サブスクリプション

サブスクリプションビジネスに導入すべき「プッシュ配信」とは

今、日本の多くの企業がサブスクリプションの導入を始めており、従来までの売り切り型モデルからサブスクリプションへビジネス展開を行っています。

サブスクリプションとは、定期購読や予約購読を意味する意味する言葉であり、特定の商品やサービスに対し、消費者が定期的に料金を支払うことで、商品やサービスを継続して利用することが出来るビジネスモデルです。

「シェアリングエコノミー」という言葉が流行しているように、モノを所有する時代から、モノを利用する時代へ消費者意識が以降しているからこそ、現代人に受け入れられやすいビジネスモデルなのでしょう。

サブスクリプションビジネスを行うにあたって、さまざまなマーケティング施策を図るかと思いますが、さまざまな施策の中でも「プッシュ配信」というものが、サブスクリプションビジネスと相性が良いことをご存知でしょうか。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスに導入すべき「プッシュ配信」とはなにか、ということについてお話していきたいと思います。

効率よくサブスクリプションビジネスを進めていきたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

プッシュ配信とは

まずはプッシュ配信とは何か、ご説明させていただきます。

プッシュ配信とは、スマートフォンの画面で視認することができるよう、通知がついている情報配信のことを言います。

DMやメールの場合では、なかなかユーザーに開封されにくいことがあったのですが、プッシュ配信は、プッシュ通知はユーザーがワンタップでアプリを起動することができますので、DMやメールと比較するとユーザーからの開封率と視聴率が非常に高いことが特徴です。

プロモーションや割引クーポンをなどを配信することができますので、今多くの商品やサービスのプロモーションに、プッシュ配信を用いたマーケティング施策が行われています。

販売促進がなかなか上手くいかないと悩む企業にとって、非常に有効なのです。

プッシュ配信で得られる効果

プッシュ配信を活用することで、まず顧客の誘導を行うことができるでしょう。

視聴率や開封率を活かすことができますので、タイミング良く情報を配信することで、Webサイトへの誘導に繋がります。

たとえば、新商品販売に合わせたプロモーションであれば、販売開始時間に合わせて配信することができますし、お得なキャンペーンやクーポンであれば、開始日や締め切り間近に配信することができますので、ユーザーの購買意欲を促進することができ、集客に繋げることができるのです。

またプッシュ配信はクロスメディア戦略にも活用することができるでしょう。

たとえばDMの開封率を改善するために、DMの郵送が完了するタイミング、もしくはユーザーが快適にサービスを利用するためのサポートメールマガジンの開封率が低下している際にも、プッシュ配信を行うことで、ユーザーからのレスポンスの獲得に繋がります。

このように、プッシュ配信は単独でも効果が高いと考えられるのですが、他のメディアと合わせた戦略も有効なのです。

さらに顧客ロイヤリティを高める施策としても、活用することができます。

ロイヤリティの高い優良顧客を増やすためには、いかにユーザーとの接触を増やすことができるか、ということが重要なのですが、プッシュ配信は短期間で何度もアプローチすることができることが特徴ですね。

プッシュ配信の開封率を活かすことで、多くの販促活動に活用することができるのです。

ですが、ユーザーによっては頻繁に届くプッシュ配信を不快に思う場合もありますので、配信の頻度に工夫をすることも大切です。

プッシュ配信の種類

プッシュ配信には、「リモートプッシュ配信」と「ローカルプッシュ配信」の二種類があります。

リモートプッシュ配信は、アプリを配信しているプラットフォームを経由して、スマートフォンに配信されるメッセージ通知やチャット通位のことを言います。

そしてローカルプッシュ配信は、アプリにスケジュールされたアラームや、タスクの管理ツールなどのリマインド用の通知サービスです。

一般的に認識されているプッシュ配信は、「リモートプッシュ配信」の方が多いので、そちらの仕組みを理解しておくことをおすすめします。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスに導入すべき「プッシュ配信」についてお話させていただきました。

今、どのビジネスにおいても、メールマガジンとDMの開封率の低下が課題となっているのですが、スマートフォンの普及により、マーケティングにはこのプッシュ配信こそ、救世主になっているのです。

サブスクリプションビジネスとしても、ユーザーと効率的に繋がることができるツールになりますので、まだプッシュ配信を導入していない場合はぜひこの機会に、プッシュ配信の導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ