども経費として上げていた」という話もよくニュースになっていますし、特に注意しておきたいポイントです。

お金の記録を付けることは、かなり面倒なことではこれにはかなりの面倒くささがありますが、これをしなければ無申告となり違法になってしまうのです。

個人事業であれば、悪知恵が働いてしまうことが多く。

手の込んだ計画と実行をしてしまい、さまざまなからくりが存在しますが、このような誘惑に左右されずに公私混同を避けることこそ、個人事業としてネットショップビジネスを成り立たせるポイントなのです。

苦労4:人を雇う場合

人を雇う場合、まずは面接のために履歴書を確認しますよね。

この履歴書を見て、どれだけ資格を持っていたり良い学歴であったとしても、その経験が必ずしも現場に活かせるとは限りません。

もちろん、数名スタッフがいる場合であれば、人としてのコミュニケーション能力も必要になってきますので、運営規模に応じて人間関係も複雑になりやすいですよね。

2人などの数人になってくると、それほどコミュニケーションには困りませんが、スタッフが増えてくるにつれて「誰と誰が仲が良い」「誰が誰のことを苦手だと思っている」という集団人間的感情が関わってくるので、運営のさいは苦労してしまうでしょう。

まとめ

以上、ネットショップ運営で「苦労すること」についてお話しさせていただきました。

ネットショップでは、一人で運営する場合でも、数名で運営する場合でも、規模を拡大する場合でもその都度さまざまな苦労が生じてしまいます。

ですがその苦労は全て無駄になることはありませんし、必ずその苦労を解決する方法はあります。

ですので、その苦労に負けず、あなたが思うようなネットショップが完成するまでは努力を続けてみてくださいね。

まずは気軽に問合せ