サブスクリプション

サブスクリプションビジネス業務の流れ

安定的に収益を得るため、今「サブスクリプションビジネス」に注目している方は多いのではないでしょうか。

サブスクリプションビジネスは、軌道に乗りさえすれば、基本的には労力は必要なく、安定した収益を得ることができるのです。

サブスクリプションビジネスは、余計な手間が必要なく、効率的に営業を行えるのですが、業務内容には多大な労力が必要になります。

通常のビジネス形態とは少し違い、まだまだ日本に浸透しきっていないビジネスであるので、確率した方法はまだないと言われており、サブスクリプションの基本的なビジネスモデルをベースに、各企業がさまざまな施策を打ち出し、競合他社との激しい争いを見せているのです。

サブスクリプション業界に参入しようと思われている方であれば、実際にどれほどの業務があるのか、気になるのではないでしょうか。

基本的な業務の流れである、業務フローを知ることで、ビジネスのイメージがしやすいことでしょう。

そこで今回は、サブスクリプションビジネス業務の流れについて、詳しくお話しさせていただきたいと思います。

サブスクリプションビジネスにご興味のある方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

商品登録・顧客管理システムの構築

サブスクリプションビジネスの、基本的な業務フローとして、まず最初に商品登録が挙げられます。

顧客に提供するための実際の商品やサービスの「商品登録」を行います。

もちろん、単品商材として一つのモノやサービスだけを提供することもありますが、それではサブスクリプションとしては不向きであると言えるでしょう。

提供する商品の部類にあわせた、いくつもの商品やサービスを提供することで、それぞれの顧客の好みに合わせることができますし、飽きることなく利用し続けてもらうことができますよね。

また、複数のプランを用意することで顧客自身の選択肢が増えるため、サービスが世の中に普及しやすくなるのです。

また、商品登録と並行して行うべき業務は、顧客管理システムの構築です。

ここで、サブスクリプションビジネスにおいて重要である「アップセル」「ダウンセル」「クロスセル」の管理を行っていきましょう。

料金計算

次に、サブスクリプションの業務としては、料金計算から請求業務があります。

サブスクリプションでは、ほとんどの場合利用期間に応じて料金を課金する、従量制課金システムでありますので、顧客ごとのサービスの利用料金をしっかり記録し、把握しておく必要があります。

それさえしっかりしておけば、あとは単価をかけることで容易に請求金額を算出することができるのです。

サブスクリプションでは、一般的なビジネスとは違い、料金プランが複数設けられている場合が多いので、顧客に対しての料金を請求する回数が多いこと、そして手間やコストもあわせて多くなることを理解しておきましょう。

決済業務

サブスクリプションにおいて、料金請求後には決済業務を行わなければなりません。

サブスクリプションでは、クレジットカードや電子決済といった、通常のキャッシュ払いとは違う方法が用いられることは多いので、自動化によって大幅に決済業務を効率化させることができます。

決済のあとは、決済処理を行いますが、その際に利用料の値引きや、決済後の返金など少し複雑な業務がある場合があります。

この様な業務に関しては、人手で行うことに不可能はありませんが、すべてを人手で行うには労力が必要になりますし、ミスの発生などのリスクが生じる可能性が大いにあります。

ですので、この決済処理業務は、会計システムを導入することをおすすめします。

KPI確認

決済業務が終われば、KPIの業務へと移ります。

特にサブスクリプションでは、顧客確保が最優先に考えられますので、このKPIを重視した業務が必要不可欠になるでしょう。

KPIとは、Key Performance Indicatorの略語であり、「成果指標」という意味を持っています。

サブスクリプションビジネスだからこそ、あらかじめ成果指標を定めてその達成度合いを定期的に確認することができるので、今の提供方法で顧客を守れているか、離脱率が上がっていないかということを確認することができるのです。

また、顧客に対してその都度、契約の更新を促したり、支払の催促のためにコンタクトを取る必要があります。

その際に、十分なコミュニケーションを取ることができるよう、日頃から顧客御動向を確認し、管理する必要があるのです。

これらを正しく真剣に取り組むことで、サブスクリプションサービスを継続的に利用してもらうことに繋がるのです。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスの業務の流れについて、お話させていただきました。

このようなビジネスを始める前には、このような業務内容、そして業務の流れを知っておくことが非常に大切です。

サブスクリプションビジネスの導入を検討されている方は、ぜひ今回ご紹介した流れを理解し、ビジネスシーンをイメージしてみてくださいね。

まずは気軽に問合せ