サブスクリプション

サブスクリプションビジネスにおけるメールマーケティングの成功ポイント

今、企業が作りたいものを作れば売れるという時代ではなく、顧客が欲しいサービスを提供する、という形態に変わりつつあります。

企業視点から顧客視点に変わり、新しい考え方が求められているのです。

だからこそ今「サブスクリプションビジネス」の需要が高まりつつあり、サブスクリプションを導入する企業が非常に多くなってきました。

サブスクリプションビジネスを成功させるためには、それに合ったマーケティングが非常に重要になってくるのですが、メールマーケティングに取り組んでいる企業もきっと多いことでしょう。

ですが日々メールマガジンを配信しているにもかかわらず、効果が出にくい、コンバージョンに繋がっていないという悩みをお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスにおける、メールマガジンの4つの成功のポイントについて、詳しくお話しさせていただきたいと思います。

サブスクリプションビジネスでメールマーケティングを活用したいとお考えの方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

メールに記載する要件は1つだけ

メールマーケティング第一の成功のポイントは「メールに記載する要件は1つだけ」ということです。

基本的にはユーザーは忙しく、届いた長い文章のメールを最初から最後まで読み、その通りの行動をとるということはほぼありえません。

もし1つのメール内に3つの要件を記載したところで、おそらくユーザーの記憶に残るものは最初の1つだけであり、残り2つの要件は読まれる可能性が低く、もし読まれたとしても記憶に残りにくいのです。

もしメールの内容が非常に魅力的で、1つのリンクをクリックされたとしても、そのほかのリンクを確認するためにわざわざメールに戻ってくることもほとんどありません。

もし3つの要件を伝えたいのであれば、1つの要件を記載したメールを3通送信した方が、ユーザーの記憶に残りやすいのです。

指標は配信数

メールマーケティングの場合、重視すべき指標は「到達数」「開封数」「クリック数」「CV数」、そしてそれぞれの転換率を表す「到達率」「開封率」「クリック率」「CV率」です。

もしこの到達率が低い場合は、メールアドレスが有効でないものが多くなっていることが考えられます。

そしてもし急激に到達率が低下した場合には、サーバーダウンやシステム障害、スパム認定されたことを考えなければなりません。

開封率が低い場合、魅力的な件名に変えてみましょう。

開封率と件名は大きな関わりを持っていますので、件名を工夫するだけでも開封率が大きく向上する可能性もあるのです。

そしてクリック数が低い場合は、リンクへの誘導分が分かりにくかったり、メール内の文章が惹かれるものではなかったことが考えられるでしょう。

HTMLメールを送る

メールマガジンを配信する際、テキスト形式で送る企業もありますが、「HTMK形式」のメールを配信することは非常に重要です。

テキストメール内にURLを記載した場合と、HTMLメール内に遷移ボタンを描いた場合であれば、HTMLメールの方がクリック率が4倍も高いというデータもあり、非常に有効的であると考えられているのです。

HTMLメールを配信することで、クリック率の向上に期待することができますし、開封率のデータを取得することもできるのです。

開封率はメールマーケティングにおいて非常に重要なポイントになりますので、開封率を把握することのできないメールマガジンは配信する意味がないのです。

メールマガジンは量が大切

メールマガジンを配信すると、そのたびに登録を解除するユーザーがいますので、少なからずストレスになってしまうことでしょう。

ですがメールマガジンを配信するたびに、さまざまな数値を計測することができ、それに応じて改善案を見つけることができますので、スピーディーな運用の改善を行うことができます。

これを実際に行おうと思えば、配信するメールマガジンの量が重要なのです。

メールがプッシュ通知が一般的であった時代は、量よりも質であると言われていたのですが、今ではプッシュ通知を利用している方は少なく、メールを見るユーザーの多くは溜まったメールを一度に確認することでしょう。

つまり、毎日メールマガジンが届くことが煩わしいという方が減っており、その理由で解除されることは少なくなっているのです。

もしこの状況でメールマガジンを解除されてしまうのであれば、それはただ単に内容に魅力を感じなかったり、自身には不要だと感じた場合でしょう。

こうなると、質を意識するよりも量に意識を置き、ユーザーの目に留まる確率を増やすことで、多くのデータを取得することが重要なのです。

まとめ

サブスクリプションビジネスにおける、メールマーケティングの4つの成功のポイントについてお話しさせていただきました。

メールマーケティングを行う上で、このほかにも意識すべきポイントはほかにも多くありますが、ぜひまずはこの4つのポイントを確実に押さえていきましょう。

この4つのポイントをしっかり意識したメールマーケティングを行うことで、成功の貯めの基盤が出来上がります。

今後もメールマーケティングの勢いがどんどん伸びていくことが予想されますので、ぜひこの機会にメールマーケティングの基本を学んでくださいね。

まずは気軽に問合せ