サブスクリプション

サブスクリプション集客のため、SNSの上手な使い方

ここ数年で確実にサービスの数が増えているビジネスモデルと言えば、「サブスクリプションビジネス」ですよね。

顧客が企業に対し、一定額の料金を支払うことで、一定期間サービスを受けることが出来る仕組みであり、顧客にとっても企業にとっても非常にメリットが多いビジネスモデルであり、さまざまな業界での需要が高まっているのです。

サブスクリプションビジネスでは、顧客満足度を高め、いかに顧客に満足してサービスを継続利用してもらうことができるか、ということが重要になってきます。

ですので、サブスクリプションビジネスを開始すると、まずは新規顧客獲得のため、もしくは既存顧客継続利用のために、さまざまな集客施策を検討することでしょう。

特にサブスクリプションビジネスは、今の時代に合っているビジネスであるからこそ、集客施策も今の時代に合ったものでなければなりません。

そこで多くの企業が注目している集客方法が、「SNS」です。

今現在も、FacebookInstagramLINE@などを活用して集客活動を行っている企業も多いのではないでしょうか。

SNSを集客に活用している多くの企業の約80%は、「複数のSNS」を活用しています。

SNSは集客と販促に期待することができるからこそ、さまざまなSNSでアカウントを開設してみるものの、なかなか上手く運用できないと思われているWeb担当者の方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、サブスクリプション集客のため、SNSの上手な使い方について、詳しくお話させていただきたいと思います。

SNSで成果を出したいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

SNSの3つの使い道

サブスクリプションビジネスでの集客において、
まず1つ目が、集客や販促チャネルの拡大でしょう。

SNSは従来までのWeb広告よりも種類が非常に多くなっていますので、複数のSNSを効果的にマーケティングに活用することで、集客チャネルを拡大させることができますし、SNSは顧客との良好な関係を築きやすいので、販促効果が大きくなりやすいのです。

そして2つ目は、
商品やキャンペーンなどの情報拡散でしょう。

SNSは拡散効果に期待することができますので、まったく知らない相手に対しても情報を拡散することができますので、ユーザーにとって他の人に教えたくなるような情報を提供することで、より一層拡散力に期待することができるでしょう。

最後の3つ目は、
広告では得ることができないファンの獲得でしょう。

SNSを活用することで、多額の投資をしなくてもファンを獲得することができ、企業ブランディングを行うことができるのです。

ユーザーはSNSを利用して、感動を共有したい趣味嗜好を表現したい誰かに教えたいと思っていますので、その感情を生かす情報を提供すれば、より多くのファンを獲得することができるでしょう。

SNSを運用することのメリットとデメリットをしっかり理解する

サブスクリプション企業がSNSを運営することで、ターゲットをしっかり絞り込んで宣伝とアプローチをすることができますし、情報拡散により、低コストで情報を発信することができること、そして長期的に定着するファンを得ることができることがメリットでしょう。

そしてデメリットとしては、炎上のリスクがあることと、成果を上げるまでには中長期的な運用が必要であることが挙げられます。

SNSを運用する上で、メリットが多くあるのですが、もちろんデメリットがあることも理解しておかなければなりません。

SNSを運用する際に押さえておくべきこと

まずは複数のSNSを運用する際、SNSに優先順位を付けることが重要です。

ビジネス内容によってSNSを使い分け、自社SNSの順位を決め、最適な集客方法でアプローチしましょう。

そして、専門の担当者を配置することも重要です。

専門の担当者が継続して運用することで、変化があった時にも柔軟にスピーディに対応しやすくなります。

また、無用な批判意図しない炎上を防ぐためにも運用ポリシーやルールを定めることも大切ですね。

もし万が一の場合の対応でも、そのマニュアルに沿えばスムーズに対応することができるでしょう。

そして何より、SNSへの投稿内容は、共感が得られるものでなければなりません。

テレビなどの一方的な情報提供ではなく、SNS相互コミュニケーションを取ることが重視されていますので、顧客の購買行動心理の変化を敏感に把握して、共感を得やすい投稿を意識しましょう。

まとめ

以上、サブスクリプション集客のため、SNSの上手な使い方についてお話させていただきました。

サブスクリプションビジネスで、SNSを活用し、集客や販促、ブランディングを行うには、SNSをしっかり理解し、上手な使い方をしなければなりません。

せっかくSNSを運用するからこそ、「もったいない」ということにならないよう、それぞれのSNSを有効活用して、集客に活かしてくださいね。

まずは気軽に問合せ