サブスクリプション

サブスクリプションが注目される背景と、今後の課題

近年、サブスクリプション形態により商品やサービスを提供する企業が多くなってきました。

米国では特にサブスクリプションビジネスが主流となっており、オンライン上でのサブスクリプションサービスだけでなく、オフラインでも利用することができるサブスクリプションサービスが多くなってきているので、日本でもこれからどんどんサブスクリプションが導入されることが良そうできるでしょう。

サブスクリプションとは、その商品やそのサービスの代金を支払うのではなく、継続的に希望利用日数にあたる対価を支払うことです。

「定額制システム」の料金システムがこのサブスクリプションに当てはまり、従来であれば「音楽」「映像」といったデジタルサービスが提供するサブスクリプションが多かったのですが、最近では小売り業界や飲食業界などの、非デジタルな業種であってもサブスクリプションが導入されているのです。

サブスクリプションを導入することで、一時購入よりも安定的、そして継続的に収益を見込むことができるので、さまざまな業種から注目を集めているのです。

そこで今回は、サブスクリプションが注目される背景と、今後の課題についてお話していきたいと思います。

これからサブスクリプションの導入を検討されている方、サブスクリプションビジネスにご興味のある方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクリプションが注目される背景

モバイル端末の利用と、利用環境の普及

サブスクリプションが注目される背景のまず第一に、ユーザーのモバイル端末の普及、そしてモバイル端末の利用環境の普及が挙げられるでしょう。

もはや一人一台は当然当たり前であるモバイル端末ですが、ユーザーはスマートフォンだけでなくタブレットやパソコンなどを併用していることが多くなってきました。

ユーザーはモバイル端末により利便性を求める時代になり、その時代の流れとともに、手に収まるスマートフォン一台だけでもなんでも出来てしまうようになっています。

そして、モバイル端末を使用するための通信回線も非常に安定しており、外出先でも不自由なくモバイル端末の利用をすることができるようになりました。

さらに通勤途中や通学途中、休憩時間などでも音楽や動画を楽しむユーザーが非常に多くなってきましたよね。

「いつでもどこでも、動画や音楽が楽しめる」そのような環境が十分に整っていることが、サブスクリプションサービスが注目されている大きな要因となっています。

ユーザーの購買に対する意識変化

サブスクリプションサービスが注目されるようになった背景には、ユーザーの購買意識の変化も挙げられます。

従来であれば、ユーザーは欲しい商品さ受けたいサービスがあった場合、代金を支払いそれを「所有」することを目的としていましたが、サブスクリプションを利用すれば所有はできないが、それを利用する「権利」を購入することになります。

モノを持たない時代に移りゆくなかで、ユーザーは欲しい商品を所有したいというよりも、「利用したい」という意識の変化が見られています。

利用する期間のみ、利用料金を支払うことで、利用しやすくなっており、ユーザーの価値感覚も所有価値から利用価値へ変わってきているのです。

そして商品を提供する企業側にとっても、商材がデジタル商品であれば多くのユーザーに利用してもらいやすいので、サブスクリプションを導入する企業が増えてきているのでしょう。

今後の課題

今、デジタルサービスだけでなく、さまざまな業界でサブスクリプションの導入が広まって来ています。

大きな注目を集めているビジネスモデルであるからこそ、今後の課題が多くあるのです。

企業自体が、本来は商品を売り切る形態を用いてきたのであれば、サブスクリプションにビジネス展開を図る場合、まずは専門の知識やノウハウを身に付けなければなりません。

集客手法も異なりますし、商品受注発注、申し込み状況の追跡、商品課金、商品請求、アフターサービスなどに関するさまざまなノウハウが必要になってきますし、知識不足、経験不足である場合にはスムーズに作業を進めることができなくなり、思うような運用ができないという場合になってしまう可能性があります。

思わぬコストがかかってしまうことがありますし、運用を継続することが非常に難しいことがあります。

サブスクリプションビジネスを開始するには、業務システムや運用を自動化することを心がけなければなりません。

人手で運用を行ってしまうと、導入書記事、そして販売規模を拡大させるときなどにさまざまな面で行き詰ってしまうことがありますので、ほとんどのシステムを自動化して、効率よく運用を行っていくことが、課題を解決する方法なのです。

まとめ

以上、サブスクリプションが注目される背景と、今後の課題についてお話させていただきました。

今サブスクリプションビジネスが注目されるには、さまざまな時代背景があり、訪れるべくして訪れた、新たなビジネスモデルであると言えるでしょう。

サブスクリプション導入を検討されている方は、ぜひこの時代背景を理解し、ユーザーが何を、どのような形態で求めているのか、ということを踏まえ、現れる課題を解決していきましょう。

まずは気軽に問合せ