単品リピート通販

サブスクリプションビジネスで単品リピート通販のデータを活用することの重要性

今、世界的にサブスクリプションサービスの利用者が増加傾向にあります。

ユーザーはサブスクリプションを利用することで、お得にそして便利にサービスを利用することができますので、今さまざまな分野のサブスクリプションの需要が高まって来ています。

この需要から、ソフトウェアや音楽配信、動画配信のデジタルサービスだけでなく、衣服やバッグ、食料品、家電までもサブスクリプションビジネスが生まれてきているのです。

ですので、まだサブスクリプションを導入していない企業者の方であれば、自社商品やサービスのサブスクリプション化を検討されることでしょう。

このように今注目されているサブスクリプションビジネスですが、成功する企業もあればもちろん失敗に終わってしまう企業もあるのです。

サブスクリプションビジネスを開始する際には、成功企業となるために「データ活用」の重要性をしっかりと理解しておかなければなりません。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスでデータ活用することの重要性について、詳しくお話しさせていただきたいと思います。

今後サブスクリプションサービスの導入を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

データ活用は、サブスクリプションのメリット

ビジネスを開始する前は誰しもそのビジネスで得られるメリットは何か、ということを考えますよね。

サブスクリプションのメリットとしては、マーケティングに活用することができるデータを収集することができる、ということです。

ユーザーのサービス申込時から利用履歴、料金支払い、そして解約手続きまでもシステム管理をすることができますので、そのサービスに関するユーザーデータはもちろん、それに紐づくそれぞれのユーザーのパーソナルデータを蓄積することができるのです。

このデータ収集を行うことで、より良いビジネス戦略の考案に役立てることができます。

収益を拡大させることができる

サブスクリプションビジネスはデータ活用をすることで、個々のユーザーが求めるサービスを継続してタイムリーに提供することができるようになります。

そうすることで、顧客満足度を向上させることができますし、結果的に解約率を低下させることもできます。

サブスクリプションサービスをしていく上では、解約率は最も重要な指標になるため、解約率を下げないためにはどうすれば良いのか、ということを日々考案し続けなければなりません。

データ活用し、より適切にユーザーの満足するサービスを提供し続けることで、ユーザーが解約する理由を無くすことができるので、サブスクリプションならではの継続的な収益に期待することができますし、さらにその収益を拡大させることができるのです。

データドリブン経営に変わる

サブスクリプションで得ることができたデータを有効活用するには、まず得たデータを細かく分析し、ユーザーへのアプローチ方法を改善したり、サービスの質を向上させたりするでしょう。

このようなマーケティングの原点とも言える手法を「データドリブン」と呼び、この手法を活かしたデータドリブンマーケティングを行うことができるのです。

ユーザーがサービスを契約してから利用料金を請求し、回収、そして解約に至るまでの一連のプロセスを見えるようにすることで、ユーザーの利用状況だけでなくそれぞれの趣味趣向を的確に把握することができます。

そしてさらにそのデータをアップセルやクロスセルにも活かすことができますし、利用頻度が落ちてきているユーザーに対しては休止の提案をすることで、離脱を防ぐこともできるでしょう。

立ち上げたばかりの新規サブスクリプション事業であれば、新規契約数をいかに増加させるか、が重要になりますが、しばらくの期間が経過し契約数が多くなったところでは新規顧客獲得よりも解約率に注目しなければなりませんよね。

解約率こそ収益に大きく影響を与えるものでありますので、データドリブンマーケティングにより収集したデータを基にKPIを活用し、商品やサービス販売における施策の効果を測定することで、次はどんな戦略が必要なのか、という糸口がみえてくるのです。

ですので、施策を適切に講じていくためにも、データドリブン経営に応じたKPIも検証していきましょう。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスでデータ活用することの重要性についてお話しさせていただきました。

サブスクリプションビジネスでは、いかに上手くデータを収集し、それを業務効率と収益拡大のために活かすことができるか、ということが重要になってくるのです。

サブスクリプションビジネスとデータ活用に関しては、共に切っても切ることが出来ない関係であることをお分かりいただけましたでしょうか。

サブスクリプションビジネスを成功させるには、必要不可欠な取り組みであることを理解し、ぜひしっかりとしたデータ活用を行いながらビジネスを進めてくださいね。

まずは気軽に問合せ