単品リピート通販

単品リピート通販はサブスクリプションへビジネス展開をすれば成功する?

今、企業にとって注目すべきビジネスモデルは、「サブスクリプションビジネス」であると言えるでしょう。

サブスクリプションビジネスは、従来の売り切り型ビジネスとは違い、消費者がサービスを利用した期間や利用した量に応じて商品を支払う形式であり、売り切り型とはちがい安定した収益を得ることができる上、消費者にとってもそのサービスを利用することにより、経済的にもお得でより利便性が高いと感じることが多いので、双方に大きなメリットがあるビジネスモデルであると言えるでしょう。

今の日本は、人口の減少が問題になっており、その問題は年々大きくなってきています。

人口の減少が進めば、当然のことながらモノも売れることはありません。

ますますモノが売れなくなっていく時代には、このビジネスモデルは画期的であると言えるでしょう。

そして、サブスクリプションビジネスを導入することで次々に成功を収める企業が多くなっていますので、このビジネスモデルへの関心が、さまざまな企業の間でも高まって来ているのです。

そこで今回は、サブスクリプションへビジネスビジネス展開をすれば成功するのか、ということについて、詳しくお話ししていきたいと思います。

これからサブスクリプションビジネスの導入を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

収益構造

従来の売り切り型ビジネスであれば、自社で製品を作って販売することで一時的に収益を得ることができます。

ですが、この売り切り型ではそのときのシーズンや仕入れなどに大きく影響されますし、収益が不安定になってしまいますので、経営予測もしにくいと考えられるでしょう。

ですが、サブスクリプションビジネスであれば顧客と一定期間の契約をし、自社が提供する製品やサービスを利用し続けてもらうことで収益が発生します。

ですので、モノではなく「コト」を売ることになりますよね。

消費者が契約をし続けてくれる限りは、安定した収益を得ることができるのです。

景気や仕入れ状況などの外的要因にも左右されにくいので、消費者の行動を読み取り、ビジネス計画が立てやすいと言えるでしょう。

顧客生涯価値の向上

今のビジネスからサブスクリプションビジネスを展開し、適切な取り組みをすることで、収益を安定させることができます。

ここで大きなポイントとなるのは、「顧客生涯価値(LTV)」です。

顧客と企業との間が良好な関係を作り、そしてその良好な関係をできるだけ長期的に継続させることで、収益は安定するのです。

そのためにも、この顧客生涯価値を最重要師する必要があるのです。

この顧客生涯価値の指標は、サブスクリプションビジネスにおいてのKPIの重要なひとつであり、顧客ひとりひとりが提供するモノやサービスを利用し続ける間、企業が受ける収益の総額を表しています。

もし顧客が解約してしまった場合には、その後また自社サブスクリプションサービスを再契約してもらうことは難しく、より良い他社サービスへ乗り換えてしまう場合がありますので、この顧客生涯価値を向上させ続けることが、サブスクリプションビジネスを成功させるためのポイントと言えるでしょう。

既存顧客維持

説明した通り、今のビジネスよりサブスクリプションビジネスへ展開する場合には、既存顧客の維持をしなければなりません。

新たなサービスの提案をしたり、サポート体制を充実させたり、工夫が必要になるでしょう。

サブスクリプションサービスにより、サービスの料金システムが月額課金へ変更されるだけでは、消費者にとって一括払いから分割払いになっただけであるので、支払金額には変わりないので、それほど「得」を感じることはありません。

ですので、サービス内容や料金プランを数通り用意し、顧客に選んでもらえるようにしましょう。

そうすることで、顧客は自分のニーズに合わせてプランを決めることができますし、企業としても、アップセルやクロスセルの提案をしやすくなりますよね。

さらに顧客のサービス利用時のサポートを徹底することで、サービスの利用率を向上させることができます。

このことにより早期解約を防ぐことができますし、顧客自身がサービスに対して愛着を持つことができるのです。

運営の土台を作る

サブスクリプションビジネスの特徴は、他のビジネスと比べると、長期契約の中で顧客のデータを収集しやすいことが挙げられるでしょう。

それらを効率よく活用することで、より良いビジネス展開を行うことができますし、活動の場が大きく広がります。

そのようにするためには、まずは運営の「土台」をしっかり作り込む必要があるでしょう。

サブスクリプション立ち上げの当初のプランから、サービスを気に入った顧客を自動的にアップセルやクロスセルに繋げる仕組みを作ることも、ひとつの方法ですよね。

これを叶えるためには、商品管理はもちろん、請求管理、顧客とのエンゲージメントまでサブスクリプションビジネスに関連するすべての業務をどう運営するのか、同管理するのか、という設計も非常に重要になります。

まとめ

以上、サブスクリプションへビジネス展開をすれば成功するのか、ということについてお話しさせていただきました。

サブスクリプションビジネスは、ビジネス業界で今最も注目され、導入を検討したいビジネスモデルですよね。

ビジネス転換の際、成功へ導くためにもぜひこれらのポイントを理解してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ