サブスクリプション

サブスクリプションビジネスにおける集客力を最大限に高める広告の基礎知識

今、サブスクリプションビジネスが急激に広がりを見せており、私たち消費者の生活にも定着しつつあります。

サブスクリプションとは、消費者の「所有から利用へ」という価値観の変化にあったサービスであり、モノやサービスを利用した期間や利用量に対して対価を支払う、課金提供型ビジネスのことであり、サブスクリプションサービスによりユーザーはライフスタイルに合わせて効率的に、そして実用的にモノやサービスを受けることができるようになったのです。

サブスクリプションビジネス拡大当初はデジタル商材こそサブスクリプションビジネスにふさわしいと考えられていたものの、ビジネスとしてのメリットの多さから、多くの企業がサブスクリプションビジネスの導入を始めており、さまざまな商材がサブスクリプションとして提供され始めています。

ですが、どれだけ素晴らしい商品を用意したとしても、消費者のその商品をアピールすることができなければ、それはただの在庫になってしまいます。

最近では店舗でサブスクリプションサービスを提供している企業も多いので、その場合は店舗に商品を陳列することで集客に期待をすることができますが、Webサイトのみの場合は商品を掲載したからと言って必ずそこからビジネスをスタートできるかというと、そうではありません。

まずは広告を出稿することこそ、集客の第一歩なのです。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスにおける集客力を最大限に高める広告の基礎知識についてお話させていただきたいと思います。

サブスクリプションビジネスでの集客に課題を持たれている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

広告出稿形態

一言で広告と言っても、非常に多くの出稿の方法がありますよね。

せっかくコストを費やして広告に投資するのであれば、自社事業と相性が良く、効率よく集客を行うことが出来る広告が良いでしょう。

だからこそ、今EC事業者から「インフィード広告」と「YouTubeインストリーム広告」が注目されているのです。

インフィード広告

メディア記事の一覧内に挟み込んで出稿する広告ですので、記事の中に溶け込ませることができることが特徴です。

広告の雰囲気を希釈化することができますので、人気の高い広告です。

なぜ人気を集めるのか、その主な要因としては、メディア媒体の広告審査の厳格化にあるでしょう。

年々化粧品や健康食品に関する広告表現への規制が厳しくなっており、直接的に商品の効果を謳わない広告以外は出稿しにくい状況なのです。

ですがインフィード広告では、その商品のレビューやそれに纏わる記事の一覧に効果効能を謳わないインフィード広告を出稿することで、すでに記事で購買意欲を掻き立てられた消費者が、インフィード広告によりその場で購入を決断することに繋がります

YouTubeインストリーム広告

YouTubeインストリーム広告は、低コストで消費者の購買意欲を引き上げやすいことで人気を集めています。

YouTubeの動画が始まる前に流れる広告であり、もし視聴者に興味がなければ5秒ほどでスキップをすることができます。

このYouTubeインストリーム広告は、どれだけ露出したとしても、動画をクリックもしくは30秒以上視聴されない限り、広告費が課金されないので、非常にコストパフォーマンスが良いのです。

つまり、そもそも商品自体に興味を持ち、購買意欲の高いユーザーのみに課金が発生し、興味のないユーザーの視聴は課金対象外であるので、他の広告と比較するとCPAを大幅に削減することができるのです。

しっかり商品の魅力を紹介し、ユーザーの購買意欲が最大限に高まった状態で購入を促すことができるので、非常に人気が高い広告です。

さらにYouTubeインストリーム広告は、カゴ落ちがしにくい上、ユーザーの期待感と商品とのミスマッチが起きにくいので、企業とユーザーが両行な関係を構築しやすいので、サブスクリプションビジネスにはぜひ導入したい広告ですね。

ユーザーからしてみても、イメージと異なる商品を購入したくないですし、事業者としても無駄なコストをかけたくないという、双方が対等であえう関係を築くことが出来るという点も、動画広告の魅力でしょう。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスにおける集客力を最大限に高める広告の基礎知識について、お話させていただきました。

広告出稿にはさまざまな種類がありますが、サブスクリプションビジネスに関しては今回ご紹介した「インフィード広告」と「YouTubeインストリーム広告」が非常に相性が良いと考えられています。

もし広告出稿を検討されている、集客がうまくいかないと悩まれている、効率よく集客したいと考えられているのであれば、ぜひこれらを導入してみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ