サブスクリプション

注目度の高い「サブスクストアB2B」を徹底分析

今非常に注目を集めているビジネスモデルと言えば、「サブスクリプション」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

従来であれば、売り切り型が主流になっていたのですが、今では環境配慮の面においても、所有するよりもシェアをすることに価値を感じる消費者が非常に多くなってきており、そのことからサブスクリプションの需要がどんどん高まりつつあるのです。

今商品販売事業を行われている方は、次々にサブスクリプションへの参入を始めており、今非常に大きなビジネスの流行の波が来ていると考えられるでしょう。

サブスクリプションビジネスを行う際は、定期通販カートサービスを利用される方がほとんどだとは思いますが、今多くのサービスが存在しているからこそ、どのサービスが本当に良いのか、どのサービスを利用すれば良いのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、今注目度の高い「サブスクストアB2B」を徹底分析していきたいと思います。

サブスクリプションビジネスを始めようと思われている方、サブスクストアB2Bにご興味のある方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクストアB2Bとは

サブスクストアB2Bとは、単品リピート通販シェア率ナンバーワンを誇る「サブスクストア」から提供されている、企業向けのサブスクリプションビジネスに特化した、クラウドシステムのことを言います。

特にBtoBビジネスを行っている企業が、サブスクリプションビジネスの導入を検討した際に合ったビジネス方法が提供されています。

メリット

今続々と利用者が増えているサブスクストアB2Bですが、利用することで大きなメリットを得ることができるのです。

まず第一のメリットとしては、どんな商材であってもサブスクリプションとして対応することができることが挙げられるでしょう。

定額課金サービスである「SaaS・ASPサービス」「士業・コンサル等の役務サービス」「賃貸・保守・団体回避」、そして出荷有の定額販売サービスである「サブスク商材オフィス・店舗向け」「レンタルサービス」「定期物販」というように、非常に幅広い業種業態のB2Bビジネスに対応していることは、非常に大きなメリットですよね。

もう一つのメリットとしては、サブスクリプションの運営体制をワンストップで解決することができるということでしょう。

サブスクストアB2Bでは、業務が一元化されていますので、ワンストップでの対応が叶えられるのです。

つまり、管理機能が分散されませんので、コストと人手を削減することができ、ビジネスの最適化を図ることができるのです。

また、三つ目のメリットとして、Web注文で注文入力の手間を削減することができることが挙げられるでしょう。

サブスクストアB2Bでは、商品やサービスの注文や申込みをWeb上で済ませることで、手入力を省くことができ、利用者の手間を大幅に省くことができるのです。

申し込み時の審査については、運用側で管理画面上で登録を行う事ができますので、自動化と人が確認する部分を分けることができます。

それ以外にも、請求書や見積書を自動発行することができますので、あらゆる業務の自動化を叶え、かなり効率よくビジネスを進めることができるのです。

デメリット

サブスクストアB2Bのデメリットとなることは、他のサービスと比較すると料金プランが少し高くなっていることが挙げられるでしょう。

低コストでサブスクリプションビジネスを実現することができるサービスであれば、月額9,800円~というものがあるものの、サブスクストアB2Bでは、基本月額利用料金は約8万円となっています。

なぜ料金が高く設定されているのか、それは膨大なトラフィックへの対応が叶えられていることが理由となるでしょう。

サブスクストアB2Bでは、商品数や顧客数、アクセス数、担当者数、要領に関する上限はもちろん、既納に関しても上限が設定されていないので、この価格が設定されていないのです。

個人事業や、小規模運用のサブスクリプションビジネスであれば、あまりおすすめはできませんが、大手事業や事業主であれば、かなりおすすめのサービスであると言えるでしょう。

初期費用と月額費用

サブスクストアB2Bでの料金プランは、非常に分かりやすくシンプルに設定されています。

「初期費用:99,800円(税抜)」「月額費用:79,800円(税抜)」「明細処理費用:20円/明細」というプランになっています。

サブスクストアB2Bでは、自動連携や決済オプションの場合は別途費用も必要になる場合がありますので、どのように利用するかを事前に考えておきましょう。

まとめ

以上、注目度の高い「サブスクストアB2B」を徹底分析した結果をお話しさせていただきました。

サブスクストアB2Bを提供している「サブスクストア」自体、今のようなサブスクリプションビジネスの流行が来る前からサービスが提供されていましたので、かなり実績を積んでおり、安心してビジネスを行うことができるでしょう。

今後益々盛り上がりを見せるであろう、B2Bサブスクリプションのために、本格的にサブスクリプションビジネスを行いたい方は、ぜひサブスクストアB2Bを導入することを検討してくださいね。

まずは気軽に問合せ