サブスクリプション

サブスクリプションビジネスの役に立つ「O2O」とは

ビジネスを行っている上での大きな悩みとなるものは「毎月不安定な売上」である方が多いのではないでしょうか。

そうなると、毎月安定した複数のストック収入、そして将来の売上の予想が容易にできるとなると、かなり経営が安定しますよね。

そのような理想のビジネスモデルこそ、今注目を集めているサブスクリプションビジネスなのです。

サブスクリプションビジネスとは、従来までの売り切り型のビジネスモデルとは異なり、商品やサービスを利用した期間、そして利用量に対して対価を支払う継続課金型のビジネスモデルです。

サブスクリプションビジネス拡大当初は、オンラインでの提供が主となっていたのですが、今多くの業界がサブスクリプションビジネスの展開を始めており、店舗を運営する企業であってもサブスクリプションビジネスを開始しています。

店舗でサブスクリプションビジネスを行う場合であっても、店舗集客を行うことが重要で、その店舗集客は「O2O」に大きな影響を与えることをご存知でしょうか。

O2Oはサブスクリプションビジネスの役に立つともいわれており、これを活かすことでより効率的な集客を行うことができるのです。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスの役に立つ「O2O」について、詳しくお話させていただきたいと思います。

サブスクリプションビジネスにおける集客知識を付けたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

「O2O」とは

O2Oとは、Online to Offlineの頭文字を取った略称であり、オンラインからオフラインへ顧客を誘導することを言います。

店舗を所有するサブスクリプションビジネスを行う場合は、ぜひ覚えておきたい知識ですね。

今の時代、インターネット上で宣伝活動を行うことが一般的になっており、SNSでクーポンを発行したり、スマホを介した集客を行うことは基本になっています。

店舗に行く前、事前にスマホから商品を注文したり、来店にてポイントが貯まるシステムなども多く普及しており、これらの取り組みはO2Oに当たります。

O2Oは比較的低コストで行うことができ、さらに多くの顧客に届く可能性があるということが特徴です。

さらに、リアルタイムでの情報を反映しやすい、ということも大きなメリットの一つですね。

店舗としては即効性が出やすいマーケティングであるうえ、顧客としても手軽に利用することができるものなのです。

「O2O」のメリット

マーケティングにO2Oを取り入れる場合、強みとなるメリットをしっかり理解しておかなければなりません。

O2Oを取り入れるまず最初のメリットとしては、「新規顧客を獲得しやすい」ということでしょう。

O2Oは従来まででは訴求できなかった顧客に対し、店舗や商品の情報を知ってもらうことができるのです。

O2Oならではの特典というものは、ネットユーザーにとってとても魅力的です。

新規顧客がリピーターへになれば、売上の向上にも期待することができますので、店舗にとってはかなりの強みになりますね。

さらに、「効果検証がしやすい」ということもメリットでしょう。

マーケティング業界においては、効果検証は避けて通ることができません。

施策を行った後は、その施策がどれだけ反響があったのか、顧客からどのように評価されたのか、ということを調べなければ、次の施策に繋げることができないからです。

O2Oではネットやアプリを介してデータ分析を行うことができますので、すぐに施策にお反響を把握することができますので、早急に課題解決のアプローチを行うことができ、効果的な集客に繋げることができます。

そして、「コストを削減することができる」ということも大きなメリットでしょう。

O2Oはスマホのみで完結しますので、従来までの紙媒体でかかっていた費用が発生することはないので、費用対効果では非常に良い影響を与えるでしょう。

もちろん、O2Oの場合はアプリ開発に関するコストと時間をかける必要がありますし、その初期コストは莫大になることもあります。

そしてそれを回収することができるか、ということを見極めることも重要ですので、利益シュミレーションをしっかり行いましょう。

「O2O」の課題

O2Oを取り入れる上での大きな課題として挙げられるのが、「ショールーミング」です。

ショールーミングとは、実際店舗で見た商品をネットで購入するという行為のことであり、今の時代はあまり珍しくなくなってきました。

O2Oでは、オンライン顧客をオフラインへと誘導することができるものの、購入に至るまでにオンライン上で他社との比較をされてしまう場合がありますので、これが最大の課題となるでしょう。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスの役に立つ「O2O」についてご説明させていただきました。

今、サブスクリプションビジネスを導入する企業は、そのタイミングでO2Oを導入する企業が多くなっています。

サブスクリプションビジネスとO2Oの相性は非常に良いと考えられているため、もし店舗を運営するサブスクリプションビジネスを行う場合は、ぜひこれらのメリットを実感するために、O2Oもあわせて取り入れてみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ