サブスクリプション

サブスクリプションビジネス集客の基本要素

大手企業をはじめ、今多くの企業が注目を集めているビジネスモデルといえば「サブスクリプションビジネス」でしょう。

サブスクリプションビジネスとは、企業が顧客に対して商品やサービスを一定期間提供し、その利用料金として顧客が月単位、もしくは年単位で利用料金を支払うビジネスモデルです。

サブスクリプションビジネスが広がりだした当初は、特にIT業界で大きな盛り上がりを見せていたのですが、今では製造業や小売業の新たなビジネス形態として拡大しており、IT業界以外の業界においてもサブスクリプションビジネスを展開する企業が多くなってきました。

なぜここ数年でサブスクリプションビジネスが一気に広がったのか、それには消費者の価値観の変化が大きく関わっており、「モノの価値を保有すること」ではなく「モノの価値を気軽に利用することができること」に変化しているからでしょう。

サブスクリプションビジネスは実店舗で展開していることもあるものの、実際のところその多くはネット販売のほうが多いかと思います。

そうなると実店舗にて販売のノウハウがあったとしても、ネット販売で売り上げを伸ばすことが難しいと感じられている方も多いのではないでしょうか。

特にネットにて効果的に集客を行うには、実店舗とは異なる知識と考え方が必要になるでしょう。

そこで今回は、サブスクリプションビジネス集客の基本要素について、詳しくお話させて頂きたいと思います。

サブスクリプションビジネスを成功させたいとお考えの方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクリプション集客のコツ

ターゲットを理解する

自社サブスクリプションWebサイトにどれだけアクセス数が増えたとしても、実際購入や契約に至る人が増えなければ、ビジネスとしての意味がありません。

だからこそ、何の為に集客し、その集客をどのようにして売り上げに繋げるのか、ということを意識することが重要です。

そのためにもまずは、集客するターゲットを理解しましょう。

Webサイトに訪れた人すべてが顧客になるとは限りませんし、実際に顧客になってもらうことができるのはほんの一部のユーザーになりますので、闇雲に集客活動を行ったとしても、あまり効果に期待することはできません。

だからこそどのような人に自社Webサイトを訪れてほしいのか、ということを具体的にイメージしていきます。

そのターゲットユーザーにもっと興味を持ってもらうにはどうすれば良いか、どのようなアピールが効果的か、ということを考えることが大切です。

有益な情報を先に提供する

集客において得ておくべき考え方は、「返報性の原理」という心理学の考え方です。

返報性の原理とは、もし自分にとって親切なことをしてもらった場合は、それのお返しをしたいと感じるという考え方です。

集客においてこの心理を知っておくことは非常に重要で、この考え方に従いターゲットとなる人にとって何か役に立つ情報を先に提供することが良いでしょう。

たとえば、「この商品を買ってください」とアピールするよりも、ユーザーにとってもっと有益な情報を先に提供することで、ユーザーはそのお返しとしてその商品を購入したくなるように促すことが有効な手段なのです。

売上に繋げる3ステップ

サブスクリプション集客において、上記のことを具体的に実践するには、3ステップのプロセスを覚えておきましょう。

まず一つ目のステップは、「大勢の人に見てもらう」ということです。

出来る限り多くのユーザーに見てもらうことで、自社の認知度と商品やサービスの認知度を高めることができるでしょう。

最近ではSNSの利用率がかなり高くなっておりますので、SNSを有効活用し、ユーザーと気軽にコミュニケーションを取ることができる場を用意することも一つの方法です。

二つ目のステップは、「より多くの注目を集める」ということです。

SNSで自社の情報を発信し、興味を持ったユーザーはもっと他の情報が欲しいと思いますよね。

そのようなユーザーを自社Webサイトへと誘導し、さらなる有益な情報を提供します。

この際、ユーザー目線を意識した情報提供をすることを忘れてはいけません。

初めてWebサイトを訪れた人であっても、その人が知りたい必要な情報を得やすくするように、丁寧なランディングページを用意することも忘れてはいけません。

三つ目のステップは、「行動してもらう」ことです。

自身にとって役に立つ情報を得たユーザーは、自社に対して信頼感情を抱きますので、その「お返し」として商品やサービスの購買行動を起こしやすくなります。

ですので購買行動を起こしたいを感じたユーザーに、実際に購買行動を起こさせる仕組みをWebサイト内に組み込んでおくことが大切です。

Webサイトに訪れたユーザーだけのキャンペーンなどを提供するとより効果的ですね。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネス集客の基本要素について詳しくお話させていただきました。

自社サブスクリプションサービスをより多くの方に利用してもらうためには、その根本となる集客活動をおろそかにしてはいけません。

まずはこれらの基本要素を知ることの重要性をしっかり理解し、ぜひ早速実施してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ