単品リピート通販

単品リピート通販におけるサブスクリプションビジネスでの理解しておくべきリスクとは

サブスクリプションビジネスは、おそらく今多くの企業が注目しているビジネスモデルでしょう。

サブスクリプションビジネスを行うことで、企業は継続的な収益を得ることができますので、ビジネス計画を立てやすいという特徴があります。

企業としては、このような特徴を持つビジネスは、ぜひ注目しておきたいところですよね。

今流行しているビジネスモデルでありますし、年々消費者からのサブスクリプションの需要が高まって来ていますので、売り切り型ビジネスよりもはるかに利益を得やすいと考える方も多いかと思います。

サブスクリプションビジネスを行って、成功している企業を見ると、ビジネス転換さえ上手くいけば良いと思えてしまいがちですが、サブスクリプションビジネスは良いことばかりではありません。

まだまだ日本には浸透していない新規ビジネスであるからこそ、そこには「リスク」が生じてしまうのです。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスでの理解しておくべき「リスク」についてお話しさせていただきます。

今後サブスクリプションビジネスの導入を検討されている方は、ぜひまずはこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サービス開始後しばらくは売り上げに期待できない

まず第一のリスクとしては、サブスクリプションサービス提供開始後すぐには売り上げに期待をすることができない、ということです。

もともとあった売り切り型ビジネスであれば、販売するたびに売り上げが上がりますので、商品が売れれば商品製作から仕入れなどに掛かる原価を、短期回収することができますよね。

ですが、サブスクリプションビジネスの場合、顧客の「長期利用」が大前提とされていますので、サブスクリプションサービス提供開始後は売り上げを大きく下回る場合がほとんどです。

ですので、初期投資費用を短期回収することがむずかしく、しばらくの間は売り上げが低迷してしまい、赤字が続いてしまうのです。

もちろん、長期的な目で見ると、利用者が増加するにつれて売り切り型ビジネスとは比べものにならないほど売り上げが伸びるのですが、投資回収が長期化するリスクがあることを理解しておきましょう。

リスク克服のための事業計画

初期投資回収が、より長引いてしまわないためにも、そのリスク克服のための事業計画を立案しなければなりません。

赤字分を資本金や現金などで賄うのか、それともその分の費用を抑えた事業計画を立案するのか、ということを考案していきましょう。

どのような方法を取れば良いのか、それには初期費用をランニングコストに転換する方法があります。

形のあるモノを提供する場合であれば、リースやレンタルといった方法を用いることも良いですし、業務管理に関してはクラウドサービスを利用することも良いでしょう。

自社でサーバーやソフトウェアといった情報システムを管理し、運用する場合であれば、それにかかる外注費用やハードの調達費用などに莫大なコストがかかってしまいますし、もし収益が伸び悩むようであれば、それを撤収しなければなりませんので、損失が大きくなってしまいます。

ですが、クラウドサービスを利用することで、もし万が一途中解約するとなってもそこまでの費用がかかりませんので、最小限に抑えることができるでしょう。

また、より収益を拡大させるためには戦略として、提供サービス内容や、提供先のターゲット設定、そして価格設定などを明確にしていかなければなりません。

サブスクリプションビジネスへの参入は、企業にとって既存事業に大きな影響を与えると言えるでしょう。

改善サイクルを意識したプロセスの考案

サブスクリプションビジネスの導入は、既存のビジネスが大きく変わりますので、収益構造が大きく変わることから、企業全体に大きな影響を与えます。

そして顧客との長期的な関係が収益を拡大するためには必要不可欠ですので、顧客と接する部分を意識したサービスの改善が必要とされるでしょう。

そのサービス改善には、企業内のマーケティングとセールスだけでなく、カスタマーサクセス、エンジニアなども共に取り組むことが必要とされます。

ですので、このような取り組みを実現するためにも、明確な業務プロセスを考案していくことが重要なのです。

ビジネスモデルを策定し、そして提供サービスの設定、業務プロセスと分析プロセスを設計していきます。

これらを明確に確率しておくことで、その後大きな失敗になりにくいと考えられます。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスでの理解しておくべき「リスク」についてお話しさせていただきました。

サブスクリプションビジネスは、今回お話ししたようにリスクを伴いますが、そのリスクを回避するための戦略をしっかり立てておくことで、十分に対処することができるのです。

サブスクリプションビジネスを軌道に乗せることができれば、企業にとって大きな利益を得ることができますので、チャンスがある企業はぜひ挑戦してみてください。

まずは気軽に問合せ