サブスクリプション

サブスクリプション集客のため、結果を出すSEOの基本

ビジネスを行う上で、多くの事業者が考えることは、いかにして効率よく収益を得ることができるか、ということでしょう。

そのためのビジネスモデルの一つとして今、サブスクリプションビジネスが大きな注目を集めています。

サブスクリプションビジネスとは、ユーザーが所定の料金を支払うことで、定められた期間その商品やサービスを自由に使うことができる権利を得ることができる仕組みです。

サブスクリプションビジネスを成功させるポイントとしては、「集客」が重要なキーワードになるのですが、集客について課題を感じられている方は多いのではないでしょうか。

集客方法には、コストがかかる集客方法、コストがかからない集客方法があります。

コストがかかる集客となると、バナー広告を出稿したり、インフルエンサーを起用する方法がありますが、できることならコストを抑えて集客したいと考えるかと思います。

無償の集客として代表的なものが「SEO」ですね。

細かく言うと、SEOの場合は専用コンサルタントと契約を交わしたり、デザイナーに対する対策費用が必要になる場合がありますが、顧客目線のWebサイトを設計することで、コストを最小限に抑えてSEOの結果を出します。

そこで今回は、サブスクリプション集客のため、結果を出すSEOの基本について詳しくお話させていただきたいと思います。

サブスクリプションビジネスにおける集客に課題を持たれている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

SEOは顧客満足度に直結する

効果の高いSEOはどのようにすれば良いのか、それは「顧客が求めた答えが提供されているWebサイトであるかどうか」ということです。

非常にシンプルな答えではあるのですが、この視点が抜けてしまっていてはいけません。

日本ではGoogleが90%以上のシェアを誇っており、Googleが自社検索エンジンに対する課題が「検索クエリに対し最も最適なWebサイトを表示すること」です。

さまざまな意図を持ったユーザーが検索し、その意図に適したWebサイトを検索結果の上位に表示されるようにしています。

詳細な技術情報は明確にされていないものの、それを測る指標として「平均滞在率」「リピート率」「直帰率」であることが予想されており、これらの指標が高いWebサイトは自然と検索順位上位になりやすいのです。

ユーザーがWebサイトに訪れ、より長く滞在し、そしてまた再び訪れる。

このようなユーザーの検索クエリと自社Webサイトの無いようのギャップを埋め、ユーザーが望む情報が手に入るWebサイトに仕上げることこそ「SEO」なのです。

トップページを重視する

Googleが重視するWebサイトの評価基準として「EAT(専門性、権威性、信頼性)」があります。

ブログなどの場合、Webサイトへ訪れる多くのユーザーは個々のURLから流入することも多いですよね。

ですが、EATが高いWebサイトの場合、サイト名を検索してトップページを経由し、Webサイトを訪れるユーザーもいるのです。

ですので、満足度が高いトップページ、リピート率が高いWebサイトも、Webサイト全体の検索順位が上がりやすいのです。

もしLP型Webサイトであれば、LPがトップページになりますので、LPを意識しなければなりません。

顧客がどんな悩みを抱え、それをどのようにして解決するのか、そのための解決策をしっかり丁寧に記載し、その解決策の一つとして自社の商品やサービスを提示しているという流れが重要です。

トップページのはじめから商品の魅力や説明を掲載してしまっては、顧客に対する訴求力が弱まってしまい、このWebサイトでは必要としている情報を得ることができないと判断され、離脱に繋がってしまうのです。

SEOの施策

SEOの施策について、さまざまな情報が出回っている中で、「被リンク」「サイト更新頻度やページ数」「サイト表示速度」「サイト構造化」など、実際何が正しい情報なのか判断できない場合も多いですよね。

被リンクに関しては、Googleが検索順位を決定する重要な要素になりますので、被リンクの獲得は重要です。

そしてサイト更新頻度やページ数に関しても、やはり更新頻度が高かったり、ページ数が多いWebサイトに関しては、検索結果に影響しやすいでしょう。

ですがもし、これらが顧客にとって有益な情報でなければ、まったく無駄な取り組みになりますので、注意が必要です。

サイト表示速度に関しても、もちろん速度が速ければSEOでは有利に働くのですが、Googleが最重要視する要素ではないので、検索順位だけを意識してこだわることは、ナンセンスです。

最後のサイト構造化に関しては、Webサイトに訪れた顧客に読みやすさ、見やすさを提供することは重要であり、もしブログなどのサイトであれば特に、Hタグの使い方が検索順位を上げるポイントになるでしょう。

ですが、Webサイトの性質、Hタグの使い方が直接検索エンジンに影響するわけではありませんので、あくまでも顧客に訪れたい、滞在し続けたいと思わせる要素の1つに過ぎないのです。

まとめ

以上、サブスクリプション集客のため、結果を出すSEOの基本についてお話させていただきました。

お分かりいただけたかと思いますが、何よりも重要なことは、検索したユーザーに対して最適な答えが用意されているWebサイトを作ることです。

だからこそ、目先のテクニックのみを駆使してしまうち、SEOの結果が出ず、無駄になってしまうことも忘れてはいけません。

顧客視点に立ち、顧客の期待に沿うことこそ、SEOを成功させる重要なことなのです。

ぜひこれらのことを意識して、サブスクリプションWebサイトを構築させてくださいね。

まずは気軽に問合せ