サブスクリプション

サブスクリプションビジネスでのWebサイトで直帰率が高い場合の要因と改善策

今現代の消費者の価値観は、所有から利用へと変化しています。

だからこそ、消費者がモノやサービスそのものを購入するのではなく、それらを利用した期間や利用した量に対して対価を支払う、課金提供型のサブスクリプションビジネスが今多くの注目を集めているのです。

企業がサブスクリプションビジネスを行うことで、企業は新規顧客獲得を行いやすく、継続的で安定的な収入を見込むことができますし、従来までのビジネスモデルよりも詳細な顧客データを得ることができますので、非常にメリットが多いビジネスだと言えるでしょう。

サブスクリプションビジネスを行う上で、自社独自のWebサイトを製作し、それを運用することは必須になっており、Webサイトはサブスクリプションビジネスにおいて非常に重要な役割を果たします。

だからこそ、上手くWebサイトを製作し、訪れた顧客の満足度を向上させたいと考えることが多いのですが、どうしても直帰率が改善しない、という場合がありますよね。

Webサイトの直帰率を改善するためにも、さまざまなことに試行錯誤されている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスでのWebサイトで直帰率が高い場合の要因と改善策について、詳しくお話させていただきたいと思います。

今後サブスクリプションビジネスの展開を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

Webサイトの直帰率とは

Webサイトにおける直帰率とは、ユーザーがWebサイトを訪れた際、最初に入ったページから次のページへ移動せずに、Webサイトから離れてしまう割合のことを言います。

つまり、せっかくWebサイトを訪れてもらっても、1ページしか見られることなくWebサイトから離れてしまっているのです。

直帰した人数を、Webサイトに訪れた人数から割って算出されますので、直帰する人が増えれば増えるほど、どうしても割合が高くなってしまいます。

直帰率が高くなる要因

  • ユーザーのニーズとの相違
  • コンテンツが利用しづらい
  • ページの読み込み速度の遅さ
  • 1ページに豊富なコンテンツが掲載されすぎている

  • Webサイトの直帰率が高くなってしまう主な要因は、Webサイト内のコンテンツ内容と訪れたユーザーのニーズが合っていないことが考えられるでしょう。

    ユーザーは、検索エンジンの結果やタイトルを見て、そのコンテンツの内容に期待し、そのページへと訪れていることでしょう。

    ですが、その内容の満足度がユーザーの期待値よりも下回ってしまっていた場合、すぐにそのページから離れてしまうことでしょう。

    2つ目の要因として考えられるものは、そのコンテンツがユーザーにとって興味深く、もっと見てみたいと思っていても次のページへの進み方が表示されていなかったり、次に取るべき行動が分からずにそのままページを離れてしまう場合があります。

    3つ目の要因として考えられるものは、魅力的なコンテンツを用意していたとしても、ページの読み込み速度が遅い場合は、ユーザーにストレスを与えてしまい、離脱に繋がってしまうのです。

    最後に、魅力的なコンテンツを掲載しているからこそ、訪れたユーザーがそのページのみの情報で満足してしまい、離脱してしまうということもあります。

    1ページ内に豊富な情報が掲載されており、ユーザーが求めている課題に対し解決策を見つけたのならば、ユーザーはそこで満足し、ページから離れてしまうでしょう。

    直帰率の改善のポイント

    上記の要因を踏まえた上で、どうすれば改善することができるのかを考えていきましょう。

    まず、主な要因となっているユーザーニーズに合っていない、ということに関しては、自社がターゲットとしているユーザーは誰なのか、ということを明確にし、そのユーザーにどのような情報を提供すれば喜んでくれるのか、ということを考え、ページを増やしていきましょう。

    また、詳細は別のページに記載し、リンクを掲載して他のページへとんでもらうことも有効です。

    コンテンツを掲載する際には、タイトルや見出しと、内容にズレが生じていないか、ということをしっかり確認しましょう。

    2つ目の要因に関しては、最後までしっかりコンテンツを整理すべきだと考えられるでしょう。

    ユーザーがページ移動にあきらめてしまわないよう、内部リンクへ移動する方法は、分かりやすく掲載することが良いでしょう。

    また、広告のバナーなどを貼り過ぎてしまうと、Webサイト自体が見づらい状況になりますので、ユーザーから見やすいWebサイト作りを心がけましょう。

    そして、3つ目の要因に関しては、Webサイトの表示速度は速ければ速いほどユーザーに好まれますので、適切に、もしくは通常よりも少し速めにするよう、しっかり確認し、意識しておくことをおすすめします。

    最後の要因に関しては、ユーザーにとって魅力的なコンテンツを用意したからこそ起きてしまう要因なのですが、最終的に顧客獲得が目標であるからこそ、それが出来ていなければ意味がありません。
    この要因に対しては、ユーザーにとって必要な情報を分散し、魅力的な見出しを付けて、他のページに誘導していきましょう。

    まとめ

    以上、サブスクリプションビジネスでのWebサイトで直帰率が高い場合の要因と改善策についてお話させていただきました。

    なぜ直帰されてしまうのか、その理由を分かれば改善すること自体は難しい作業ではありません。

    サブスクリプションビジネスで新規顧客獲得、もしくは優良顧客育成のためにも、顧客視点に立ったWebサイト作りが重要ですので、直帰率に対して課題を持たれている方は、ぜひこの記事を参考に、改善策を見つけてくださいね。

    • おすすめの投稿がありません
    まずは気軽に問合せ