サブスクリプション

サブスクリプションビジネスでTwitterを活用し集客を成功させる方法

近年の消費者行動の特徴といえば、モノを購入して所有するのではなく、体験にお金を支払い、コトを購入することが多くなってきました。

このような時代の流れに沿って、今注目を集めているビジネスモデルが、サブスクリプションですよね。

サブスクリプションとは、「定期購読」という意味を持ち、消費者が商品やサービス毎に料金を支払うのではなく、それを一定期間利用することができる「権利」に対して料金を支払うビジネスモデルです。

消費者の志向の変化があり、サブスクリプションの需要がどんどん増しているのです。

サブスクリプションビジネスにおいて、欠かせないことは「集客活動」ですよね。

新規顧客を確実に集客し、それぞれの顧客に満足してもらい、より長くサブスクリプションサービスを利用してもらわなければ、サブスクリプションビジネスとしては成り立つことがありません。

さまざまな集客方法がある中で、特に注目していただきたい集客方法が「SNS」です。

SNSは今や現代の若者のコミュニケーションツールには欠かせないものであり、企業の集客ツールとしても活用していることが多いでしょう。

数あるSNSの中でも特に「Twitter」を活用している企業も多いですよね。

Twitterを有効活用すれば、かなり強力な集客ツールになることをご存知でしょうか。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスでTwitterを活用し、集客を成功させる方法をお教えしたいと思います。

今サブスクリプションビジネスにおいての集客に課題を感じられている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

方法1:#(ハッシュタグ)を使う

まず一つ目の方法が「#(ハッシュタグ)」を使うことです。

ハッシュタグはもう今ではSNSの定番となっており、投稿に関連した言葉の前に「#」をつけることで、そのハッシュタグがクリックされれば、同じハッシュタグが付けられた投稿をまとめて検索することができるのです。

Twitterの投稿は黒字なのですが、ハッシュタグのみ水色で表示されています。

たとえば、カフェに関連した商品を販売している場合、投稿に「#カフェ」というハッシュタグを入れるとしましょう。

そうすることで、他のユーザーの投稿内に付けられた「#カフェ」のハッシュタグがクリックされた際に、自社アカウントのカフェの投稿にも検索に引っかかるのです。

方法2:新商品やキャンペーンの情報に特化する

二つ目の方法が、新商品やキャンペーン情報に特化してTwitterを運用することです。

ユーザーはお得な情報に敏感な方が多いので、Twitterにて新商品やキャンペーンの案内を行うことで、休眠顧客にもう一度自社を思い出してもらうことができます。

クーポンを積極的に配信することができるのであれば、クーポン目的でSNSアカウントをフォローするユーザーも多いので、フォロワー数を増やしたいのであれば、クーポンの配信もおすすめです。

さらにTwitterのリツイート機能にて、ユーザーにリツイートしてもらうことで、さらに認知度の向上を狙うことができるでしょう。

方法3:投稿時間を決め、集中的に行う

SNSの投稿時間を決めて、その時間に集中的に投稿を行うことも効果的な方法です。

特にTwitterは、子供から大人まで幅広い世代に利用されていますが、それぞれが学校や仕事のために常に多くの人がTwitterを見ているとは限りません。

Twitterの閲覧数が多い時間帯としては、通勤通学時間の午前7~8時、休憩時間のお昼、帰宅時間の午後5~7時であることが照明されています。

より多くのユーザーの目に止まるためには、この時間帯の少し前に投稿をすることで、情報をより効率よく発信することができるでしょう。

ですが更新頻度にも注意しなければなりません。

更新頻度が少なすぎるとユーザーに認知してもらえないのですが、あまりに更新頻度が多くなるとその投稿をうっとうしいと思うユーザーも多く、結果的にフォローを外されてしまう場合がありますので、更新頻度をよく考えましょう。

大体の目安としては、1日多くても10回以内とし、ユーザーが求める情報を程よい投稿数で発信しましょう。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスでTwitterを活用し集客を成功させる方法をご紹介させていただきました。

Twitterを用いた集客は、アパレル業界や飲食業界、美容業界、観光業界までも導入しており、ポイントを抑えればかなり効率よくマーケティングを行うことができますし、集客効果にも期待することができるでしょう。

まだTwitterをビジネスに活用していないという方、もうすでにTwitterを利用されているサブスクリプション企業も多いかと思いますが、この3つの方法を参考に、ぜひ一度活用方法を見直してみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ