サブスクリプション

サブスクリプションビジネス起業時の4つの疑問

今、海外日本共に、あらゆる商品販売企業がサブスクリプションを導入しています。

今既に事業を行っている方も、新たなビジネス展開としてサブスクリプションビジネスへの参入を検討している方も多いことでしょう。

サブスクリプションビジネスを導入することは、サービスを提供する企業、そしてユーザー両方に同等のメリットがありますので、今の時代に合った新たなビジネスモデルとも言えるでしょう。

企業がサブスクリプションビジネスを導入することで、融資が受けやすい、上場可能、そして何よりも、ストレスフリーで資金繰りを行うことができるので、企業としてもビジネスを行いやすい業界であると言えるでしょう。

ですがビジネス起業経験者であっても、サブスクリプションビジネスはまったく異なる点も存在しますので、疑問が多く残ってしまうこともありますよね。

頭の中で成功を抱いて、サブスクリプションビジネスに参入するからこそ、その疑問を無くし、豊富な知識のもと運用を行っていきたいと思うことでしょう。

そこで今回は、サブスクリプションビジネス企業時の疑問についてお話ししていきたいと思います。

起業者に多くある4つの疑問を一つずつご紹介し、その解決法もあわせてご紹介していきますので、これからサブスクリプションビジネスに参入しようと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

疑問1:サブスクリプションできる商品は何か?

まず第一に、サブスクリプションできる商品は何か、という疑問です。

結論から申し上げると、サブスクリプション出来ない商品はありません。

ですが向いている商材、向いていない商材があります。

ですので、商材を考案するときは、ユーザーは何に対してお金を払ってくれるのか、そして何を望んでいて、何に悩みを持っているのか、ということを徹底的にリサーチすることが重要です。

そしてその分析結果に、自社がどう応えたいのか、ということを判断し、その結果ユーザーを満足させることができるサービスを、サブスクリプションとして提供することが望ましいでしょう。

疑問2:成功するサブスクリプションと失敗するサブスクリプションの違いは?

起業する際は誰しも「成功」を理想として思い浮かべるため、失敗するサブスクリプションについて知りたいと思うことでしょう。

成功するサブスクリプションは、必ずユーザーと向き合っています。

向き合っているからこそ、「便利」「お得」「悩みが解消される」という3つの要素を必ず満たしているのです。

失敗してしまうサブスクリプションは、この要素が1つでも抜けてしまっている可能性があります。

ただ単に、VIPユーザーに対する割引サービスを提案するだけではいけません。

新規ユーザーにいかに良い体験をしてもらうことができるか、ということをしっかり考案し、顧客単価を引き上げていくことも非常に重要なポイントです。

疑問3:他ビジネスとサブスクリプションのユーザーとの関係性の違いは?

ユーザーと長い付き合いをしなければいけないサブスクリプションビジネスは、従来の販売方法とはもちろんユーザーとの関係性も違ってきます。

売り切り型のビジネスであれば、一度購入を終えうと関係は途絶えてしまい、また集客活動を行わなければならないことに比べ、サブスクリプションはユーザーと毎月何らかの接触があります。

従来のビジネスモデルとは違い、明らかに多くのユーザーとの関わりが増えます。

販売して終了ではなく、定期的なフィードバックが必要となりますし、そのユーザーの声に応えれば顧客満足度が上がりますよね。

そういった意味で、サブスクリプションはユーザーと一緒にサービスを作る、という認識をすることをおすすめします。

そして、継続的に料金を支払ってくれるユーザーは「VIPユーザー」ですので、そういったVIPユーザーには明確に特別な体験を提供することも、成功する秘密と言えるでしょう。

疑問4:今後のサブスクリプションビジネスはどうなる?

サブスクリプションビジネスを展開していくからこそ、今後の動向が気になりますよね。

今、サブスクリプションは私たちに非常に密接しているものであります。

「定期購入」という形は昔から存在する上、ソフトウェアに関してもSaaSで提供されることが大半になってきました。

デジタルサービス、非デジタル商品であっても、今ではサブスクリプションが主流になってきています。

ユーザーは物を購入して終わりという時代ではなく、モノを利用する「価値」と、そのモノが提供する体験を強く意識する時代になって来ているのです。

ですので、そのニーズに応えるべく、企業は求められるサービスを継続的に提供する必要があるのです。

今後、あらゆる業界がサブスクリプションビジネスに参入することで、ユーザーもより利便性を感じることができるので、普及は加速していくと言えるでしょう。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネス起業時の4つの疑問についてお話しさせていただきました。

ビジネス起業時にはさまざまな疑問が湧いてくるかと思いますが、特にサブスクリプションは新たなビジネスとして注目を集めているので、手探り状態で始めてしまう方もいらっしゃるでしょう。

まずは良くある疑問を一つずつ解消し、サブスクリプションへの知識を深めてくださいね。

まずは気軽に問合せ