サブスクリプション

サブスクリプションは本当にお得なのか?

サブスクリプションは、今やインターネットだけでなく、テレビや雑誌でも特集されるほど話題となっているサービスです。

代表的なサービスは音楽配信や動画配信ですが、現在ではファッションから飲食店、自動車までありとあらゆるジャンルのサービスが提供されています。

お得なサービスということで利用している方も多いようですが、実際にサブスクリプションは本当にお得なサービスなのでしょうか?

そこで今回の記事では、サブスクリプションはお得なのかということについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクリプションとは?

サブスクリプションは、そもそも予約購読や定期購読と言った意味を持ち、基本的には、定められた料金を支払うことで、一定の期間サービスを受けることができる権利を保証されるサービスです。

様々なサービスの形態がありますが、一般的には音楽配信などに代表される定額制のサービスとして認知されています。

このサービスの形態は新しく誕生したものではなく、新聞購読など従来から行われているサービスと同様のものになります。

サブスクリプションの最大の特徴は、定額制で使い放題と言うコストパフォーマンスの良さにあります。

もともとよく利用しているサービスであれば、サブスクリプションを利用することにより、お得に利用することができるわけです。

音楽配信などは、月額使用料を支払うことで音楽が聴き放題となるわけですから、日常的に音楽をよく聞く方にとっては非常にお得と言えます。

しかし、サブスクリプションと銘打ったサービス全てが、利用者にとって本当にお得なのかと言うと、それには少し問題があります。

サブスクリプションのデメリット

メリットばかりが注目されているサブスクリプションサービスですが、もちろんデメリットも存在しています。

そのデメリットとして挙げられるのは、関心のない商品やサービス、必要のない機能などが含まれているということです。

ソフトウェアなどのサブスクリプションでは、パッケージになっている場合が多く、料金の中には全く必要のない機能の料金も含まれています。

また、音楽配信の場合、個々のユーザーの関心のあるジャンルは限られていますが、全く関心のないジャンルも料金に含まれています。

そのため、様々なジャンルの音楽を好む方にとってはお得なサービスと言えますが、特定の作品にしか興味がないユーザーににとってはあまり利用価値があるとは言えません。

次に挙げられるのは、サービスを利用しなくても料金が発生するということです。

従来の商品を購入して所有する販売方法であれば、購入しなければ料金を支払うことはありませんが、サブスクリプションは月額制のサービスであり、使用してもしなくても料金は発生してしまいます。

すぐに解約をすれば1月分の料金で済みますが、サブスクリプションは継続利用が前提となる場合が多いうえ、解約が面倒なケースも多く、使用していないのに、何か月も料金だけ支払うことになるというケースも良くあることです。

また、従来の販売方法と異なる点はもう一つあり、それが、解約をした場合に、サービスの利用が全くできなくなることです。

これは、当然のことなのですが、従来の商品を購入し、それを所有するという販売方法とは大きく異なる点ですので、事前に理解しておくことが必要です。

さらに、挙げられるのは、比較的価格の低いサービスが多いため、複数のサービスを利用するケースが多く、結果として、費用がかさんでしまうということです。

これは、サブスクリプションがそもそも商品を所有するサービスではないと言うことと、その場で現金を使用しないことから、料金が発生しているという実感がわきにくいということが影響していると考えられます。

お得さばかりがアピールされているサブスクリプションですが、上記のようにデメリットも多く存在しています。

具体的な例として、自動車のサブスクリプションで考えてみると、自動車のサブスクリプションは、税金や保険などの維持費がかからず、手軽に自動車に乗ることができるお得なサービスとされています。

しかし、月額使用料はローンで購入した場合に比べ比較的安くなりますが、長期的に利用する場合には、購入したほうが安く済む場合もあり、さらに購入した場合には自身で自動車を所有できますが、サブスクリプショでは契約が終われば自動車に乗ることはできなくなります。

また、自動車を利用していない場合でも、料金は発生してしまいますので、利用頻度の少ない方はレンタカーのほうが安上がりということになります。

こういったことから考えると、自動車のサブスクリプションは、月に何度も利用するけれども、長期的に利用するわけではなく、一台の車を所有するのではなく、いろいろな車に乗ってみたいとゆうユーザーにとってはお得なサービスと言えますが、それ以外のケースでは、購入やレンタル、カーシェアリングなどを利用したほうが、安く済むと考えられます。

これは、自動車だけでなく、他のサブスクリプションでも同様であり、全ての利用者にとってお得なのではなく、利用者の状況によってはお得になることもあるということになります。

従って、サブスクリプションを利用する際には、お得さだけでサービスを選択せず、自身の状況を考慮し、適切なサービスを利用することが大切となるのです。

まとめ

現在、サブスクリプション市場は拡大化し、様々なサービスが提供されています。

そのサービスのどれもが、お得に利用できるということをアピールしていますが、今回説明したように、すべてに利用者にとってお得とは限りません。

サービスを利用する際には、そのサービスが本当に自身にとって必要なのか、自身の状況にあっているのかを十分に考慮することが大切です。

自身に必要なサービスであれば、お得に利用することも可能となりますので、しっかりと検討してからサービスを選択することが重要となります。

まずは気軽に問合せ