サブスクリプション

サブスクリプションビジネスを業務システム化するメリットとデメリット

商品やサービスを購入して所有し利用するのではなく、利用したい時、もしくは利用した量だけに対する料金を支払って、同じ商品やサービスを利用するサブスクリプションビジネスが注目を集めています。

サブスクリプションビジネスが拡大しだした当初は、デジタルコンテンツが中心であったのですが、今は自動車業界やアパレル業界でもサブスクリプションビジネスの幅が広がっており、今ではサブスクリプション化をすることができない業種は無いとも言われているのです。

徐々にビジネスノウハウが多くなっているサブスクリプションビジネスだからこそ、導入する企業が年々多くなってきていますよね。

もう既にサブスクリプションビジネスを展開されている方の場合、日々の業務をこなしていると、もっと効率よくスムーズにできないものか、と考える方も多いのではないでしょうか。

サブスクリプションビジネスとして、今後もさらにビジネスを拡大させていきたい場合は特に、いかに効率良く業務をこなし、多大な業務に対応するか、ということが非常に重要なポイントになりますので、業務自体のシステム化を検討される方も多いでしょう。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスを業務システム化するメリットとデメリットについてお話させていただきたいと思います。

業務のシステム化に関して興味を持たれている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

業務システム化とは

業務システム化とは、基本的にITを活用して経費の精算や人事の管理プロジェクトやタスクの管理のシステム化のことを言います。

ITを活用化したシステム化はもちろんなのですが、企業のルールを決めそれに基づいて業務の流れや決済方法などを決定し、誰が行っても同じ結果になるようにし、業務効率化を狙うことができます。

業務システム化を行う際、まずは目的を明確して企業内スタッフの意思を統一することが重要ですので、まずは企業内の課題を把握し、なぜ業務システム化が必要なのか、業務システム化によってどのような課題を解決したいのかということを共有し、意思統一を行いましょう。

業務システム化のメリット

業務システム化を行うことでさまざまなメリットを得ることができます。

まず一つ目のメリットは、柔軟にデータ管理を行うことができることでしょう。

複数の部署や業務によってデータ管理を行っている場合、それぞれのデータが独立してしまっている場合があります。

もしそのデータを更新する場合、時間差が生じてしまう場合があったり、リアルタイムでデータが更新されないという状況になる場合があります。

もしデータが統一されてなければ、別のデータを基に判断してしまう可能性がありますので、トラブル発生の元にもなってしまうでしょう。

ですが、業務システム化することで、基幹部分にデータを入力することで、それぞれにリアルタイムでデータが共有されますので一元管理を行うことができ、より柔軟なデータ管理を実現することができます。

二つ目のメリットは、コスト削減です。

今まで多くの時間と労力を必要としていた業務も効率化することができますので、まず人件費の削減になりますよね。

まやシステム化することで無駄な業務が減り、業務の効率が高まり、他の業務に集中することができますし、ペーパーレスによる消耗品コストの削減にも期待できます。

さらに、もし保管用に倉庫などをレンタルしている場合には、そのコストも削減することができるでしょう。

三つ目のメリットは、業務効率化を実現することができることでしょう。

従来までは会議やミーティングを必要としていた場合でも、リモートで情報共有をすることができますので、時間や場所を問わずに仕事をすることができる環境を整えることができることも非常に大きなメリットでしょう。

業務システム化のデメリット

業務システム化は上記の通り非常にメリットが多いのですが、もちろん実現するとなるとデメリットも生じてしまいます。

まず一つ目のデメリットは、専門知識を持つ管理者が必要になることです。

商務効率が向上するシステム化ですが、そのシステムを管理し、運用しなければなりませんので、そのための十分な専門知識を持っている管理者が必要になります。

もちろん、そのような人材が居ればデメリットにはならないのですが、もし居ない場合はまずは社員教育から始めなければなりません。

だからこそ、業務システム化を導入する際、つい導入だけに注力してしまうことが多く、その後の管理や運用に多くの時間を費やしてしまう、という場合も少なくはないのです。

そうなると、導入することでより効率が悪くなってしまう場合がありますので、導入する前にしっかりとした準備が必要です。

二つ目のデメリットは、電子管理を行うことで、予期せぬトラブルによりシステムがダウンしてしまう可能性もあるでしょう。

システムダウンしたときのリスクや対処法をしっかり把握し、企業内で共有することが重要です。

そして三つ目のデメリットとしては、ハッキングや人為的ミスなどの不正アクセスによる情報漏洩の可能性があることが挙げられます。

不正アクセスのリスクを避けるためには、そのシステムの仕組みをしっかり理解し、対策を行うことが重要です。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスを業務システム化するメリットとデメリットについてお話させていただきました。

業務システム化はメリットが非常に多いものの、もちろんデメリットがあることも忘れてはいけません。

まずはメリットをしっかり把握し、自社への導入が向いているのかを検討し、導入するとなるとしっかりデータ管理と運用を行い、できるだけリスクを減らしていきましょう。
業務システム化を検
討されている方は、ぜひこの機会に、自社サブスクリプションビジネスを見直してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ