単品リピート通販

単品リピート通販で今注目を集めているサブスクリプションとは一体どのようなビジネスなのか?

この記事では、今非常に注目を集めている「サブスクリプション」とは一体どのようなビジネスなのかについてご紹介しています。

近年は、ネットの発達によりインターネット上で様々なサービスを受けることが出来たり、商品を購入することが出来ます。

そのネット上で受けることが出来る様々なサービスに、付加価値をいかに付けるかが「サブスクリプション」においては重要になってきます。

そこで今回は、

そもそも「サブスクリプション」とはどのようなビジネスなのか
「サブスクリプション」は今後どのように求められていくのか

を中心にご紹介していきたいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

「サブスクリプション」とはどのようなビジネス?

まず、基本的な事として覚えて頂きたいのが「サブスクリプションとはどのようなビジネスなのか」という点についてです。

そもそも、「サブスクリプション」そのものの意味は「定期購読・定期購入」と言った意味があります。

「定期購入・定期購読」は、購入者や消費者が一定金額を支払うことで商品を定期的にお届け出来るサービスです。

この「定期購入・定期購読」と言われると、通販商品や雑誌などを想像すると思います。

しかし、この「定期購入・定期購読」が商品だけではなく、サービスとしても利用出来るビジネスが「サブスクリプション」と呼ばれるビジネスになります。

例えば、

一定金額を支払うことによって音楽が聴き放題になる
一定金額を支払うことによって好きな映画を何回でも期間内で視聴することが出来る

と言った、本来音楽を聴くために必要なCDや映画を観るために必要なDVDなどをわざわざ購入しなくても、一定金額を支払えば観たり聴いたりすること出来るサービスが、「サブスクリプション」だと思って頂ければ良いと思います。

すると、ユーザーにとっては本来CDやDVDを購入すると部屋に溜まっていったり場所を取る事だって出てくると思います。

そういった普段の生活への小さな圧迫やストレスを無くしてくれるため、「サブスクリプション」の需要は今後もどんどん発展していくと予想されています。

「サブスクリプション」で今後求められるものとは

次に、「サブスクリプション」で今後求められるものについてご紹介したいと思います。

上記でも説明している通り、「サブスクリプション」は一定金額を支払うことで様々なサービスを受けることが出来るビジネスになります。

しかし、先進国で「モノ」が豊かな日本人は非常に目が肥えています。

そんな日本人を満足させるために、「サブスクリプション」として今後求められていくものが、

既に提案・既存として完成しているサービスに対する付加価値
商品として完成している段階の一歩先にある更なるサービス

の2つが主に今後の「サブスクリプション」として求められていくものではないかと思います。

例えば、現代の日本には様々な商品やサービスが溢れており、正直飽和状態な印象を受けている方も多いと思います。

そこで、新たな商品を企画・開発するのではなく、既存の商品やサービスに更なる付加価値を与えることによって、顧客や消費者の満足度を上げる役割も担うのが「サブスクリプション」の今後だと思います。

既に既存の商品を活かすことが出来れば、事業者側としてはコストを大幅に減らすことが出来ます。

一方で消費者にとっては、既に認知度のある商品やサービスが更に充実すれば、もっと需要が伸びる可能性は十分にあります。

このように事業者側と消費者側それぞれにメリットがあるのも、「サブスクリプション」の特徴です。

だからこそ、日本では「サブスクリプション」が話題になっているとも言えると思います。

ですので、今後の「サブスクリプション」は既存の商品やサービスに対していかなる付加価値を追及することが出来るかが求められると思います。

まとめ

今回は、今注目を集めている「サブスクリプション」がどのようなビジネスで、今後どのようなことを求められるかについて事業者側視点でご紹介してきました。

様々な商品やサービスが溢れかえっている日本だからこそ、消費者は目が肥えており何ら魅力的ではない商品やサービスはすぐに廃れてしまいます。

これでは、事業者側としては非常に悩みの種になるはずです。

そこに「サブスクリプション」を導入することで、既存の商品に更なる付加価値を与えることによって、より消費者の要望やニーズに応えることが出来れば、必ずその商品やサービスの需要は伸びます。

その付加価値の付いた商品やサービスを一定料金でお得に利用出来るとなれば、消費者が注目するのは間違いありません。

すると、既存の商品でも新たな利益を上げることだって可能ですし、既存の商品なので開発費用なども必要ありません。

このように、「サブスクリプション」は事業者側と消費者側それぞれが「win-win」の関係になれるビジネスなので、今後も飛躍的に伸びると思います。

まずは気軽に問合せ