サブスクリプション

サブスクリプションビジネス、今すぐ売上アップに繋がる施策とは

商品を購入して利用するのではなく、商品やサービスを利用したいときに利用料金を支払って利用する「サブスクリプションサービス」が大きな注目を集めています。

従来までサブスクリプションといえば、ソフトウェアやデジタルコンテンツが主流であったのですが、今では自動車や飲食、ファッションまでもサブスクリプションの幅が広がっていますので、興味を持たれている方も多いのではないでしょうか。

ここ数年でインターネット環境が整いデジタルサブスクリプションが普及し、それと同時に顧客の価値観もモノを所有するのではなく、利用することに変わりつつあるのです。

今後あらゆる分野においてもサブスクリプションビジネスが登場してくることが予想されますので、自社もサブスクリプションへのビジネス転換を検討されている方も多いのではないでしょうか。

サブスクリプションビジネスをすでに導入されている方は、感じたことがあるかと思いますが、「なかなか思ったとおりに売上が上がらない」と悩むことはありませんか?

その悩みを解決する前にまず考えるべきことは、「あなたのネットショップ、企業で提供しているサービスは顧客に心から満足してもらえているか」ということなのです。

ネットショップビジネスを行う企業にとって、顧客満足度の向上は非常に重要な位置にあるテーマなのです。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスにおいて、今すぐ売上アップに繋がる施策とは何か、ということについて、詳しくお話していきたいと思います。

今後サブスクリプションビジネスへ転換し、ビジネスを成功させたいとお考えの方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

売上アップに繋げるには「顧客満足度」を重視する

顧客満足度とは、自社が提供している商品やサービスを顧客にどれほど満足してもらえているか、ということを数値で表した指標です。

サブスクリプションビジネスは、顧客満足度を常に向上させてこそ、売上の向上に繋がります。

ですので、提供側の視点ではなく、顧客目線でのマーケティングが重要になり、顧客優先のマーケティングこそビジネス成功を図る指標となるのです。

リピーターの育成、さらに別の商品の購入を促すためにも、日々顧客からの意見を顧客目線で分析し、改善を続けることが大切です。

サブスクリプションビジネスにおいて大きな売上を確保するものこそ顧客満足度である、と言っても過言ではないのです。

今すぐ売上アップに繋がる施策

顧客が求めるレベルを調査し把握する

顧客満足度を向上させるためには、まず顧客の期待以上の商品やサービスを提供することが基本です。

顧客の想像通り、もしくは期待以下のものである場合は決して満足してもらうことはできません。

顧客の期待を上回る商品やサービスを提供するには、そもそも自社商品、サービスがどれほど期待されているのか、ということを調査しなければならないのです。

今の段階でクオリティが高い商品やサービスを提供しているつもりでも、それが顧客の期待値と合っているとは限りません。

そして顧客が抱いている不満を聞き逃さないことも重要です。

わずかな不満によって、競合他社に顧客が奪われてしまう可能性はゼロではありませんので、ある程度の日程を決めアンケートを実施し、顧客の声を聞き、それを商品やサービスの改善に活かしていく必要があります。

これを何度も繰り返し行うことで、自社の課題が見え、そこから効率的なアプローチにより課題解決を行うことができます。

そうすると自然と顧客満足度は高まってくるでしょう。

従業員の満足度を向上させる

顧客満足度と同時に重要になる指標が、「従業員満足度」です。

従業員満足度というものは、企業で働く従業員のやりがいやストレスなどを数値化したものであり、売上を向上させるためには従業員満足度も重視しなければなりません。

従来までは顧客満足度を向上させることばかりに注力し、従業員満足度に関してはおろそかになってしまっていた企業が多かったのですが、両者は無関係ではないという考え方が出始めてからは、顧客満足度と同様に従業員満足度を重視する企業も多くなってきているのです。

また、2020年はコロナウイルス問題があり、いたる場所でコロナウイルス対策が行われていますが、これは顧客だけでなく従業員全体を守り満足度を向上させるための施策のひとつなのです。

従業員満足度は、売上はもちろんコストや作業効率にも大きく影響ますので、離職率を下げストレスのない働き方作りは、企業の経営陣は避けて通れないテーマでしょう。

SNSとショップアプリを利用する

今スマートフォンが普及し、多くの消費者は当然のようにSNSを利用していることでしょう。

このSNSこそ企業と顧客とのコミュニケーションツールのひとつになり、宣伝媒体にもなるものですので、スマートフォンで簡単に利用することができるSNSは欠かすことができません。

また、ショップアプリを利用することも、集客において有効かるようすることができるでしょう。

ショップアプリは顧客をリピーターへと成長させるための有効な手段であり、メールマガジンやスタンプカードの代用としても可能でありますので、非常に便利ですよ。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスにおいて今すぐ売上アップに繋がる施策についてお話させていただきました。

企業やネットショップが売上を増やすために重要なことはお分かりいただけましたでしょうか。

顧客目線を意識した施策が重要ですので、売上に悩みを持たれているサブスクリプション企業の方は、顧客が求めているものを正確に把握して、顧客満足度向上を目指してくださいね。

まずは気軽に問合せ